←トップへ戻る

修繕積立金の微修正は(1900円→1800円)について

管理規約

管理組合の会計

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

総会で修繕積立金を戸当たり平均月額1900円値上げすることを提案したところ、一部の出席者から強い反対意見がありましたが、最終的には1900円値上げで可決されました。

新しい理事会で値上げ幅を下げてはどうかとの意見が出たため、理事会で値上げ内容を精査したところ、総会提案に誤認があり値上げ幅を1800円に圧縮することが可能と判明しました。

修繕積立金の微修正は(1900円→1800円)については、管理会社から臨時総会を開催した方が良いのではとのアドバイスはありましたが、理事会の総意として修繕積立金の微修正は臨時総会無しで実施しました。

ところが、一部住民(旧理事会役員)から総会決議通りの1900円値上げにするか、1800円に変更する場合は臨時総会の開催を文書で要求されました。

理事会としては理事会の裁量権の範囲と判断し、住民の文書を無視することに決めましたが、問題はないでしょうか?

みんなの回答

白熊さん、

回答者全員が減額には総会決議が必要と回答していますが、それでも理事会決議で正しいと思ってるのですか?  もう間違った判断だと考え直したのでしょ!

だから理事弁護士の主張だけを根拠にしてますよね!

事後承認で良いのは誰もが気づかずに行っていた悪意無き事を、後で気が付いたので修正する場合くらいです。 今やろうとしているのは「確信犯の行為」ですよ。  
問題は「修繕積立金の微修正」では無くて「変更」ですからね!

総会決議が必要です。

その弁護士は使い物になりません。

これは法律問題なので弁護士ドットコムに同じ質問をして下さい。
https://www.bengo4.com/

PS. 修繕積立金は十分蓄積している組合はありません。 自販機でジュース1本も買えないたったの100円ですから組合員には実質的に損得はありません。 100円で法律違反をするのですか?
正当な主張をしている組合員をクレーマー呼ばわりしてまでやりたいのですか?

私はこの100円に意味を見いだせません。 

ヨコオさん、ありがとうございます。

確かに、ここの回答者全員が総会決議が必要と言われていますので、世間一般はそうかもしれませんが、私どもの理事会では理事弁護士さんの主張に反論出来る理事は誰もいません。

理事弁護士さんの言い分は、区分所有法や管理規約の何処にも、総会決議の微修正を禁止する条項が無く、過去にも総会決議の微修正を理事会決議で普通にやっていた実績が複数のマンションであるというのが根拠です。

実際に他の理事からの、区分所有法第37条(役員の誠実義務等)違反ではとの質問には、誠実にその職務を遂行するために、理事会で微修正するもので、誠実義務違反には違反していないとの言い分です。

実際に昨年も、期の途中に管理会社との委託契約の微修正を理事会決議で変更し(重要事項説明会は開催)、次の総会で報告することで問題にはされませんでした。

ですので、文書でクレームを出したクレマーに対しては、相手が法的根拠を示さない限り無視することになりましたが、私としては相手の心証を害すると思いますので、丁寧な回答の方が良いとは思っています。

理事弁護士さんの言い分は「ヘリクツ」です。
管理組合はボランティア的なので確かに緩く運営されています。

そこで他の弁護士がどう判断するかの確認のために弁護士ドットコムを紹介しました。
なぜ、そこにも質問しないでクレーマー呼ばわりを続けるのですか?
そのように収拾したいけど間違っているとの思いがここでの確認行動になってるのですよね!

白熊さん
総会での議案書に、誰が見ても解釈の間違いが無い程度の単純な誤記あるいは計算ミスがあり、かつ賛成、反対いずれの組合員にとっても不都合が無いのであれば、次の総会で追認してもらうことを前提として理事会で修正することもあり得るかもしれません。個人的にはお金のからむ今回の事案ではこのような対応も不適切だと思いますが、組合によってはありかもしれないという程度の話です。また、現にクレームが来ている以上はこの理屈も成り立ちません。

ルール云々ではなく、実質的にどの様な問題があるかという面で考えてみます。
総会の会場で値上げについて強い反対意見があったことが、理事会での今回の判断に至った一つの理由だと想像しています。一方で将来の安心のために値上げを積極的に受け入れた方もいらっしゃるはずで、今回の理事会の判断はそういった方の意見をくみ取っていないことになります。
 この問題を速やかに収束させるには臨時総会で追認を求めるか、理事会での決定を撤回するかのいずれかだと思います。どちらの対応をとってももともとの議案に賛成された方、反対された方のどちらかには不満を残すことになるかと思いますが、こういった問題は早めに決着をつけた方がよいと思います。
 ほとんどの住民が賛成しているというのであれば、速やかに追認の臨時総会を開くのが正解かもしれません。
なお、裁判費用の問題があるから裁判にならないというのは、
(1)正義感に基づいて裁判を起こすケースがある。
(2)訴訟費用をカバーする保険がある。
ことから必ずしも無いとは言えないと思います。
また、管理組合を相手に訴訟を起こすというやり方もあるでしょうが、理事の誠実義務違反に基づいて理事個人を被告とした裁判も考えられないでしょうか。

私は、「裁判にならないから大丈夫」とか、「裁判で負けないから大丈夫」とかよりも、同じマンションの組合員に対して胸を張って説明できるかどうかが大事だと思います。組合員の多くは同じマンションに住まわれていると思います。間違えたと思ったら早めに正しい状態に戻されたらどうでしょうか。
白熊さんはこういったところに質問しているのですから、現在の理事会の判断に不安を感じていらっしゃるのではないでしょうか。かりに判断を誤ったとしても、今後同じようなことが無いようにするための教訓になったと思って前向きな対処をするというのも一つの考え方だと思います。

さるとびさん、ありがとうございます。

他の方とのやり取りを読ませていただきましたが、長期修繕計画自体が間違えていたとのことですね。
そうしたら、長期修繕計画の修正を行うことが必要で、それに基づいて修繕積立金の額も修正するということになるのではないでしょうか。
両方の事案とも、総会決議が必要と規約に定められておる事案です。
弁護士さんだから正しいとは限らないと思います。
この場合には一部住民のご指摘のほうが正しいと思われます。
規約にしっかりと総会決議が必要な事案とされているのですから、「裁量」で変えられるものではないでしょう。
微修正とはいえ、総会で決議されたことを変更することに変わりはありません。
長期修繕計画を次回まで変更しないのでしたら、それまでは総会で承認を得た額を守るべきです。
と私は考えます。

長期修繕計画は竣工当初のもので、今回の修繕積立金の値上げの根拠にはしておりません。
今回の値上げは、販売時に記載された管理会社の修繕積立金値上げの予定に沿って提案されたもので、長期修繕計画との整合性は関係ありません。

ですので、理事会としては長期修繕計画全体の見直しの必要は無いとの結論となり、機械式駐車場のコストダウン分だけ、修繕積立金の値上げ幅を圧縮したので、これは理事会の裁量範囲とのことです。

弁護士の理事が言うには、区分所有法等で、些細なものについては理事会の裁量範囲は広く認められており、一部クレマー住民が提訴してきても、管理組合としてマンション管理に詳しい弁護士を代理人として応訴すれば、勝てる闘いだと言っています。

そして万一敗訴しても、理事会としては当初の1900円の値上げに戻し、全ての裁判費用を組合予算から支出するだけですので、理事会の役員は何の心配もいらないとのことです。

それと一部住民が自身に何のメリットも無い(裁判費用は自己負担)のに、提訴してくる可能性は無いとも言っています。

白熊さん こんばんは
よくまぁ 裁量権の範囲と言いますね。
逆の場合はどうなんでしょうか?
微調整して、1900円では不足が生じる よって2000円に値上げする
これで区分所有者の皆さんが理事会決議を納得されますか?
これも裁量権の範疇ですか?
総会で1900円値上げを上程して、可決された。
それを理事会が覆す。
総会での可決の意味が分かっておられますか?
>新しい理事会で値上げ幅を下げてはどうかとの意見が出たため、理事会で値上げ内容を精査したところ、
>総会提案に誤認があり値上げ幅を1800円に圧縮することが可能と判明しました。
この結果を今期の総会に上程するか、臨時総会で議案上程しなければなりません。
管理会社と旧役員さんのアドバイスが理事会としての正しい選択です。

新しい理事会で長期修繕計画を見直しました。その結果、機械式駐車場の更新費用を200万円/パレットで計算されておりましたが、複数の会社で見積ったら100万円前後/パレットで出来ることが判明しましたので、それを根拠に値上げ幅を圧縮しました。

確かにmaikuro3さんが言われるとおり、理事会にとりあえず値上げして2000円にすれば住民は猛反対するとは思いますが、値下げなのでほぼ全ての住民が賛成しています。

さらに、弁護士の理事が関係法令(区分所有法等)をチェックした結果、次回の定期総会で報告すれば裁量権の範囲で、法律的にも問題無いとのことですので、理事会としては一部住民からの意見をクレーマーとして無視する事にしました。

白熊さん こんにちは
値下げの根拠として
>機械式駐車場の更新費用を200万円/パレットで計算されておりましたが、
>複数の会社で見積ったら100万円前後/パレットで出来ることが判明しましたので、
>それを根拠に値上げ幅を圧縮しました。
とご説明されていますが、何年後に更新されるのか?その時の修繕価格相場は、
現状の見積額で可能なのか? その根拠は?

弁護士さんも100人居れば、考え方、理解度が違って当然です。
妄信されるのはどうかな?と思いますが。

>一部住民からの意見をクレーマーとして無視
善意のアドバイスをしていただける方をクレーマー扱いですか。
現理事会こそ「横暴な理事会」だと感じます。
また、前期に本議案を上程した前期理事会を蔑ろにした、現理事会の行為は
マンション内のコミュニケーションを損なうと考えます。
なんで、前期理事会の上げ足を取る行為をされたのか
前期の理事さんは、馬鹿にされたと感じているでしょう。
人間として許されないと思います。

最後に
そこに私が住んでいなくてよかったです。

白熊さん こんばんは
貴方のお考えではなく、弁護士の理事さんに押し切られているようですね。
貴方が違う考えなら他の理事さんを味方につけ、多数決で解決する方法もあるのでは?

もう一言付け加えます。
>管理組合としてマンション管理に詳しい弁護士を代理人として応訴すれば、勝てる闘いだと言っています。
相手が、よりマンション管理に詳しい弁護士を代理人とした場合、負ける闘いだということですね。

>そして万一敗訴しても、理事会としては当初の1900円の値上げに戻し、全ての裁判費用を組合予算から
>支出するだけですので、理事会の役員は何の心配もいらないとのことです。
弁護士の理事さんは、皆さんから支出された管理費を無駄使いしてもよし! との考えなのですね。

>それと一部住民が自身に何のメリットも無い(裁判費用は自己負担)のに、
>提訴してくる可能性は無いとも言っています。
私がそちらのマンションの区分所有者であれば、損得勘定抜きで戦いますよ!
                          以上!

修繕積立金の額は総会決議ですから、理事会で調整するのはおかしいと思います。
修繕積立金の額は、長期修繕計画に基づくものですから、5年後には見直されることになります。
いずれ値上げすることになるのでしたら、今のうちに少しでも未来の負担を軽くするようにしておいた方がいいのではないでしょうか。
せっかく1900円が認められているのですから。

新しい理事会で長期修繕計画を見直しました。
その結果、機械式駐車場の更新費用を200万円/パレットで計算されておりましたが、複数の会社で見積ったら100万円前後/パレットで出来ることが判明しました。

それだけで値上げ幅を100円圧縮し1800円にする事も可能でありますものを、とりあえず値上げ幅を半分の100円に圧縮するものですので、ほぼ全ての住民が賛成しています。

さらに、弁護士の理事が関係法令をチェックした結果、次回の定期総会で報告すれば法律的に問題無いとのことですので、理事会としては一部住民からの意見をクレーマーとして無視する事にして、一切の回答をしていません。

このまま放置しても、定期総会で報告すれば、法的にも問題無しとのことで宜しいのでしょうか。

弁護士の理事さんが「関係法令をチェックした結果、次回の定期総会で報告すれば法律的に問題無いとのこと」とはどういう根拠に基づいて判断されたかお聞きになられましたか?
弁護士さん=正解と世間はとらえていると思うのですが、私は、弁護士さんは依頼者の利益を考えるお仕事だと思っています。
どんな凶悪なことをしたって、犯罪者の弁護をするでしょ。
弁護士さんの言われることが正解ではないことだって、依頼者のためにはあることではないでしょうか。

話がずれて申し訳ございません。
弁護士さんだからなどという話になると、どうも反骨精神がムズムズしてきて…


美夕さんが言われるとおり弁護士の言い分には、具体的にどの法令に、判例等の具体的な根拠が無いので私だけが心配しています。

弁護士の理事が言うには、区分所有法等で、些細なものについては理事会の裁量範囲は広く認められており、一部クレマー住民が提訴してきても、管理組合としてマンション管理に詳しい弁護士を代理人として応訴すれば、理事会には何のリスクもなく弁護士の力で勝てる闘いだと言っています。

そして万一敗訴しても、理事会としては当初の1900円の値上げに戻し、全ての裁判費用を組合予算から支出するだけですので、理事会の役員は何のリスクも無いとのことです。

それと一部住民が自身に何のメリットも無い(裁判費用は自己負担)のに、提訴してくる可能性は無いとも言っていますので、管理組合の力をバックに住民を虐めるようでいい気がしません。

他の方とのやり取りを読ませていただきましたが、長期修繕計画自体が間違えていたとのことですね。
そうしたら、長期修繕計画の修正を行うことが必要で、それに基づいて修繕積立金の額も修正するということになるのではないでしょうか。
両方の事案とも、総会決議が必要と規約に定められておる事案です。
弁護士さんだから正しいとは限らないと思います。
この場合には一部住民のご指摘のほうが正しいと思われます。
規約にしっかりと総会決議が必要な事案とされているのですから、「裁量」で変えられるものではないでしょう。
微修正とはいえ、総会で決議されたことを変更することに変わりはありません。
長期修繕計画を次回まで変更しないのでしたら、それまでは総会で承認を得た額を守るべきです。
と私は考えます。

長期修繕計画は竣工当初のもので、今回の修繕積立金の値上げの根拠にはしておりません。
今回の値上げは、販売時に記載された管理会社の修繕積立金値上げの予定に沿って提案されたもので、長期修繕計画との整合性は関係ありません。

ですので、理事会としては長期修繕計画全体の見直しの必要は無いとの結論となり、機械式駐車場のコストダウン分だけ、修繕積立金の値上げ幅を圧縮したので、これは理事会の裁量範囲とのことです。

弁護士の理事が言うには、区分所有法等で、些細なものについては理事会の裁量範囲は広く認められており、一部クレマー住民が提訴してきても、管理組合としてマンション管理に詳しい弁護士を代理人として応訴すれば、勝てる闘いだと言っています。

そして万一敗訴しても、理事会としては当初の1900円の値上げに戻し、全ての裁判費用を組合予算から支出するだけですので、理事会の役員は何の心配もいらないとのことです。

それと一部住民が自身に何のメリットも無い(裁判費用は自己負担)のに、提訴してくる可能性は無いとも言っています。

修繕積立金の額は総会決議ですから、理事会で調整するのはおかしいと思います。
修繕積立金の額は、長期修繕計画に基づくものですから、5年後には見直されることになります。
いずれ値上げすることになるのでしたら、今のうちに少しでも未来の負担を軽くするようにしておいた方がいいのではないでしょうか。
せっかく1900円が認められているのですから。

新しい理事会で長期修繕計画を見直しました。
その結果、機械式駐車場の更新費用を200万円/パレットで計算されておりましたが、複数の会社で見積ったら100万円前後/パレットで出来ることが判明しました。

それだけで値上げ幅を100円圧縮し1800円にする事も可能でありますものを、とりあえず値上げ幅を半分の100円に圧縮するものですので、ほぼ全ての住民が賛成しています。

さらに、弁護士の理事が関係法令をチェックした結果、次回の定期総会で報告すれば法律的に問題無いとのことですので、理事会としては一部住民からの意見をクレーマーとして無視する事にして、一切の回答をしていません。

このまま放置しても、定期総会で報告すれば、法的にも問題無しとのことで宜しいのでしょうか。

弁護士の理事さんが「関係法令をチェックした結果、次回の定期総会で報告すれば法律的に問題無いとのこと」とはどういう根拠に基づいて判断されたかお聞きになられましたか?
弁護士さん=正解と世間はとらえていると思うのですが、私は、弁護士さんは依頼者の利益を考えるお仕事だと思っています。
どんな凶悪なことをしたって、犯罪者の弁護をするでしょ。
弁護士さんの言われることが正解ではないことだって、依頼者のためにはあることではないでしょうか。

話がずれて申し訳ございません。
弁護士さんだからなどという話になると、どうも反骨精神がムズムズしてきて…


美夕さんが言われるとおり弁護士の言い分には、具体的にどの法令に、判例等の具体的な根拠が無いので私だけが心配しています。

弁護士の理事が言うには、区分所有法等で、些細なものについては理事会の裁量範囲は広く認められており、一部クレマー住民が提訴してきても、管理組合としてマンション管理に詳しい弁護士を代理人として応訴すれば、理事会には何のリスクもなく弁護士の力で勝てる闘いだと言っています。

そして万一敗訴しても、理事会としては当初の1900円の値上げに戻し、全ての裁判費用を組合予算から支出するだけですので、理事会の役員は何のリスクも無いとのことです。

それと一部住民が自身に何のメリットも無い(裁判費用は自己負担)のに、提訴してくる可能性は無いとも言っていますので、管理組合の力をバックに住民を虐めるようでいい気がしません。

白熊さん
総会での議案書に、誰が見ても解釈の間違いが無い程度の単純な誤記あるいは計算ミスがあり、かつ賛成、反対いずれの組合員にとっても不都合が無いのであれば、次の総会で追認してもらうことを前提として理事会で修正することもあり得るかもしれません。個人的にはお金のからむ今回の事案ではこのような対応も不適切だと思いますが、組合によってはありかもしれないという程度の話です。また、現にクレームが来ている以上はこの理屈も成り立ちません。

ルール云々ではなく、実質的にどの様な問題があるかという面で考えてみます。
総会の会場で値上げについて強い反対意見があったことが、理事会での今回の判断に至った一つの理由だと想像しています。一方で将来の安心のために値上げを積極的に受け入れた方もいらっしゃるはずで、今回の理事会の判断はそういった方の意見をくみ取っていないことになります。
 この問題を速やかに収束させるには臨時総会で追認を求めるか、理事会での決定を撤回するかのいずれかだと思います。どちらの対応をとってももともとの議案に賛成された方、反対された方のどちらかには不満を残すことになるかと思いますが、こういった問題は早めに決着をつけた方がよいと思います。
 ほとんどの住民が賛成しているというのであれば、速やかに追認の臨時総会を開くのが正解かもしれません。
なお、裁判費用の問題があるから裁判にならないというのは、
(1)正義感に基づいて裁判を起こすケースがある。
(2)訴訟費用をカバーする保険がある。
ことから必ずしも無いとは言えないと思います。
また、管理組合を相手に訴訟を起こすというやり方もあるでしょうが、理事の誠実義務違反に基づいて理事個人を被告とした裁判も考えられないでしょうか。

私は、「裁判にならないから大丈夫」とか、「裁判で負けないから大丈夫」とかよりも、同じマンションの組合員に対して胸を張って説明できるかどうかが大事だと思います。組合員の多くは同じマンションに住まわれていると思います。間違えたと思ったら早めに正しい状態に戻されたらどうでしょうか。
白熊さんはこういったところに質問しているのですから、現在の理事会の判断に不安を感じていらっしゃるのではないでしょうか。かりに判断を誤ったとしても、今後同じようなことが無いようにするための教訓になったと思って前向きな対処をするというのも一つの考え方だと思います。

さるとびさん、ありがとうございます。

白熊さん こんばんは
よくまぁ 裁量権の範囲と言いますね。
逆の場合はどうなんでしょうか?
微調整して、1900円では不足が生じる よって2000円に値上げする
これで区分所有者の皆さんが理事会決議を納得されますか?
これも裁量権の範疇ですか?
総会で1900円値上げを上程して、可決された。
それを理事会が覆す。
総会での可決の意味が分かっておられますか?
>新しい理事会で値上げ幅を下げてはどうかとの意見が出たため、理事会で値上げ内容を精査したところ、
>総会提案に誤認があり値上げ幅を1800円に圧縮することが可能と判明しました。
この結果を今期の総会に上程するか、臨時総会で議案上程しなければなりません。
管理会社と旧役員さんのアドバイスが理事会としての正しい選択です。

新しい理事会で長期修繕計画を見直しました。その結果、機械式駐車場の更新費用を200万円/パレットで計算されておりましたが、複数の会社で見積ったら100万円前後/パレットで出来ることが判明しましたので、それを根拠に値上げ幅を圧縮しました。

確かにmaikuro3さんが言われるとおり、理事会にとりあえず値上げして2000円にすれば住民は猛反対するとは思いますが、値下げなのでほぼ全ての住民が賛成しています。

さらに、弁護士の理事が関係法令(区分所有法等)をチェックした結果、次回の定期総会で報告すれば裁量権の範囲で、法律的にも問題無いとのことですので、理事会としては一部住民からの意見をクレーマーとして無視する事にしました。

白熊さん こんにちは
値下げの根拠として
>機械式駐車場の更新費用を200万円/パレットで計算されておりましたが、
>複数の会社で見積ったら100万円前後/パレットで出来ることが判明しましたので、
>それを根拠に値上げ幅を圧縮しました。
とご説明されていますが、何年後に更新されるのか?その時の修繕価格相場は、
現状の見積額で可能なのか? その根拠は?

弁護士さんも100人居れば、考え方、理解度が違って当然です。
妄信されるのはどうかな?と思いますが。

>一部住民からの意見をクレーマーとして無視
善意のアドバイスをしていただける方をクレーマー扱いですか。
現理事会こそ「横暴な理事会」だと感じます。
また、前期に本議案を上程した前期理事会を蔑ろにした、現理事会の行為は
マンション内のコミュニケーションを損なうと考えます。
なんで、前期理事会の上げ足を取る行為をされたのか
前期の理事さんは、馬鹿にされたと感じているでしょう。
人間として許されないと思います。

最後に
そこに私が住んでいなくてよかったです。

白熊さん こんばんは
貴方のお考えではなく、弁護士の理事さんに押し切られているようですね。
貴方が違う考えなら他の理事さんを味方につけ、多数決で解決する方法もあるのでは?

もう一言付け加えます。
>管理組合としてマンション管理に詳しい弁護士を代理人として応訴すれば、勝てる闘いだと言っています。
相手が、よりマンション管理に詳しい弁護士を代理人とした場合、負ける闘いだということですね。

>そして万一敗訴しても、理事会としては当初の1900円の値上げに戻し、全ての裁判費用を組合予算から
>支出するだけですので、理事会の役員は何の心配もいらないとのことです。
弁護士の理事さんは、皆さんから支出された管理費を無駄使いしてもよし! との考えなのですね。

>それと一部住民が自身に何のメリットも無い(裁判費用は自己負担)のに、
>提訴してくる可能性は無いとも言っています。
私がそちらのマンションの区分所有者であれば、損得勘定抜きで戦いますよ!
                          以上!

白熊さん、

回答者全員が減額には総会決議が必要と回答していますが、それでも理事会決議で正しいと思ってるのですか?  もう間違った判断だと考え直したのでしょ!

だから理事弁護士の主張だけを根拠にしてますよね!

事後承認で良いのは誰もが気づかずに行っていた悪意無き事を、後で気が付いたので修正する場合くらいです。 今やろうとしているのは「確信犯の行為」ですよ。  
問題は「修繕積立金の微修正」では無くて「変更」ですからね!

総会決議が必要です。

その弁護士は使い物になりません。

これは法律問題なので弁護士ドットコムに同じ質問をして下さい。
https://www.bengo4.com/

PS. 修繕積立金は十分蓄積している組合はありません。 自販機でジュース1本も買えないたったの100円ですから組合員には実質的に損得はありません。 100円で法律違反をするのですか?
正当な主張をしている組合員をクレーマー呼ばわりしてまでやりたいのですか?

私はこの100円に意味を見いだせません。 

ヨコオさん、ありがとうございます。

確かに、ここの回答者全員が総会決議が必要と言われていますので、世間一般はそうかもしれませんが、私どもの理事会では理事弁護士さんの主張に反論出来る理事は誰もいません。

理事弁護士さんの言い分は、区分所有法や管理規約の何処にも、総会決議の微修正を禁止する条項が無く、過去にも総会決議の微修正を理事会決議で普通にやっていた実績が複数のマンションであるというのが根拠です。

実際に他の理事からの、区分所有法第37条(役員の誠実義務等)違反ではとの質問には、誠実にその職務を遂行するために、理事会で微修正するもので、誠実義務違反には違反していないとの言い分です。

実際に昨年も、期の途中に管理会社との委託契約の微修正を理事会決議で変更し(重要事項説明会は開催)、次の総会で報告することで問題にはされませんでした。

ですので、文書でクレームを出したクレマーに対しては、相手が法的根拠を示さない限り無視することになりましたが、私としては相手の心証を害すると思いますので、丁寧な回答の方が良いとは思っています。

理事弁護士さんの言い分は「ヘリクツ」です。
管理組合はボランティア的なので確かに緩く運営されています。

そこで他の弁護士がどう判断するかの確認のために弁護士ドットコムを紹介しました。
なぜ、そこにも質問しないでクレーマー呼ばわりを続けるのですか?
そのように収拾したいけど間違っているとの思いがここでの確認行動になってるのですよね!

回答がありません。