←トップへ戻る

団地修繕積立金を廃止し各棟修繕積立金のみの会計とすることはできますか?

管理規約

管理組合の会計

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

計8棟から構成されるマンションの管理組合理事に就任しました。

管理規約には団地修繕積立金と各棟修繕積立金に分けた会計処理を行うよう定めてありますが、徴収した修繕積立金を団地と各棟にどのような割合で振り分けるかの規定はありません。

当初より徴収した修繕積立金をすべて各棟修繕積立金として積み立てており、賃貸駐車場等からの収入の一部を団地修繕積立金として規約通り積み立てていました。
5年前に規約が改正された際に賃貸駐車場等からの収入はすべて管理費会計とすることになり、団地修繕積立金の収入源はなくなりましたが積立残金は存在します。

この5年間、棟に属さない共有部分の修繕費は各棟修繕積立金から按分して拠出されており、団地修繕積立金からは1円も拠出されていません。この会計は管理会社が規約を無視して行っているもので、過去の理事会・団地総会でも問題視されることなく黙認されてきました。

いっそのこと団地修繕積立金を廃止して残金を各棟修繕積金に按分振り分けし、棟に属さない共有部分の修繕費は各棟修繕積金から按分して拠出するという会計ルールを規約に定めたいと考えているのですが問題があるでしょうか?

みんなの回答

もいもいさん こんにちは。

できるでしょうがよいとは思えません。

老朽化で甚大な損壊があった場合に、
当該棟の修繕積立金から支出されてしまい、
全棟大規模修繕の資金を負担できなくなる。
当該棟のみ修繕積立金を増額が必要となる。
レアケースですが発生した場合の
各棟間での軋轢発生リスクが大きい感じがします。

標準管理規約(団地型)準拠だと、
団地総会と棟ごとの総会が別にあり、
団地全体と各棟の意向にずれが生じそうです。


別の案としては、団地修繕積立金に一本化(単棟型同等)
「全棟で1つの物件として、戸数の力で老朽化に対応」

相談を読む限り、
5年前の積立会計収入から管理会計収入への付け替えにより、
積立会計収入の不足が発生している可能性があります。
長期修繕計画が機能していないような印象も受けます。
築20年超で近い予定の大規模修繕の資金繰りかなとも思います。
深読みしすぎでしたらすみません。

せっかく財務状況に手を付けるのでしたら、
所在地のマンション管理士会やコンサルタント会社に相談して、
セカンドオピニオンをいただくのがよろしいかと思います。

ご意見有り難うございます。

確かに標準管理規約(団地型)準拠となっているのですが、
棟総会は実際には開催されておらず、団地総会のみで運営されている状態です。
区分所有者がそれほど管理組合運営に関して熱心ではないようです。

また、当物件はエレベーターのない低層棟とエレベーターのある高層棟に分かれており、
前期の団地総会でエレベーター更新が議案に上程された際に低層棟の区分所有者から
不公平だという意見がでて、不正会計が発覚した経緯があるので
団地修繕積立金に一本化する事は困難だと考えています。

長期修繕計画も数年間提出されておらず、過去の理事会も確認を怠っていたため
修繕積立金が不足しているのかどうかさえ分からない状況となっており、現在精査中です。

当期理事には管理会社への不信感があり、管理会社の変更も視野に入っている状況となっています。
セカンドオピニオンを受ける事も検討したいと思います。

この際、全区分所有者にとって出来るだけ公平な会計ルールを模索したいと考えています。

総会で承認されれば可能と思われます。

ご意見有り難うございます。
この際、全区分所有者にとって出来るだけ公平な会計ルールを模索したいと考えています。

もいもいさん こんにちは。

できるでしょうがよいとは思えません。

老朽化で甚大な損壊があった場合に、
当該棟の修繕積立金から支出されてしまい、
全棟大規模修繕の資金を負担できなくなる。
当該棟のみ修繕積立金を増額が必要となる。
レアケースですが発生した場合の
各棟間での軋轢発生リスクが大きい感じがします。

標準管理規約(団地型)準拠だと、
団地総会と棟ごとの総会が別にあり、
団地全体と各棟の意向にずれが生じそうです。


別の案としては、団地修繕積立金に一本化(単棟型同等)
「全棟で1つの物件として、戸数の力で老朽化に対応」

相談を読む限り、
5年前の積立会計収入から管理会計収入への付け替えにより、
積立会計収入の不足が発生している可能性があります。
長期修繕計画が機能していないような印象も受けます。
築20年超で近い予定の大規模修繕の資金繰りかなとも思います。
深読みしすぎでしたらすみません。

せっかく財務状況に手を付けるのでしたら、
所在地のマンション管理士会やコンサルタント会社に相談して、
セカンドオピニオンをいただくのがよろしいかと思います。

ご意見有り難うございます。

確かに標準管理規約(団地型)準拠となっているのですが、
棟総会は実際には開催されておらず、団地総会のみで運営されている状態です。
区分所有者がそれほど管理組合運営に関して熱心ではないようです。

また、当物件はエレベーターのない低層棟とエレベーターのある高層棟に分かれており、
前期の団地総会でエレベーター更新が議案に上程された際に低層棟の区分所有者から
不公平だという意見がでて、不正会計が発覚した経緯があるので
団地修繕積立金に一本化する事は困難だと考えています。

長期修繕計画も数年間提出されておらず、過去の理事会も確認を怠っていたため
修繕積立金が不足しているのかどうかさえ分からない状況となっており、現在精査中です。

当期理事には管理会社への不信感があり、管理会社の変更も視野に入っている状況となっています。
セカンドオピニオンを受ける事も検討したいと思います。

この際、全区分所有者にとって出来るだけ公平な会計ルールを模索したいと考えています。

総会で承認されれば可能と思われます。

ご意見有り難うございます。
この際、全区分所有者にとって出来るだけ公平な会計ルールを模索したいと考えています。

回答がありません。