←トップへ戻る

理事長及び理事会への不信任決議

管理規約

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

長年理事長を努めた方が理事長を退任したのですが、その元理事長は今まで規約クソくらえで共用部分に総会決議なく自身の専有部分へ通ずる外階段を作りました。今期役員は、マンションに資産がないのは元理事長が無駄な支出をしていたものと考えております。そうした中、元理事長が今期役員へ不信任決議案を出そうと動いており、賛同者が組合員1/5以上議決権1/5以上ギリギリ集まりそうです。対応策はありますか?

みんなの回答

1/5総会の要求が来たら、理事会で臨時総会開会の決議をして、過去の元理事長の不正告発と損害賠償請求の議題を足して総会招集をすればよいと思います。おそらく、マンション住民間で完全な分裂になると思いますが、膿は出せるときに出すしかありません。現在の理事会を握っているうちに元理事長に訴訟を提起した方が良いでしょう。具体的事情や帳簿の保管などもあるので、理事会の決議で、弁護士やマンション管理士に正式に相談した方が良いと思います。その費用は予備費から支出するのが良いと思います。

1/5総会の要求が来たら、理事会で臨時総会開会の決議をして、過去の元理事長の不正告発と損害賠償請求の議題を足して総会招集をすればよいと思います。おそらく、マンション住民間で完全な分裂になると思いますが、膿は出せるときに出すしかありません。現在の理事会を握っているうちに元理事長に訴訟を提起した方が良いでしょう。具体的事情や帳簿の保管などもあるので、理事会の決議で、弁護士やマンション管理士に正式に相談した方が良いと思います。その費用は予備費から支出するのが良いと思います。

回答がありません。