←トップへ戻る

役員報酬の源泉徴収

管理組合の会計

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

理事への役員報酬を検討しています。
金額等を調べていたら、マンション理事へ役員報酬を支払う場合、源泉徴収が必要になるという見解を見つけました。
管理組合の役員報酬は課税対象で、管理組合は源泉徴収をして納税する必要がある。
という見解です。
源泉徴収が必要であるならば、役員報酬導入のハードルはかなり上がるかなと考えています。
役員報酬を導入されている方、どうしていますでしょうか?

よろしくお願いします。

みんなの回答

役員報酬は厳密には源泉徴収の対象になります。
1.但し、20万以下の場合は課税の対象にはなりません。
2.但し、名目上、役員報酬を組合活動費等にすれば課税されません。
ちょっと勉強した組合であれば会計上は役員報酬ではなく組合活動費等になっているはずです。
それ以前に、僅か数万の役員報酬の為に、人件費と時間を使って税務調査をするかといえば疑問ですね。

役員報酬は厳密には源泉徴収の対象になります。
1.但し、20万以下の場合は課税の対象にはなりません。
2.但し、名目上、役員報酬を組合活動費等にすれば課税されません。
ちょっと勉強した組合であれば会計上は役員報酬ではなく組合活動費等になっているはずです。
それ以前に、僅か数万の役員報酬の為に、人件費と時間を使って税務調査をするかといえば疑問ですね。

マンション探偵団さん
ありがとうございます。
組合活動費という名目にするというやり方もあるのですね。勉強になります。

税務署に確認してみてください。たぶん受取額がひとり年間20万以下なら不要と言われるはずです。
なお、仮に確定申告が必要なら確定申告するために必要な書類を管理会社が作成しないといけませんので管理会社に確認してみて下さい。

まりさん
回答ありがとうございます。
税務署に確認して、適切な処理をしていきたいと思います。

役員報酬は厳密には源泉徴収の対象になります。
1.但し、20万以下の場合は課税の対象にはなりません。
2.但し、名目上、役員報酬を組合活動費等にすれば課税されません。
ちょっと勉強した組合であれば会計上は役員報酬ではなく組合活動費等になっているはずです。
それ以前に、僅か数万の役員報酬の為に、人件費と時間を使って税務調査をするかといえば疑問ですね。

役員報酬は厳密には源泉徴収の対象になります。
1.但し、20万以下の場合は課税の対象にはなりません。
2.但し、名目上、役員報酬を組合活動費等にすれば課税されません。
ちょっと勉強した組合であれば会計上は役員報酬ではなく組合活動費等になっているはずです。
それ以前に、僅か数万の役員報酬の為に、人件費と時間を使って税務調査をするかといえば疑問ですね。

マンション探偵団さん
ありがとうございます。
組合活動費という名目にするというやり方もあるのですね。勉強になります。

税務署に確認してみてください。たぶん受取額がひとり年間20万以下なら不要と言われるはずです。
なお、仮に確定申告が必要なら確定申告するために必要な書類を管理会社が作成しないといけませんので管理会社に確認してみて下さい。

まりさん
回答ありがとうございます。
税務署に確認して、適切な処理をしていきたいと思います。

回答がありません。