←トップへ戻る

建物・設備管理業務費の内訳提示について

管理業の委託

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

マンション管理会社と委託業務を締結していますが、建物・設備管理業務費の内訳についてそれぞれ(エレベータ設備や機械式駐車場設備など)の金額は明記されています。
ただ、その金額が正しいものか確認したく、管理会社に再委託先の見積書を提示するよう求めていますが、「提示する義務がない」の一点張りで開示していただけません。
通常、開示しないものなのでしょうか?

みんなの回答

こくぞうさん おはようございます。
>その金額が正しいものか確認したく
 管理委託会社は、再委託先の見積もりに20%~30%程度
 (50%も有り得る)のリベートを取っています。
 リベートというより、手数料ですね。
 口実としては、再委託先との委託内容の検討、打ち合わせ、
 点検日の日程調整、報告書の確認、自社の報告書表紙を付け
 顧客に提出、点検立ち合い等です。
 管理組合と直契約にすれば若干は安くなりますが、リベート分
 すべてをカットすることはありません。
 管理組合との付き合いより、管理会社との付き合いを大事に
 しているからです。
 私の住んでいるマンションも、直契約にしたことがありますが、
 金額的に大したメリット(減額)は、ありませんでした。

こくぞうさん おはようございます。
>その金額が正しいものか確認したく
 管理委託会社は、再委託先の見積もりに20%~30%程度
 (50%も有り得る)のリベートを取っています。
 リベートというより、手数料ですね。
 口実としては、再委託先との委託内容の検討、打ち合わせ、
 点検日の日程調整、報告書の確認、自社の報告書表紙を付け
 顧客に提出、点検立ち合い等です。
 管理組合と直契約にすれば若干は安くなりますが、リベート分
 すべてをカットすることはありません。
 管理組合との付き合いより、管理会社との付き合いを大事に
 しているからです。
 私の住んでいるマンションも、直契約にしたことがありますが、
 金額的に大したメリット(減額)は、ありませんでした。

回答がありません。