←トップへ戻る

会計理事が顧問の修繕業者のダミー見積もり

管理組合の会計

その他

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

工事額400万円の受水槽改修工事の相見積もりを会計理事が顧問であるA社の受注
を目的にダミーの対抗見積書を出して理事会、総会で目論見どおり可決しました。
工事はこの会計理事が顧問をするA社で進行しています。
管理組合への背任行為だと思いますがどうすべきでしょうか?
尚、管理会社も同会計理事と結託しているようです。

みんなの回答

言われた事が真実ならば、管理組合への背任行為だと思いますが、管理会社も結託しているとの事ですので、1個人ではどうしようも無いと思います。
マンションの場合、無関心か面倒を避ける住民が99%ですので、見て見ぬふりをするしかないでしょう。
もし「焼き鳥さん」が正義感から仲間を募り提訴しようとすると大変な労力と費用がかかりますので放置が一番です。

言われた事が真実ならば、管理組合への背任行為だと思いますが、管理会社も結託しているとの事ですので、1個人ではどうしようも無いと思います。
マンションの場合、無関心か面倒を避ける住民が99%ですので、見て見ぬふりをするしかないでしょう。
もし「焼き鳥さん」が正義感から仲間を募り提訴しようとすると大変な労力と費用がかかりますので放置が一番です。

回答がありません。