←トップへ戻る

段階積立方式での値上げはそんなに難しい事なのでしょうか?

管理組合の会計

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

うちのマンションは段階積立方式で修繕費が値上がりします。長期修繕計画によると5年ごとに値上がりする予定です。
増額をする場合、居住者から反対の意見が多く来る場合もあると聞きます。
値上げしないと大規模修繕は出来ませんし、仮に地震で被害を受けた場合は修繕も出来なくなりますので、反対する人が理解できません。

実際に値上げをした方はどれだけ大変だったか教えて頂けますでしょうか。また、どのような方がどのような理由で反対していましたか?

みんなの回答

修繕積立金の値上げは、一部のクレーマーが騒ぐだけですので、特に心配する必要は無いのではと思います。
クレーマーは反対意見を言うことで自己満足を得ているだけですので、気にする必要はありません。

「長期修繕計画によると5年ごとに値上がりする予定です。 」
私共のマンションでも長期修繕計画に従い、総会で値上げの提案があり、一部住民から猛反発を受けましたが、圧倒的多数の賛成で可決されましたので「まりさん」のマンションも問題ないと思います。

「仮に地震で被害を受けた場合は修繕も出来なくなります」
長期修繕計画では被害の修繕費用は見込んでおりませんので、大地震の場合は別途一時金を徴収する必要がありますので注意が必要です。

値上げに反対する人、たくさんいました。

反対する人というのは、ほぼ例外なく
「なぜ値上げが必要なのかわかっていない」ことがほとんどです。

なぜその額なのか、なぜ今なのか、打てる手はないのか、
その手を打つためにどういう準備が必要なのか。
それらを一切知らず、調べるつもりもなく、
そういうことは「自分以外の誰かがやること」だと思っている。
するとその人たちには、ただただ「金銭負担が増える」という事実しか見えない。
だから闇雲に反対するのです。

そして残念ながら、こうも言えます。

工事金額の妥当性や回避の方策を自力で検討せず
誰かに言われたことを鵜呑みにして「修繕が必要です」
「地震に備えなきゃ」と闇雲に値上げを推進する人も、
何もわからないままイメージを妄信しているという点では、
結局反対している人たちと根っこは同じなのです。

落としどころを見つけたいのであれば、積立金の値上げの根拠である
すべての工事予定金額と、それらの金額が相場に照らして適正であること、
またそれらの工事が本当に必要なのかということを
ひとつひとつ細かく検証していくしかありません。

それを「自分以外の誰かがやること」だと考えるマンションは、
結局いつまでも水掛け論を繰り返すしかないのです。
お金が足りる足りないなんてのは、見方次第でどうとでも言えるものですから。

ただ、普通はそこまで検証すると
「値上げせずに済む/値上げ幅を抑える方法」まで見えて来ることがほとんどですけどね。

「長期修繕計画によると5年ごとに値上がりする予定です。 」
私共のマンションでも長期修繕計画に従い、総会で値上げの提案があり、一部住民から猛反発を受けましたが、圧倒的多数の賛成で可決されましたので「まりさん」のマンションも問題ないと思います。

「仮に地震で被害を受けた場合は修繕も出来なくなります」
長期修繕計画では被害の修繕費用は見込んでおりませんので、大地震の場合は別途一時金を徴収する必要がありますので注意が必要です。

値上げに反対する人、たくさんいました。

反対する人というのは、ほぼ例外なく
「なぜ値上げが必要なのかわかっていない」ことがほとんどです。

なぜその額なのか、なぜ今なのか、打てる手はないのか、
その手を打つためにどういう準備が必要なのか。
それらを一切知らず、調べるつもりもなく、
そういうことは「自分以外の誰かがやること」だと思っている。
するとその人たちには、ただただ「金銭負担が増える」という事実しか見えない。
だから闇雲に反対するのです。

そして残念ながら、こうも言えます。

工事金額の妥当性や回避の方策を自力で検討せず
誰かに言われたことを鵜呑みにして「修繕が必要です」
「地震に備えなきゃ」と闇雲に値上げを推進する人も、
何もわからないままイメージを妄信しているという点では、
結局反対している人たちと根っこは同じなのです。

落としどころを見つけたいのであれば、積立金の値上げの根拠である
すべての工事予定金額と、それらの金額が相場に照らして適正であること、
またそれらの工事が本当に必要なのかということを
ひとつひとつ細かく検証していくしかありません。

それを「自分以外の誰かがやること」だと考えるマンションは、
結局いつまでも水掛け論を繰り返すしかないのです。
お金が足りる足りないなんてのは、見方次第でどうとでも言えるものですから。

ただ、普通はそこまで検証すると
「値上げせずに済む/値上げ幅を抑える方法」まで見えて来ることがほとんどですけどね。

修繕積立金の値上げは、一部のクレーマーが騒ぐだけですので、特に心配する必要は無いのではと思います。
クレーマーは反対意見を言うことで自己満足を得ているだけですので、気にする必要はありません。

回答がありません。