←トップへ戻る

管理運営費および理事会役員

住まいのトラブル

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

築12年のマンションですが、理事会設立後より
同じ方が理事会を辞めず、理事会メンバーで監事・役員を回し続けております。
当初より、外部会計監査の依頼をする。理事会の役員は輪番制にしてお金の流れを透明にすべきだと訴え続けてきましたが、全く応じません。
また、管理運営費も増加しております。
理事会に手を挙げた人に対しては、マンション管理士の資格を持っているか若しくはマンション管理士の資格試験で70点以上取らなければならない等
の条件を出してきます。
そもそも、理事会運営費とはおいくらぐらいが当たり前なのでしょうか?
そして、収支報告や予算案の内訳は公に出来ないのでしょうか?

みんなの回答

「理事会運営費」という勘定科目の中に何が含まれるのかによって金額は変わってくると思います。
理事会会場使用料・資料や議事録の印刷代・理事会でのお茶代などが運営費に当たると思います。
理事会役員に報酬を支払っている場合は、「役員報酬」という別の勘定科目で計上するのが良いと思います。

参考までに私が毎年のように役員をしている小規模マンションの実例を挙げます。
「理事会運営費」という科目は無く、「組合運営費」という科目で毎年10,000円予算を計上しています。
総会資料の収支報告書には必ず「支出明細」をつけて、何にいくら支出したのか小さな金額でも1円単位で報告しています。

総会資料に「支出明細」は含まれていませんか?
管理組合員は役員でなくとも「会計帳簿の閲覧請求権」があります。総勘定元帳を見れば「理事会運営費」の支出の内容がわかるでしょう。
閲覧請求をする場合は、必ず書面で閲覧の目的を書いて管理組合へ請求してください。

標準管理規約に準拠しているのであれば、区分所有者が理事会役員の立候補を、マンション管理士資格で拒否することは出来ません。

アドレスありがとうございました。

標準管理規約に準拠しているのであれば、区分所有者が理事会役員の立候補を、マンション管理士資格で拒否することは出来ません。

アドレスありがとうございました。

「理事会運営費」という勘定科目の中に何が含まれるのかによって金額は変わってくると思います。
理事会会場使用料・資料や議事録の印刷代・理事会でのお茶代などが運営費に当たると思います。
理事会役員に報酬を支払っている場合は、「役員報酬」という別の勘定科目で計上するのが良いと思います。

参考までに私が毎年のように役員をしている小規模マンションの実例を挙げます。
「理事会運営費」という科目は無く、「組合運営費」という科目で毎年10,000円予算を計上しています。
総会資料の収支報告書には必ず「支出明細」をつけて、何にいくら支出したのか小さな金額でも1円単位で報告しています。

総会資料に「支出明細」は含まれていませんか?
管理組合員は役員でなくとも「会計帳簿の閲覧請求権」があります。総勘定元帳を見れば「理事会運営費」の支出の内容がわかるでしょう。
閲覧請求をする場合は、必ず書面で閲覧の目的を書いて管理組合へ請求してください。

回答がありません。