←トップへ戻る

理事長代行契約への注意点を教えて

大規模修繕工事

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    501戸〜
  • 竣工年 :
    〜1981年

築45年総600戸余の大規模マンション。
マンション管理士がコンサルタントしています。
過日の理事会でこのマンション管理士が「理事長代理業をさせよ」と迫っていると聞き、資料を入手しました。
この種の聞きなれない業務委託には、長所もあれば短所もあることを経験から感じています。かなり強引に押し付けているようですが、理事長代理業務委託の短所(リスク)は隠されたままです。
理事長代理委託で注意しなければならないことを教えてください。

みんなの回答

自主管理マンションで無ければ、理事長代理委託は不要と考えます。
「理事長代理業をさせよ」と迫るような高飛車なマンション管理士との顧問契約は解除すべきです。
このような傲慢なマンション管理士は管理組合の無関心をよいことに、修繕工事等で自身の知り合いの業者を入れ、バックマージンを取る等の不正の可能性があります。

了解しました。ありがとうございます。

自主管理マンションで無ければ、理事長代理委託は不要と考えます。
「理事長代理業をさせよ」と迫るような高飛車なマンション管理士との顧問契約は解除すべきです。
このような傲慢なマンション管理士は管理組合の無関心をよいことに、修繕工事等で自身の知り合いの業者を入れ、バックマージンを取る等の不正の可能性があります。

了解しました。ありがとうございます。

回答がありません。