←トップへ戻る

総会で区分居住者の家族が質問や意見をする事は、法律上、赦されますか。

その他

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

前期に理事長の家族として管理組合の収支の確認に関して理事会で意見を述べました後に、管理員と理事会の下に設定された修繕委員会の委員長の2名から、「区分居住者の家族は何の権限もない。」と言われてしまいました。

その後に、主人は私がこれ以上、管理組合の収支の確認に関して話をしない事を約束させられた様です。

私の本心は了承しかねる思いに尽きますが、これ以上、管理組合の収支の確認に関して話をするなら離婚すると迄言われてしまい、了承せざるお得ない立場に追い込まれた状況が有りました。

私は主人がどの様な文言を述べ、妻が管理組合の収支の確認に関して話をしない旨、約束したのか知らされていません。

苦しみが消えません。

また、総会に区分居住者である主人と妻2名が出席する場合、挙手をする事が出来るのは主人1名との事は存じ上げておりますが、
何か質問を行ったりする事も主人1名しか行えないのでしょうか。

総会で区分居住者の妻は収支の確認に関して何か質問したい事が有った場合に発言する事は、法律上、赦されないのでしょうか。

主人が妻の発言を封じる様な約束をした場合に、これよりも強い権限を持つ法律がございましたらご教示くださいませんでしょうか。

総会で妻が管理組合の収支の確認に関して発言を行う事は赦されないのでしょうか。

拙い質問を大変申し訳ございません。

宜しくお願いいたします。

みんなの回答

どのようなご事情か分かりませんが、離婚のリスクを冒してまで、突っ走る必要があるのでしょうか?
もし深刻な問題(お金の不正流用等)の可能性があるのならば、相談相手はマンション管理士ではなく、弁護士ではないのでしょうか?

さくらさま ご回答賜り有り難うございます。仰せの通りでございます。
離婚の危機があるにかかわらず、何故、私個人が管理組合会計に関して気になって止まないのか。言葉にし難い思いが巡る実情です。
会計資料の精査をさせて戴きたい気持ちは有りますが、実行する手立てが無い状況です。
管理組合で1度、外部の会計事務所へ精査を...とお手紙を書いた処、迷惑している。却下する。と回答が有り、私は区分所有者ではなく、主人に苦情が届いてしまいました。私には交渉する力が足りません。そこで、調整能力に長けるマンション管理士様に先ず相談をと考えた次第でした。その後、会計事務所、弁護士事務所、という流れは理想で考えますが元手が手元に無い現状です。ご回答くださり有り難うございます。

tamiさん
「これ以上、管理組合の収支の確認に関して話をするなら離婚すると迄言われてしまい・・・」

たかが管理組合の収支の確認で家庭生活を壊すべきではないと思います。
もし経理に不正の疑惑があるのなら、会計資料を精査して、質問書で管理組合を問い詰めればよいと思います。

福井さま
ご回答賜り有り難うございます。仰せの通りでございます。
離婚の危機があるにかかわらず、何故、私個人が管理組合会計に関して気になって止まないのか。言葉にし難い思いが巡る実情です。
会計資料の精査をさせて戴きたい気持ちは有りますが、実行する手立てが無い状況です。
管理組合で1度、外部の会計事務所へ精査を...とお手紙を書いた処、迷惑している。却下する。と回答が有り、私は区分所有者ではなく、主人に苦情が届いてしまいました。私には交渉する力が足りません。そこで、調整能力に長けるマンション管理士様に先ず相談をと考えた次第でした。その後、会計事務所、弁護士事務所、という流れは理想で考えますが元手が手元に無い現状です。ご回答くださり有り難うございます。

総会に区分居住者である主人と妻2名が出席する場合、区分所有者のご主人の同意を得て配偶者が質問することは、私どもののマンションでは普通に行われていますし、区分所有法でそれを禁止する条文はありません。
また、総会は区分所有者が議論を尽くした上で決議することは、区分所有法の国交省コメントでも明記されておりますので、tamiさんも遠慮なく意見を言うべきです。
何れにしても総会で発言を阻止しようとする場合には、区分所有法or管理規約のどの条文に該当するのか質問しましょう。

TUMIさん
ご回答くださり有り難うございます。私が恐れていた事を回避するご回答を戴けました事、大変心強く思います。
総会に出席したとき、発言を阻止される場合には、区分所有法or管理規約のどの条文に該当するのか質問を練習します。区分所有法or管理規約を改めて読み直しいたします。
あなたは、区分所有者ではないために、発言する権限が無い。と言われてしまった場合も、
その事よりも、同席される方の心をつかむ発話内容を考える事が出来ればと切に思います。有り難うございます。

修繕委員会の委員長はその職責だけでは理事会の役員ではありませんのでその言葉を気にすることはないのではないでしょうか。理事会の役員に直接質問をしてみたらどうでしょうか。役員には誠実義務がありたとえ区分所有者ではなくともその配偶者の質問に答えることはできるのではないでしょうか。区分所有者以外の人間が質問した場合、「その質問に答えてはならない」ということはないと思います。もちろん法律上、答える義務はないといわれればそれまでですが。

ご主人さまを通じて役員に質問するという方法があると思うのですがご主人さまはその質問自体に反対なのでしょうか。質問の内容が不明ですので何とも言えないところですが、仮に不正取引にからむものなら監事に監査を依頼することもできると思います。私どもの管理組合ではその辺はオープンです。以前、区分所有者でない女性からの指摘で駐輪場料金の引き落とし漏れが発見されたこともあります。権限があるとかないとか法律上はどうだとかはよほどこじれた時にでる話です。

ポトスの葉さん
ご回答くださり有り難うございます。大変励まされました。
直近に控えています臨時総会の議案に関します件を当サイトとマンション管理士さんへの相談をさせて戴いて、改めて主人へ話してみようと思います。そう思います一方で、私のコミュニケーション不足と、主人のせっかちな性格が災いして聞いてもらえない状況になってしまう恐れが有る現状です。

当マンション管理組合も、ポトスの葉さまのお住いのマンションの様にオープンな雰囲気を作る事が出来れば良かったのですが、私はうまくお伝えすることが出来ませんでした。

私は前期の理事会で、理事会役員の主人の代理で管理会社から提出を受ける収支報告書に関して書面を準備の上、お話させて戴いた事が有ります。その内容をまとめなおし、当サイトで今一度、内容毎にお伺いをさせて戴ければと思っています。
当時を振り返りますと、収支報告書に関して複数有りました内容を協議をさせて戴きましたが、3:2で負けてしまいました。
3名の方は日常生活に煩雑な事は取り組みし難い。ご様子でした。
その日の理事会は、その次の理事会でもう1度話す機会を戴けませんかとお伺いをしましたが理事様方から回答の声は上がる事なく終わりました。
会計担当1名様はお力になってくださいました。当日は理事会議後の修繕費用の組合預金の払い戻し請求書の銀行員捺印まで同伴をくださいました。
私は翌日に、管理員と修繕委員長の2人から「理事長の妻には何の権限もない。これ以上妻(私)が理事会に同席するなら、臨時総会を開いて役員を降りてもらう。」とまで言われてしまい、その後、管理員には「私が次の理事会に出席を行った場合におかしいことになる。」とまで言われてしまいました。次の理事会に私は出席しませんでした。気にせずに、次の理事会にも出れば良かったと心の底から思います。覆水盆に返らずです。
次の理事会では主人は何度も管理員から「管理会社との溝を深めた」と責められたそうです。

私はこれまでの職務経験上、プレゼンテーションを行ったことや、営業経験がなく、これまで近所付き合いをして来なかった事や、コミュニケーション不足、文章の書き方の拙さなど、私の能力不足が重なり、主人に、前期の理事会で述べた内容を文字にして印刷した書面を見てもらって話を聞いてもらおうとしたのですが、拒否されてしまい見てもらえなかった状況があります。

管理会社から提出を受ける収支報告書や、総会の資料はわかりにくいです。そのわかりにくさを改善する事が出来ればと思っていました。整合性がとれない問題点が有ります。
1度諦めたのですが、先日臨時総会の案内があり、諦めきれない思いが蘇ります。

今期に入り、修繕委員会の委員長には伝わらなかった内容を、他の委員の方、今期の理事会役員の数名のお話を聞き入れていただけそうな方へ、今期が始まって3カ月目迄、数度、お手紙を綴りましたが、端的に迷惑していると提案を却下されてしまいました事がありました。その後、主人は、今期の理事長と修繕委員長に宛て私が会計の確認に関してこれ以上管理組合に話をしない様に約束をした様です。

わたしの拙い文章の書き方から、私が用意した内容や、お伝えしたかった事は曲がって伝わっている。または、拒否されて読まれていない様に思います。
当サイトに載せきれない内容、お伝えしきれない事が有ります。
雑文大変申し訳ございません。ご回答いただけました事に感謝いたします。有り難うございます。

区分所有者ではない奥様がこれまで総会で発言できたのは、あくまでも区分所有者であるご主人の代理人であるとの推定が成り立っていたからです。
ところが、ご主人に発言を止められたとあっては代理関係が成り立ちませんので、いくら苦しくとも奥様が総会議案について発言することはできません。冷たいようですが、これが原則です。

もう一つ、総会に第三者が出席して、議決権はないものの意見を述べるという制度はあります(標準管理規約45条)。しかし、この場合は理事会の承認が必要なので、ご主人が理事会に話しをしないとの約束をされているようですから、これもないでしょう。

マンションの議案に関して、代理人(妻)の発言を封じる本人(夫)に勝る法的権限というものを寡聞にして私は知りません。
仮に、管理組合の収支に横領や詐取のような明らかな犯罪行為が認められるといったものであれば、正義の告発として(法律論ではありませんけど。)称賛されるかもしれませんが…。

Blavetakiyasuさま
温かいご回答を賜り厚くお礼申し上げます。心に沁みました。気持ちの整理が出来ました。誠に有り難うございます。

他の方の回答を見て多少気になった点がありましたので、改めてお返事します。
管理組合は区分所有者のみで構成されるので、家族といえどもこれに容喙することはできません。意見を禁止する根拠を示せ!と言うと、逆に無関係者が意見できる根拠を示す方が先だろ!と言い返されるのは目に見えています。

大抵のマンションでこれまで当たり前のように家族が発言しているのは、一つに区分所有者の代理人としての扱いと(民法99条以下)、もう一つは、先に回答申し上げた理事会の承認を得て総会に参加する(標準管理規約45条第1項)という仕組みがあるからです。
この二つが発言できる法的な根拠になります。

ご主人から代理委任を拒否され代理人であることを主張できないとすれば、二番目の理事会承認による参加には多少の反論が可能かもしれません。

「理事会は、従来から総会への家族の参加と意見陳述を認めてきたという経緯がある。
これは、管理規約第45条第1項に基づく理事会の承認が包括的かつ経常的に行われていたことに他ならず、今後も総会運営上継続が期待されているものである。
なのに、今回に限り特定の人物のみの意見陳述を遮るのは承服しがたい。
ついては、その合理的な理由を示されたい。」
といった質問なら筋が通るかもしれません。マンション管理士さんとよくご相談ください。

しかし、ご主人がなんとか穏便に済まそうとされているご様子ですし、
どのようなご事情があるのか全く分かりませんが、このまま突っ走りますか?
ご主人の対面もあります。
突っ走るのも人生、一歩退くのも人生。冷静なご判断を切に願います。
希わくはtamiさんに祝福あらんことを…。

Blavetakiyasuさま
貴重なご回答を賜り厚くお礼申し上げます。

発言をさせて戴けるかもしれない法的根拠をご教示くださり誠に有り難うございます。
主人と意思疎通が叶わない場合に備えてご回答賜りました内容をマンション管理士様へお伝えいたします。まとまりきらずに悶々としていました処に救われました。
主人へ総会議日までに議案の内容に関しまして当サイトの皆様のご回答、マンション管理士様にご助言を賜り出来る限りを伝える事が出来ればと思います。深くご回答を賜り胸に詰まる思いでございます。有り難うございました。

どのような質問や意見をされたのかわかりませんが、そもそも総会は意見を述べる場ではなく議決を取る場ですので、私としては区分所有者かどうかに関わらず、意見を述べられることや議案に関係のない質問をされると不愉快に思います。
意見があるのであれば総会の前に意見を出して頂きたい。もしくは理事になって頂きたい。マンションの管理規約によっては区分所有者と同居の配偶者や家族も理事になれる所はあります。

まりさま ご回答有り難うございます。総会前に意見を提出する文書をまとめている最中です。理事に成らせてもらえない現状です。マンション管理士様を探して相談をと考えていますが個人の依頼をお受けいただけるのか不安な現状です。

tamiさん、個人の相談も受け付けてくれますよ。最初の相談が無料の所もあるので探してみてください。

まりさま ご助言、励ましを賜り厚くお礼申し上げます。マンション管理士様へ相談内容をメール送信させて戴きます。有り難うございました。

総会に区分居住者である主人と妻2名が出席する場合、区分所有者のご主人の同意を得て配偶者が質問することは、私どもののマンションでは普通に行われていますし、区分所有法でそれを禁止する条文はありません。
また、総会は区分所有者が議論を尽くした上で決議することは、区分所有法の国交省コメントでも明記されておりますので、tamiさんも遠慮なく意見を言うべきです。
何れにしても総会で発言を阻止しようとする場合には、区分所有法or管理規約のどの条文に該当するのか質問しましょう。

TUMIさん
ご回答くださり有り難うございます。私が恐れていた事を回避するご回答を戴けました事、大変心強く思います。
総会に出席したとき、発言を阻止される場合には、区分所有法or管理規約のどの条文に該当するのか質問を練習します。区分所有法or管理規約を改めて読み直しいたします。
あなたは、区分所有者ではないために、発言する権限が無い。と言われてしまった場合も、
その事よりも、同席される方の心をつかむ発話内容を考える事が出来ればと切に思います。有り難うございます。

tamiさん
「これ以上、管理組合の収支の確認に関して話をするなら離婚すると迄言われてしまい・・・」

たかが管理組合の収支の確認で家庭生活を壊すべきではないと思います。
もし経理に不正の疑惑があるのなら、会計資料を精査して、質問書で管理組合を問い詰めればよいと思います。

福井さま
ご回答賜り有り難うございます。仰せの通りでございます。
離婚の危機があるにかかわらず、何故、私個人が管理組合会計に関して気になって止まないのか。言葉にし難い思いが巡る実情です。
会計資料の精査をさせて戴きたい気持ちは有りますが、実行する手立てが無い状況です。
管理組合で1度、外部の会計事務所へ精査を...とお手紙を書いた処、迷惑している。却下する。と回答が有り、私は区分所有者ではなく、主人に苦情が届いてしまいました。私には交渉する力が足りません。そこで、調整能力に長けるマンション管理士様に先ず相談をと考えた次第でした。その後、会計事務所、弁護士事務所、という流れは理想で考えますが元手が手元に無い現状です。ご回答くださり有り難うございます。

どのようなご事情か分かりませんが、離婚のリスクを冒してまで、突っ走る必要があるのでしょうか?
もし深刻な問題(お金の不正流用等)の可能性があるのならば、相談相手はマンション管理士ではなく、弁護士ではないのでしょうか?

さくらさま ご回答賜り有り難うございます。仰せの通りでございます。
離婚の危機があるにかかわらず、何故、私個人が管理組合会計に関して気になって止まないのか。言葉にし難い思いが巡る実情です。
会計資料の精査をさせて戴きたい気持ちは有りますが、実行する手立てが無い状況です。
管理組合で1度、外部の会計事務所へ精査を...とお手紙を書いた処、迷惑している。却下する。と回答が有り、私は区分所有者ではなく、主人に苦情が届いてしまいました。私には交渉する力が足りません。そこで、調整能力に長けるマンション管理士様に先ず相談をと考えた次第でした。その後、会計事務所、弁護士事務所、という流れは理想で考えますが元手が手元に無い現状です。ご回答くださり有り難うございます。

区分所有者ではない奥様がこれまで総会で発言できたのは、あくまでも区分所有者であるご主人の代理人であるとの推定が成り立っていたからです。
ところが、ご主人に発言を止められたとあっては代理関係が成り立ちませんので、いくら苦しくとも奥様が総会議案について発言することはできません。冷たいようですが、これが原則です。

もう一つ、総会に第三者が出席して、議決権はないものの意見を述べるという制度はあります(標準管理規約45条)。しかし、この場合は理事会の承認が必要なので、ご主人が理事会に話しをしないとの約束をされているようですから、これもないでしょう。

マンションの議案に関して、代理人(妻)の発言を封じる本人(夫)に勝る法的権限というものを寡聞にして私は知りません。
仮に、管理組合の収支に横領や詐取のような明らかな犯罪行為が認められるといったものであれば、正義の告発として(法律論ではありませんけど。)称賛されるかもしれませんが…。

Blavetakiyasuさま
温かいご回答を賜り厚くお礼申し上げます。心に沁みました。気持ちの整理が出来ました。誠に有り難うございます。

他の方の回答を見て多少気になった点がありましたので、改めてお返事します。
管理組合は区分所有者のみで構成されるので、家族といえどもこれに容喙することはできません。意見を禁止する根拠を示せ!と言うと、逆に無関係者が意見できる根拠を示す方が先だろ!と言い返されるのは目に見えています。

大抵のマンションでこれまで当たり前のように家族が発言しているのは、一つに区分所有者の代理人としての扱いと(民法99条以下)、もう一つは、先に回答申し上げた理事会の承認を得て総会に参加する(標準管理規約45条第1項)という仕組みがあるからです。
この二つが発言できる法的な根拠になります。

ご主人から代理委任を拒否され代理人であることを主張できないとすれば、二番目の理事会承認による参加には多少の反論が可能かもしれません。

「理事会は、従来から総会への家族の参加と意見陳述を認めてきたという経緯がある。
これは、管理規約第45条第1項に基づく理事会の承認が包括的かつ経常的に行われていたことに他ならず、今後も総会運営上継続が期待されているものである。
なのに、今回に限り特定の人物のみの意見陳述を遮るのは承服しがたい。
ついては、その合理的な理由を示されたい。」
といった質問なら筋が通るかもしれません。マンション管理士さんとよくご相談ください。

しかし、ご主人がなんとか穏便に済まそうとされているご様子ですし、
どのようなご事情があるのか全く分かりませんが、このまま突っ走りますか?
ご主人の対面もあります。
突っ走るのも人生、一歩退くのも人生。冷静なご判断を切に願います。
希わくはtamiさんに祝福あらんことを…。

Blavetakiyasuさま
貴重なご回答を賜り厚くお礼申し上げます。

発言をさせて戴けるかもしれない法的根拠をご教示くださり誠に有り難うございます。
主人と意思疎通が叶わない場合に備えてご回答賜りました内容をマンション管理士様へお伝えいたします。まとまりきらずに悶々としていました処に救われました。
主人へ総会議日までに議案の内容に関しまして当サイトの皆様のご回答、マンション管理士様にご助言を賜り出来る限りを伝える事が出来ればと思います。深くご回答を賜り胸に詰まる思いでございます。有り難うございました。

どのような質問や意見をされたのかわかりませんが、そもそも総会は意見を述べる場ではなく議決を取る場ですので、私としては区分所有者かどうかに関わらず、意見を述べられることや議案に関係のない質問をされると不愉快に思います。
意見があるのであれば総会の前に意見を出して頂きたい。もしくは理事になって頂きたい。マンションの管理規約によっては区分所有者と同居の配偶者や家族も理事になれる所はあります。

まりさま ご回答有り難うございます。総会前に意見を提出する文書をまとめている最中です。理事に成らせてもらえない現状です。マンション管理士様を探して相談をと考えていますが個人の依頼をお受けいただけるのか不安な現状です。

tamiさん、個人の相談も受け付けてくれますよ。最初の相談が無料の所もあるので探してみてください。

まりさま ご助言、励ましを賜り厚くお礼申し上げます。マンション管理士様へ相談内容をメール送信させて戴きます。有り難うございました。

修繕委員会の委員長はその職責だけでは理事会の役員ではありませんのでその言葉を気にすることはないのではないでしょうか。理事会の役員に直接質問をしてみたらどうでしょうか。役員には誠実義務がありたとえ区分所有者ではなくともその配偶者の質問に答えることはできるのではないでしょうか。区分所有者以外の人間が質問した場合、「その質問に答えてはならない」ということはないと思います。もちろん法律上、答える義務はないといわれればそれまでですが。

ご主人さまを通じて役員に質問するという方法があると思うのですがご主人さまはその質問自体に反対なのでしょうか。質問の内容が不明ですので何とも言えないところですが、仮に不正取引にからむものなら監事に監査を依頼することもできると思います。私どもの管理組合ではその辺はオープンです。以前、区分所有者でない女性からの指摘で駐輪場料金の引き落とし漏れが発見されたこともあります。権限があるとかないとか法律上はどうだとかはよほどこじれた時にでる話です。

ポトスの葉さん
ご回答くださり有り難うございます。大変励まされました。
直近に控えています臨時総会の議案に関します件を当サイトとマンション管理士さんへの相談をさせて戴いて、改めて主人へ話してみようと思います。そう思います一方で、私のコミュニケーション不足と、主人のせっかちな性格が災いして聞いてもらえない状況になってしまう恐れが有る現状です。

当マンション管理組合も、ポトスの葉さまのお住いのマンションの様にオープンな雰囲気を作る事が出来れば良かったのですが、私はうまくお伝えすることが出来ませんでした。

私は前期の理事会で、理事会役員の主人の代理で管理会社から提出を受ける収支報告書に関して書面を準備の上、お話させて戴いた事が有ります。その内容をまとめなおし、当サイトで今一度、内容毎にお伺いをさせて戴ければと思っています。
当時を振り返りますと、収支報告書に関して複数有りました内容を協議をさせて戴きましたが、3:2で負けてしまいました。
3名の方は日常生活に煩雑な事は取り組みし難い。ご様子でした。
その日の理事会は、その次の理事会でもう1度話す機会を戴けませんかとお伺いをしましたが理事様方から回答の声は上がる事なく終わりました。
会計担当1名様はお力になってくださいました。当日は理事会議後の修繕費用の組合預金の払い戻し請求書の銀行員捺印まで同伴をくださいました。
私は翌日に、管理員と修繕委員長の2人から「理事長の妻には何の権限もない。これ以上妻(私)が理事会に同席するなら、臨時総会を開いて役員を降りてもらう。」とまで言われてしまい、その後、管理員には「私が次の理事会に出席を行った場合におかしいことになる。」とまで言われてしまいました。次の理事会に私は出席しませんでした。気にせずに、次の理事会にも出れば良かったと心の底から思います。覆水盆に返らずです。
次の理事会では主人は何度も管理員から「管理会社との溝を深めた」と責められたそうです。

私はこれまでの職務経験上、プレゼンテーションを行ったことや、営業経験がなく、これまで近所付き合いをして来なかった事や、コミュニケーション不足、文章の書き方の拙さなど、私の能力不足が重なり、主人に、前期の理事会で述べた内容を文字にして印刷した書面を見てもらって話を聞いてもらおうとしたのですが、拒否されてしまい見てもらえなかった状況があります。

管理会社から提出を受ける収支報告書や、総会の資料はわかりにくいです。そのわかりにくさを改善する事が出来ればと思っていました。整合性がとれない問題点が有ります。
1度諦めたのですが、先日臨時総会の案内があり、諦めきれない思いが蘇ります。

今期に入り、修繕委員会の委員長には伝わらなかった内容を、他の委員の方、今期の理事会役員の数名のお話を聞き入れていただけそうな方へ、今期が始まって3カ月目迄、数度、お手紙を綴りましたが、端的に迷惑していると提案を却下されてしまいました事がありました。その後、主人は、今期の理事長と修繕委員長に宛て私が会計の確認に関してこれ以上管理組合に話をしない様に約束をした様です。

わたしの拙い文章の書き方から、私が用意した内容や、お伝えしたかった事は曲がって伝わっている。または、拒否されて読まれていない様に思います。
当サイトに載せきれない内容、お伝えしきれない事が有ります。
雑文大変申し訳ございません。ご回答いただけました事に感謝いたします。有り難うございます。

回答がありません。