←トップへ戻る

情報の共有をすれば。無関心つけのあと払い(管理組合の愚かな現実実態シリーズ)

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

情報の共有をすれば。無関心つけのあと払い(管理組合の愚かな現実実態シリーズ)
マンションに住むは戸建てと違って、間取りが同じと共に共有部を共有して管理組合で共同管理をする良い環境を持っています。従って上手くコミュニティーを作り、交流活発情報を共有すれば、共同体しての助け合いが上手く行く条件を持っており、より良きマションライフが過ごせる思いが有ります。
ある日我が家の玄関の鍵が開きませんので家に入れなくなりました。管理人に聞いて他戸でも同じ現象が有って、その対応で管理人室に「解錠の潤滑剤」用意されており借用し解錠が出来ました。
しかし一度なるとその後も開かなくなるが繰り返すので、解錠が不可能になってからでは遅い懸念で鍵屋呼んで新規に交換をしました。
こうした体験をして、マンションは玄関入り口の扉一つしか無い点は、セキュリティーからは利点だが、逆に鍵壊れて困窮するので、その不安からそこで新たに驚愕するに、交換代が4万円もかかりました。もし入れなったらば、鍵開け費用も掛かります。どこに頼んでも同じで鍵交換費用が高いは緊急性によります。
ここで思うに
1、鍵に限らずに物は壊れると云う事である認識に欠けていた。
2、当方の鍵は、ダブルロックで高級のディンプルキー式は、ピッキングには強いが、逆に構造が複雑で、従来からの玉座(インテグラル錠、円筒錠)タイプよりも故障するし寿命が短い欠点が有ります。要因は湿気とゴミの蓄積でした。
3、当方には戸数が多く多様な人材がいるのに、そうして助け合う人材や今回の苦い経験情報を蓄積共有公開されていれば・・・これほどに一人で困る事も無かった。
4,事前対策として、分かった事は、この鍵は「壊れる前に事前に交換をするには、素人でも簡単に出来る」事が判明。(ドライバー一本使える人ならば出来ます)鍵開けはプロでも難関です。
5,「転ばぬ先の杖」、各戸同じ鍵に付き、管理組合で交換部品と交換マニュアルを事前に用意しておけば、困窮せずに安心が得られます。
鍵に限らずにこうした問題は山積だがこうした体験した情報を共有して体制を作っておけばと思うも、我が方は整っていないので苦悩中です。
現実の現場の実態を知っていただき、一寸した心がけで良くなる事を伝えたい思いからです。
さてさて皆様方は如何ですか?こうした事を具現して実施をしている良い思案をお教え願います。

みんなの回答

ポッターアンクルさん、こんにちは。

 帰ったら、家の鍵が開かない、なんてものすごく焦りますよね!。
コメント見て、我が家の鍵に油さしておきました。ありがとうございます。

 当マンションは、今年度「将来を検討する会」が設置されました。共同体の解消に向う会ですが、皆さんの関心度アップ、という・・。まだ先の話ですが、大きなつけが廻ってきませんように(願望です)。

以前に「ぺっちゃ」さんの名前でも投稿していたCIP大好きな暇老人さんですね。
自称、弱小新聞社の元社長をされていたとのことですが、いつも1000字の文字制限一杯に書き込む意味不明の文書は読むだけで疲れます。

以前に「ぺっちゃ」さんの名前でも投稿していたCIP大好きな暇老人さんですね。
自称、弱小新聞社の元社長をされていたとのことですが、いつも1000字の文字制限一杯に書き込む意味不明の文書は読むだけで疲れます。

ポッターアンクルさん、こんにちは。

 帰ったら、家の鍵が開かない、なんてものすごく焦りますよね!。
コメント見て、我が家の鍵に油さしておきました。ありがとうございます。

 当マンションは、今年度「将来を検討する会」が設置されました。共同体の解消に向う会ですが、皆さんの関心度アップ、という・・。まだ先の話ですが、大きなつけが廻ってきませんように(願望です)。

回答がありません。