←トップへ戻る

登記事項証明書

管理業の委託

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

正確な所有者による総会の開催を求めて、理事長が、登記事項証明書を取り、管理会社に送付したところ、「プライバシーの問題に差し障る」と受け取りを拒否されたそうですが、そういうものなのですか?

みんなの回答

 登記事項証明書は、誰でも入手できる情報なので、どういう事情で「プライバシーの問題に差し障る」のか理解しかねます。
 プライバシー問題でよくあるのは、家族状況や勤務先・連絡先等も記載している組合員名簿ですが、登記事項証明書はこうした情報とは無関係です。
 理事長を通じて管理会社に問い合わせてみてください。

 ところで、総会の議決権を持つ区分所有者は、登記名義人でなければならないという判例があります(神戸地裁平成13.1.31)。
 複数の住戸を所有する区分所有者の方々が、それぞれに実母や長女夫婦を住まわせ、住んでいる者が実質上の所有者だとして、実母や長女も議決権を有し定数にも含まれると主張したところ、
実質上の所有者であるか否かは容易に知り得ないので、管理組合が誰に議決権の行使をさせるかを決する基準は、「画一的で明確性のある登記簿上の記載によるのが相当」とされて、あっさり退けられました。
 この判決を見て、総会を招集する度に登記名義人を確認しないといけないのかと青くなった理事長もいると聞きます。(そこまでは必要ありませんけど…。)

 要するに、総会に参加し議決権を行使できるのは誰かという意味で、登記名義人は決定打になりますから、管理会社がこれを把握していない筈がありません。
 というより、管理会社も管理組合も、しっかりと登記名義人を確認したうえで、組合員名簿を作成しておかなければならないのは言うまでもないことだと思います。

丁寧なご回答、本当に有難う御座いました!

 登記事項証明書は、誰でも入手できる情報なので、どういう事情で「プライバシーの問題に差し障る」のか理解しかねます。
 プライバシー問題でよくあるのは、家族状況や勤務先・連絡先等も記載している組合員名簿ですが、登記事項証明書はこうした情報とは無関係です。
 理事長を通じて管理会社に問い合わせてみてください。

 ところで、総会の議決権を持つ区分所有者は、登記名義人でなければならないという判例があります(神戸地裁平成13.1.31)。
 複数の住戸を所有する区分所有者の方々が、それぞれに実母や長女夫婦を住まわせ、住んでいる者が実質上の所有者だとして、実母や長女も議決権を有し定数にも含まれると主張したところ、
実質上の所有者であるか否かは容易に知り得ないので、管理組合が誰に議決権の行使をさせるかを決する基準は、「画一的で明確性のある登記簿上の記載によるのが相当」とされて、あっさり退けられました。
 この判決を見て、総会を招集する度に登記名義人を確認しないといけないのかと青くなった理事長もいると聞きます。(そこまでは必要ありませんけど…。)

 要するに、総会に参加し議決権を行使できるのは誰かという意味で、登記名義人は決定打になりますから、管理会社がこれを把握していない筈がありません。
 というより、管理会社も管理組合も、しっかりと登記名義人を確認したうえで、組合員名簿を作成しておかなければならないのは言うまでもないことだと思います。

丁寧なご回答、本当に有難う御座いました!

回答がありません。