←トップへ戻る

2年前に承認された理事会細則

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

『理事が事情により理事会に出席できない場合、代理人による出席者がいない場合で且つ、理事会の議事が事前に理事に通知されている場合に限り、理事長は理事会に参加できない理事の申し出により、その理事が出席したものとみなし会議の定足数を加えるものとする。但し、その場合、当該理事に議決権はないものとする。』
        
意味、わかりますか?
管理会社のフロントが作成しました。
議題や議案でなく「議事」の事前通知です。
実際は、欠席しても、出席取扱い行使書に名前を書いておくだけで、出席となります。
なぜか、監事も出してます。(笑)
理事9人ですが、来たのは3人ってことも。
理事会決議も結局、何人で決するのか不明です。
この条文、細則として成立すると思われますか?

みんなの回答

 私が深刻だなーと思ったのは、管理会社でありながら、細則の立案者が理事会の決議がどのようにして行われるかを全く理解できていないことです。
 ご記載の文面が条文そのものであるとすれば、完全に素人の作文です。
 細則だから大目に見たとしても、定足数にカウントしつつ議決権を与えないというのは、観客席に案内しておきながら試合は見ちゃだめと言うに等しく、どうかしています。

 根本が間違っているので、理解不能な理事会運営になるのは目に見えています。
 例えば、理事会は半数以上の出席で成立し、議事は出席理事の過半数で決しますから、9人中3人がリアル出席で6人がみなし出席であれば、出席者が9人になる一方で賛成者は最高3人にしからならず、永遠に決議は成立しません。
 こんな単純なことも想定できないなんて、仰るとおり本物のポンコツです。この細則は無効として、もう一度根本から作り直すべきだと思います。

本当に、ありがとうございます。
心より感謝申し上げます。
理事会細則は原文のままです。
無効との申し入れをしましたが、無視されています。
管理会社は、総会の召集期日の数え方も知らず、単純なミスとはいえ、「午後10時~正午」となっていました。オールナイト?(笑)
臨時総会の議事録には、「通常総会の開会が宣言された」と記載され、チェック機能が働いていません。こんなことばかり。
残念すぎる管理会社ですが、フロントは前任者も現在の人もマンション管理士の資格を持っています。
管理会社そのものを何とかしたいのですが、また、別のところでご相談させていただければと存じます。

 ご心配のとおり、この細則には根本的な問題があると思います。
 
 議案の通知がなされている理事が欠席する場合に、当該理事の申し出があれば出席とみなすというところまではなんとか容認できても、出席とみなされた理事に議決権を認めないということはあり得ません。
 「みなす(看做す)」というのは、欠席している理事を出席している理事と絶対的に同一なものとして扱うということなので、貴マンションの細則では出席理事に議決権を認めないことになってしまい自己矛盾を起こしています。理論的に成り立たず、当該細則は無効と判断されるのが適切と思料します。

 こういう場合は、書面による決議(標準管理規約53条関係コメント④)が一番確実ですが、他の理事(監事は不可)に議案の賛否を委任しておくという手もありかと思います。

お返事、ありがとうございます。
議事録を閲覧したら、以前、理事3人で勝手に理事会を開催していたことがあり、その時の理事長と管理会社フロントが相談し、総会議案にしたのが、先の細則なのです。
理事会を成立させることが目的です。
理事会の後、理事会議事録に記載される出席者や出席人数を削除し、『理事会からのお知らせ』として組合員に配布されています。
何人で話し合い、どのような経緯で可決されたか等は、全くわからない議事録になっていますが、無関心な人が多いです。
理事が「理事会の権限」と言い、思い付いた物を購入したり、わずか16%の世帯が出席した親睦会の費用を、組合運営費として計上し支出しています。
フロントが私物のカードでパーティーグッズを買い揃えていました。
不適切なこと、オンパレードです。
理事の役割は、理事会に出席し、協議し、議決権を行使することだと思っています。
しかも、事前通知された場合・・という条件は、「議案」「議題」ではなく、『議事』。
議事とは「会合して相談すること。その内容」なので、理事会後の議事録なら意味が通じますが、理事会前に議事をどう通知できるのか?
日本語としておかしいと感じます。
時空を越える?・・管理会社が素案を作成していますが、いつも議事録や掲示物は意味不明な文言で酷いです。
管理会社、ポンコツかも知れません。😓

総会、理事会の成立要件を満たすための苦肉の策だと思います。マンション規模が50戸以下となっているのですが理事9人は多いように思います。
一般的には15戸で一人位なので理事を減らしてもよいと思います。総会、理事会の成立要件は組合員の過半数なので理事の出席は問われないと思います。
私どものマンションでは、コロナ対策で理事長と監事だけを出席させて理事には委任状対応で欠席してもらっています。(密をさけるため)
規約の議事録署名人は理事ではなくてもできるように議長が出席者より二名指名に変更しました。
フロントを追求することより所有者に関心を持っていただくことを考えたほうが良いと思います。
理事9人も通常の倍なので理事なら欠席しないだろうと増やされたのでしょうか?
会議の定数に加えて議決権なしというのは総会を成立させて議案を成立しやすくさせるためだと推測されます。
ただこの方法でも普通決議は乗り切れても特別決議は成立が難しいと思います。
普通決議出席者(委任状含む)の過半数
特別決議組合総数の3/4なので
根本的な解決になっていないと思います。
すいません総会細則と思ったら理事会の細則ですね。
細則を変更するにも総会にて普通決議が必要です。
理事会細則ですとフロントの悪意も感じます。理事会を成立しやすくし議決権をなくし(賛成)になると思うので欠席者が多いと議案が可決されます。五名の欠席があればすでに成立していることになります。

申し訳ありません。
初めて投稿したのですが、あちこち間違えていました。
大規模修繕ではないですし、タワーマンションで155住戸、商業施設が1店舗入っている複合型です。
言い訳ですが、老眼が進んでいるため、お許しください。

 ご心配のとおり、この細則には根本的な問題があると思います。
 
 議案の通知がなされている理事が欠席する場合に、当該理事の申し出があれば出席とみなすというところまではなんとか容認できても、出席とみなされた理事に議決権を認めないということはあり得ません。
 「みなす(看做す)」というのは、欠席している理事を出席している理事と絶対的に同一なものとして扱うということなので、貴マンションの細則では出席理事に議決権を認めないことになってしまい自己矛盾を起こしています。理論的に成り立たず、当該細則は無効と判断されるのが適切と思料します。

 こういう場合は、書面による決議(標準管理規約53条関係コメント④)が一番確実ですが、他の理事(監事は不可)に議案の賛否を委任しておくという手もありかと思います。

お返事、ありがとうございます。
議事録を閲覧したら、以前、理事3人で勝手に理事会を開催していたことがあり、その時の理事長と管理会社フロントが相談し、総会議案にしたのが、先の細則なのです。
理事会を成立させることが目的です。
理事会の後、理事会議事録に記載される出席者や出席人数を削除し、『理事会からのお知らせ』として組合員に配布されています。
何人で話し合い、どのような経緯で可決されたか等は、全くわからない議事録になっていますが、無関心な人が多いです。
理事が「理事会の権限」と言い、思い付いた物を購入したり、わずか16%の世帯が出席した親睦会の費用を、組合運営費として計上し支出しています。
フロントが私物のカードでパーティーグッズを買い揃えていました。
不適切なこと、オンパレードです。
理事の役割は、理事会に出席し、協議し、議決権を行使することだと思っています。
しかも、事前通知された場合・・という条件は、「議案」「議題」ではなく、『議事』。
議事とは「会合して相談すること。その内容」なので、理事会後の議事録なら意味が通じますが、理事会前に議事をどう通知できるのか?
日本語としておかしいと感じます。
時空を越える?・・管理会社が素案を作成していますが、いつも議事録や掲示物は意味不明な文言で酷いです。
管理会社、ポンコツかも知れません。😓

 私が深刻だなーと思ったのは、管理会社でありながら、細則の立案者が理事会の決議がどのようにして行われるかを全く理解できていないことです。
 ご記載の文面が条文そのものであるとすれば、完全に素人の作文です。
 細則だから大目に見たとしても、定足数にカウントしつつ議決権を与えないというのは、観客席に案内しておきながら試合は見ちゃだめと言うに等しく、どうかしています。

 根本が間違っているので、理解不能な理事会運営になるのは目に見えています。
 例えば、理事会は半数以上の出席で成立し、議事は出席理事の過半数で決しますから、9人中3人がリアル出席で6人がみなし出席であれば、出席者が9人になる一方で賛成者は最高3人にしからならず、永遠に決議は成立しません。
 こんな単純なことも想定できないなんて、仰るとおり本物のポンコツです。この細則は無効として、もう一度根本から作り直すべきだと思います。

本当に、ありがとうございます。
心より感謝申し上げます。
理事会細則は原文のままです。
無効との申し入れをしましたが、無視されています。
管理会社は、総会の召集期日の数え方も知らず、単純なミスとはいえ、「午後10時~正午」となっていました。オールナイト?(笑)
臨時総会の議事録には、「通常総会の開会が宣言された」と記載され、チェック機能が働いていません。こんなことばかり。
残念すぎる管理会社ですが、フロントは前任者も現在の人もマンション管理士の資格を持っています。
管理会社そのものを何とかしたいのですが、また、別のところでご相談させていただければと存じます。

総会、理事会の成立要件を満たすための苦肉の策だと思います。マンション規模が50戸以下となっているのですが理事9人は多いように思います。
一般的には15戸で一人位なので理事を減らしてもよいと思います。総会、理事会の成立要件は組合員の過半数なので理事の出席は問われないと思います。
私どものマンションでは、コロナ対策で理事長と監事だけを出席させて理事には委任状対応で欠席してもらっています。(密をさけるため)
規約の議事録署名人は理事ではなくてもできるように議長が出席者より二名指名に変更しました。
フロントを追求することより所有者に関心を持っていただくことを考えたほうが良いと思います。
理事9人も通常の倍なので理事なら欠席しないだろうと増やされたのでしょうか?
会議の定数に加えて議決権なしというのは総会を成立させて議案を成立しやすくさせるためだと推測されます。
ただこの方法でも普通決議は乗り切れても特別決議は成立が難しいと思います。
普通決議出席者(委任状含む)の過半数
特別決議組合総数の3/4なので
根本的な解決になっていないと思います。
すいません総会細則と思ったら理事会の細則ですね。
細則を変更するにも総会にて普通決議が必要です。
理事会細則ですとフロントの悪意も感じます。理事会を成立しやすくし議決権をなくし(賛成)になると思うので欠席者が多いと議案が可決されます。五名の欠席があればすでに成立していることになります。

申し訳ありません。
初めて投稿したのですが、あちこち間違えていました。
大規模修繕ではないですし、タワーマンションで155住戸、商業施設が1店舗入っている複合型です。
言い訳ですが、老眼が進んでいるため、お許しください。

回答がありません。