←トップへ戻る

EV充電設備の決議方法

管理規約

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

前期まで理事会役員をしていた者です。
来客用駐車場へEV普通充電設備の導入を検討し、総会では以下の理由から普通決議で決議することにしていました。

◆EV 普通充電設備の設置はマンション駆体に大きな変更を与えず、共用部分の軽微な変更に相当するもので、細則の改訂で対応可能と判断。
◆来客用駐車場の増改築工事は行わないので附帯施設の形状変更は無し。
◆設置費用は、国と東京都の補助金により賄うことを前提とし、管理組合の出費は最小限に抑えられる。
◆EV充電設備の運用は、受益者負担とすることで利用しない住民負担は無し。
◆EV 充電設備により、マンションとしての資産価値が向上することが予想される。
◆EV 充電設備により、将来的に大規模停電が起こった場合の防災対策として活用することが期待でき、全区分所有者にメリットがあると判断した。

しかしながら、総会2週間前に臨時招集した理事会の場において、管理会社から「本件は管理規約の別表に追記される事案のため、特別決議が妥当」という報告を受け、その場でそれを審議する時間もなく、結果的には70%以上の決議を得ながら特別決議の要件(75%)を超えることができずに否決されました。

総会後も何故、本件が特別決議にされたのか納得ができず、特別決議とした根拠をフロントマンへ質問しましたが、総会が1ヶ月以上経過してから次のような見解を示しました。
① 電気自動車充電設備をどの程度の区分所有者様が利用するのか現時点では不明
② 来客用駐車スペース兼充電スペースとなることにより、来客用駐車スペース利用者へ相応の影響を及ぼすことが予想される。
③ 電気自動車充電設備をこの時点で導入をする必要があるのかについて、意見が分かれると予想される。

ということですが、これでは納得できません。
また現在の理事会も、管理会社の言い分を鵜呑みにして、対応には非常に消極的です。
そこで次のようなことを相談したいのです。

管理会社の対応は、論点すり替えと、顧問弁護士の判断を仰いでいるという回答ばかりで、未だに明確な根拠も一切示してくれません。
理事会もEV充電設備に反対派が多いためか、こちらが提出した管理会社への質問と要望事項なども受け入れてもらえていません。
こうした管理会社も理事会も対応を拒まれた場合、区分所有者としてはどう対処すればいいでしょうか?

みんなの回答

管理会社が「特別決議」と主張する根拠は以下の2つですが、いずれも「普通決議」で可能です。

1.EV充電スタンドの設置自体が「特別決議」との主張
管理会社の①〜③の主張では「特別決議」とする理由にはならず、単純過半数の「普通決議」で問題ありません。
実際に、国土交通省作成「改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル(平成 22年 7月改訂) では、特別決議議案が必要と考えら れるケースについて、具体的な事例も含め詳細に記述されておりますが、それを見ても「特別決議」には該当しません。
さらに、「既存の分譲マンションへの電気自動車充電設備導入マニュアル(社)マンシ ョ ン 計 画 修 繕 施 工 協 会 ) で も 「 普 通 決 議 で よ い 工 事 と 明 記 さ れ て お ります。

2.EV充電スタンド設置は管理規約の別表に追記されるため、「特別決議」が必要との主張
確かに管理規約の別表に追記する場合は、「特別決議」が必要となります。
当方のマンションでも同じような問題提起がありましたことから、他マンションの事例等も検討し、EV充電スタンドについては管理規約の別表とせず、新たに「EV充電スタンド使用細則」を作ることで普通決議としました。

当方のマンションでは上記の対応で「普通決議」で採決し、2台の充電スタンドを設置しましたが、東京都と国の補助金の交付を受けることで、非常く安く導入できました。
上記手続きは、全て管理会社にやって貰いましたが、お役所相手なので、大変な工数がかかるので、「カズさん」の管理会社がEV充電スタンド設置を避けたいのだと思います。

カズさん こんばんは
貴方は今期の理事会役員でないため、現理事会にお願いして
議案として討議してもらい、総会に上程してもらうしか
術がないと思います。
前期の総会で特別決議になっても大丈夫なように、
理事会役員として委任状や決議行使書をより多く集めるべきでした。
現理事会が消極的であるなら、なす術はないと思います。

maikuro3さん
コメントありがとうございます。

ただ今回、総会の2週間前まで理事会では本件は普通決議で通るものと考えていました。
それは事前のアンケート調査でも65%の賛成を得られていたからです。(実際、決議でも72%は得られていました)
しかしながら、それが2週間前になって、唐突に管理会社から決議方法が変更になるという連絡を受け、それに対処する時間がなかったことが非常に残念です。

カズさん おはようございます。
>総会の2週間前まで理事会では本件は普通決議で通るものと考えていました。
議案書を区分所有者さんに配付前に理事会が決議したことを、管理会社が勝手に
普通決議から特別決議に変更したとのことでしょうか。
それでも、総会が終わり否決された事実は変わりません。
2週間前で時間がなかったと述べられていますが、どうしても
議案を通したければ、総会前の2~3日で特別決議に
対応できるように理事さんが協力して委任状を集めるべきでした。

Ev充電設備自体の設置は普通決議で構わないと思います。しかし、管理規約の別表に記載するため規約の変更になると管理会社は解釈しているものと思います。理事会でもう一度十分議論すべきではないでしょうか。

Okさん
コメントありがとうございます。

最終的に決議方法を決めるのは、管理会社ではなく、理事会だと思っています。
管理会社はあくまでも理事会運営をサポートするもので、適切なフォローをしてくれるものと考えています。
なので、総会2週間前ではなく、もっと早い段階から管理会社の見解を理事会に伝えてくれていれば、こうしたことは起きなかったと思うんです。
管理会社が示す根拠も、そもそも総会前には一切説明なかったものです。

管理会社は住民同士が揉めるのを嫌うのでそういう対応をするのだと思います。だから③の回答があった。
①に関しては事前に住民にアンケートを取ればわかると思います。②については別の場所を候補としたら良いのかも知れません。
アンケートを取り、管理会社の言い分をもう一度確認し、議案を修正した上で再度上程されたらいかがでしょうか。また、その顧問弁護士を理事会に出席してもらうことも出来るはずなので呼んだら良いと思います

コメントありがとうございます。

理事会が住民同士が揉めるのを嫌うために意図的に特別議決として慎重になることもあるかもしれません。
ただ、理事会ではEVを利用しない住民にも特に不利益なことはなく、共用部の大きな変更もない(つまり細則で対応可能)と判断していたので、普通決議で上程できると考えていました。
その審議過程を知っている管理会社が総会直前になって、規約の変更が必要だから特別議決になるというのはおそすぎるのでは?と感じました。

①〜③を理由としているのなら、もっと早い時点から伝えてもらいたかったですし、それに対してきちんと議論もできたと思います。

①については総会の半年ぐらい前にアンケートを取り、条件つきも含めれば65%以上の賛成がありました。
②については、来客用予約と同じルール(先着順、1日あたりの利用時間と回数の制限)で対応するため、来客利用者への影響もないように運用細則を変えることを前提としていました。
③についても、結果的に総会で70%以上の議決はありました。

なお、管理会社は総会1ヶ月後になって、ようやく①〜③の理由を示しましたが、それ以降の回答(合理的な根拠)は答えようとしてくれません。
現在の理事長も本件については消極的なので、議決方法の根拠を聞きたくても聞けずに困っています。

管理会社が「特別決議」と主張する根拠は以下の2つですが、いずれも「普通決議」で可能です。

1.EV充電スタンドの設置自体が「特別決議」との主張
管理会社の①〜③の主張では「特別決議」とする理由にはならず、単純過半数の「普通決議」で問題ありません。
実際に、国土交通省作成「改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル(平成 22年 7月改訂) では、特別決議議案が必要と考えら れるケースについて、具体的な事例も含め詳細に記述されておりますが、それを見ても「特別決議」には該当しません。
さらに、「既存の分譲マンションへの電気自動車充電設備導入マニュアル(社)マンシ ョ ン 計 画 修 繕 施 工 協 会 ) で も 「 普 通 決 議 で よ い 工 事 と 明 記 さ れ て お ります。

2.EV充電スタンド設置は管理規約の別表に追記されるため、「特別決議」が必要との主張
確かに管理規約の別表に追記する場合は、「特別決議」が必要となります。
当方のマンションでも同じような問題提起がありましたことから、他マンションの事例等も検討し、EV充電スタンドについては管理規約の別表とせず、新たに「EV充電スタンド使用細則」を作ることで普通決議としました。

当方のマンションでは上記の対応で「普通決議」で採決し、2台の充電スタンドを設置しましたが、東京都と国の補助金の交付を受けることで、非常く安く導入できました。
上記手続きは、全て管理会社にやって貰いましたが、お役所相手なので、大変な工数がかかるので、「カズさん」の管理会社がEV充電スタンド設置を避けたいのだと思います。

Ev充電設備自体の設置は普通決議で構わないと思います。しかし、管理規約の別表に記載するため規約の変更になると管理会社は解釈しているものと思います。理事会でもう一度十分議論すべきではないでしょうか。

Okさん
コメントありがとうございます。

最終的に決議方法を決めるのは、管理会社ではなく、理事会だと思っています。
管理会社はあくまでも理事会運営をサポートするもので、適切なフォローをしてくれるものと考えています。
なので、総会2週間前ではなく、もっと早い段階から管理会社の見解を理事会に伝えてくれていれば、こうしたことは起きなかったと思うんです。
管理会社が示す根拠も、そもそも総会前には一切説明なかったものです。

管理会社は住民同士が揉めるのを嫌うのでそういう対応をするのだと思います。だから③の回答があった。
①に関しては事前に住民にアンケートを取ればわかると思います。②については別の場所を候補としたら良いのかも知れません。
アンケートを取り、管理会社の言い分をもう一度確認し、議案を修正した上で再度上程されたらいかがでしょうか。また、その顧問弁護士を理事会に出席してもらうことも出来るはずなので呼んだら良いと思います

コメントありがとうございます。

理事会が住民同士が揉めるのを嫌うために意図的に特別議決として慎重になることもあるかもしれません。
ただ、理事会ではEVを利用しない住民にも特に不利益なことはなく、共用部の大きな変更もない(つまり細則で対応可能)と判断していたので、普通決議で上程できると考えていました。
その審議過程を知っている管理会社が総会直前になって、規約の変更が必要だから特別議決になるというのはおそすぎるのでは?と感じました。

①〜③を理由としているのなら、もっと早い時点から伝えてもらいたかったですし、それに対してきちんと議論もできたと思います。

①については総会の半年ぐらい前にアンケートを取り、条件つきも含めれば65%以上の賛成がありました。
②については、来客用予約と同じルール(先着順、1日あたりの利用時間と回数の制限)で対応するため、来客利用者への影響もないように運用細則を変えることを前提としていました。
③についても、結果的に総会で70%以上の議決はありました。

なお、管理会社は総会1ヶ月後になって、ようやく①〜③の理由を示しましたが、それ以降の回答(合理的な根拠)は答えようとしてくれません。
現在の理事長も本件については消極的なので、議決方法の根拠を聞きたくても聞けずに困っています。

カズさん こんばんは
貴方は今期の理事会役員でないため、現理事会にお願いして
議案として討議してもらい、総会に上程してもらうしか
術がないと思います。
前期の総会で特別決議になっても大丈夫なように、
理事会役員として委任状や決議行使書をより多く集めるべきでした。
現理事会が消極的であるなら、なす術はないと思います。

maikuro3さん
コメントありがとうございます。

ただ今回、総会の2週間前まで理事会では本件は普通決議で通るものと考えていました。
それは事前のアンケート調査でも65%の賛成を得られていたからです。(実際、決議でも72%は得られていました)
しかしながら、それが2週間前になって、唐突に管理会社から決議方法が変更になるという連絡を受け、それに対処する時間がなかったことが非常に残念です。

カズさん おはようございます。
>総会の2週間前まで理事会では本件は普通決議で通るものと考えていました。
議案書を区分所有者さんに配付前に理事会が決議したことを、管理会社が勝手に
普通決議から特別決議に変更したとのことでしょうか。
それでも、総会が終わり否決された事実は変わりません。
2週間前で時間がなかったと述べられていますが、どうしても
議案を通したければ、総会前の2~3日で特別決議に
対応できるように理事さんが協力して委任状を集めるべきでした。

回答がありません。