←トップへ戻る

議決権の内容の開示について

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

長期修繕計画の見直しについて、臨時総会が開催されました。
組合員総数の約6割が議決権を行使しましたが、その行使内容(賛成、反対、意見)について、理事会に開示の申し出をしましたが、個人情報なので、開示できないとの回答を受けました。
開示申し出理由は、その数値の正当性の確認です。
この回答事由、回答結果は正しいのでしょうか。

みんなの回答

決議事項についての議決権行使内容は個人情報なので開示できない、という不開示の理由には正当性を感じません。なぜならば、総会に参加した方は自分の議決権を皆の前で挙手等で表示されている訳で、それとの差異が説明できないからです。
但し、個人間のトラブルの元になりかねないという心配や、議決権行使者が受け取る印象によって今後の議決権行使に悪い影響を与えかねないという危惧での回答としては理解できますので、無理強いもしない方が良いと思われます。
開示請求の意図は「数値の正当性の確認」とのことですので、理事会もしくは監事さんに申し出て「開示」では無く、「正当性の説明」をお願いしてみては如何でしょうか。集計された方が誰なのか(管理会社なのか理事会か)、集計の確認は理事会もしくは監事さんが行ったのか、等の回答を戴けば質問者様のモヤモヤも晴れる、もしくは次の手立てが考えられると思いますが如何でしょうか。

つらつらと考えていたらポイントと思われることもありましたので、追記いたします。
委任状の取扱はどうなっておりますでしょうか。白紙、もしくは議長一任の委任状が多くある場合、その取扱について決めが無い場合(議長の采配・出席者の多数票に加算・出席者の賛否で振り分け、のどれかだと思います)は想定外の集計結果になることもあります。

かば先生、ご回答ありがとうございました(返答がおそくなりすみませんでした)。
個人情報として妥当性、議決権行使への影響など、わかりやすくまとめていただき、ありがとうございました。
頭の整理ができました。
また、お願い事由の方法、なるほど納得です。アプローチを変えてみます。
さらに、委任状の扱い…全く意識がありませんでした。参考にさせていただきます。

とても、丁寧なご回答、ありがとうございました。

賛成数、反対数、出された意見を開示してほしいという事でしょうか?
過去の総会の賛成数反対数も開示されていなかったのであれば難しいと思います。
また、誰が賛成か反対かというのは集計した管理会社および理事長以外は知れないと思います。もしかしたら理事長も知らないかも知れません。

まりさん
ご回答ありがとうございました。
理事会、管理会社とも意見交換をしながら進めたいと思います。

どんちんさん  臨時総会の成立数、賛成数、反対数、棄権数の説明あると思います。総会での議決時、総会出席者の議決と結果があまりに違うようであれば、再度の説明会の開催を要望するとか? だれだれが賛成したとか反対したとか、知っても意味がないと思います。当方が理事長の時に長期修繕計画の見直し(管理組合主導で値上げ)をしましたが、圧倒的多数で可決されました。

ナオとリョウさん
ご回答ありがとうございました。
圧倒的多数で合意できるような提案にしてもらうよう、理事会とも会話をしたいと思います。

特段の理由がなければ再集計を要請するのは難しいのではないでしょうか?

楓さん
行使内容は、非開示で、理事会の発表した内容(数字)を信じるということになるのですね。
ありがとうございました。

楓さん
具体的な根拠がないといけないということですね。
ご回答ありがとうございました。

特段の理由がなければ再集計を要請するのは難しいのではないでしょうか?

楓さん
行使内容は、非開示で、理事会の発表した内容(数字)を信じるということになるのですね。
ありがとうございました。

楓さん
具体的な根拠がないといけないということですね。
ご回答ありがとうございました。

どんちんさん  臨時総会の成立数、賛成数、反対数、棄権数の説明あると思います。総会での議決時、総会出席者の議決と結果があまりに違うようであれば、再度の説明会の開催を要望するとか? だれだれが賛成したとか反対したとか、知っても意味がないと思います。当方が理事長の時に長期修繕計画の見直し(管理組合主導で値上げ)をしましたが、圧倒的多数で可決されました。

ナオとリョウさん
ご回答ありがとうございました。
圧倒的多数で合意できるような提案にしてもらうよう、理事会とも会話をしたいと思います。

決議事項についての議決権行使内容は個人情報なので開示できない、という不開示の理由には正当性を感じません。なぜならば、総会に参加した方は自分の議決権を皆の前で挙手等で表示されている訳で、それとの差異が説明できないからです。
但し、個人間のトラブルの元になりかねないという心配や、議決権行使者が受け取る印象によって今後の議決権行使に悪い影響を与えかねないという危惧での回答としては理解できますので、無理強いもしない方が良いと思われます。
開示請求の意図は「数値の正当性の確認」とのことですので、理事会もしくは監事さんに申し出て「開示」では無く、「正当性の説明」をお願いしてみては如何でしょうか。集計された方が誰なのか(管理会社なのか理事会か)、集計の確認は理事会もしくは監事さんが行ったのか、等の回答を戴けば質問者様のモヤモヤも晴れる、もしくは次の手立てが考えられると思いますが如何でしょうか。

つらつらと考えていたらポイントと思われることもありましたので、追記いたします。
委任状の取扱はどうなっておりますでしょうか。白紙、もしくは議長一任の委任状が多くある場合、その取扱について決めが無い場合(議長の采配・出席者の多数票に加算・出席者の賛否で振り分け、のどれかだと思います)は想定外の集計結果になることもあります。

かば先生、ご回答ありがとうございました(返答がおそくなりすみませんでした)。
個人情報として妥当性、議決権行使への影響など、わかりやすくまとめていただき、ありがとうございました。
頭の整理ができました。
また、お願い事由の方法、なるほど納得です。アプローチを変えてみます。
さらに、委任状の扱い…全く意識がありませんでした。参考にさせていただきます。

とても、丁寧なご回答、ありがとうございました。

賛成数、反対数、出された意見を開示してほしいという事でしょうか?
過去の総会の賛成数反対数も開示されていなかったのであれば難しいと思います。
また、誰が賛成か反対かというのは集計した管理会社および理事長以外は知れないと思います。もしかしたら理事長も知らないかも知れません。

まりさん
ご回答ありがとうございました。
理事会、管理会社とも意見交換をしながら進めたいと思います。

回答がありません。