←トップへ戻る

専門委員会設立について

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

当マンション築2年で150戸程度です。管理組合理事6名で、月1で理事会を行なっています。
コロナ禍の為、第1期理事会設立が遅れてしまい、現在の第2期で色々決め事をしなければならない状況です。
その中で専門委員会の活用についてどうかと思いました。
設立にはメリットデメリットありそうな気がしますが、知見がなく分かりません。
詳しい方、ご教示頂けますようお願いします。

みんなの回答

色々と決め事が必要であれば、経験のある管理会社からアドバイスをもらえば良いと思います。
素人を集めた専門委員会に諮問しても時間だけがかかることから、全てを管理会社に任せましょう。

何の委員会ですか?
必要に応じて設置し、役目を終えたら解散ということもありますし、そのまま常設になる委員会もあると思います。
たとえば「修繕委員会」などは、大規模修繕の時に設置し、工事終了後に解散するとか、「園芸委員会」などは常設にするとかあります。
メリットは、理事会では手が回らない、詳しく検討する時間がない、役員の任期が限られているときなど役に立ちます。
デメリットが考えられるのでしたら、設置するときに、○○委員会細則を規定することで防げます。
どっちにしろ、専門委員会は、理事会の諮問機関であり、決議をするのは理事会であることは明確にしておくことが必要に思います。

色々と決め事が必要であれば、経験のある管理会社からアドバイスをもらえば良いと思います。
素人を集めた専門委員会に諮問しても時間だけがかかることから、全てを管理会社に任せましょう。

何の委員会ですか?
必要に応じて設置し、役目を終えたら解散ということもありますし、そのまま常設になる委員会もあると思います。
たとえば「修繕委員会」などは、大規模修繕の時に設置し、工事終了後に解散するとか、「園芸委員会」などは常設にするとかあります。
メリットは、理事会では手が回らない、詳しく検討する時間がない、役員の任期が限られているときなど役に立ちます。
デメリットが考えられるのでしたら、設置するときに、○○委員会細則を規定することで防げます。
どっちにしろ、専門委員会は、理事会の諮問機関であり、決議をするのは理事会であることは明確にしておくことが必要に思います。

回答がありません。