←トップへ戻る

専有部同士の漏水工事の調査費用を組合にあてるの?

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

素朴な疑問です

漏水箇所は専有部内台所下のエルボー配管 各世帯の水道弁以降は専有部なので
→止めたら漏水は止まりました
→管理会社立会

漏水なので下の階の専有部に被害

なので、、、、
上階 専有部→ 下の階 専有部の
専有部同士の同氏の保険やり取りと思いましたが。。。

管理会社より
配管のピンホール部修繕は専有部者
調査費用は管理組合対応、調査費で保険会社に請求
まずは組合で立て替えて下さいとの事

組合は専有部間なので、管理会社がメインで工事する場合は
ご自由にどうそのスタイルでした
注文書は交わしておりません

あれ????疑惑です
これ合ってますでしょうか?
私は専有部→専有部なので全部当事者間の争と思っております。

みんなの回答

当方のマンションでは専有部間の水漏れには管理組合(理事会)は関与しない事にしております。 
理由は関係無いからです。
漏水だとコンクリートの床(天井)に被害は発生していません。

上の階の水漏れは所有者自身が自費で修理を行います。
下の階の被害は上の階が費用負担して修繕します。
費用は上の階の住人の個人賠償保険で支払われます。 
保険に入ってなくて自己資金も使いたくなくて管理組合に救済を求められた場合に限り、下の階の被害救済目的で(免責金額は上の階の個人負担で)マンション保険で対応する用意がありますが、このケースはまだ発生していないと思います。(すべて知ってるわけではありません)
漏水対応に管理会社が出動した場合の費用は請求されたことがありません。

今後マンション保険から高額となる個人賠償特約は解約する予定です。
所有者・使用者全員へ個人賠償保険への加入を推奨しています。
自分自身が個人賠償保険に加入していることを知らないで、マンション保険の利用を要求してきた区分所有者がおりました。  

何でも組合に要求し、何でも組合で面倒を見るものではないでしょう~
結局管理費の値上げの原因になりますからね!
個人賠償保険に加入していない状態は無保険で自家用車を運転するようなものです。 
ルーズな人やマンション外の損害でも管理組合に払わせる人が出てきます。 

カレー大好きさん こんにちは
疑問はごもっともだと思います。
管理組合で加入しているマンションの火災保険に、漏水調査費が
付帯しており、それで対応したようですね。
問題は、今後このような漏水事故が多発すると、当然ですが
貴マンションで契約している火災保険料も次の契約時に値上げとなります。
現在の理事会役員さんは、それをご存じないのか加害宅の金銭的負担を
減らす意図でされたのかは不明ですが、最終的にはマンションで契約
している火災保険料の大幅な値上げになります。
私の住んでいるマンションでも、同様な漏水事故(配管のピンホールに
よる漏水事故)がありました。
私が見つけ漏水発生宅にお話しして、修繕業者により修繕してもらいました。
よって、調査費の保険会社への求償請求なし、漏水発生宅にて業者の手配、
修理、支払いをしてもらい、管理組合の負担は発生しておりません。
このような事故は、漏水発生宅で対応可能ですし、管理組合に負担をかけるのは
おかしいと思います。
私も、カレー大好きさんと同様な考えです。

管理組合の保険に個人賠償は入っていませんか?
入っているのでしたら、漏水箇所がどこかも、その修繕も、個人賠償で対応することができるのではないかと思います。
個人賠償が入っているのでしたら、それを使うなとは言えないでしょう。
万が一の時のための保険です。
また、こういう場合、こじれていなければ、当事者間の争いというのではなく、
当事者間の保証の話し合いということじゃないでしょうか。
ピンホールが原因だということは、カレー大好きさんもいつ加害者になるかわからない状態だと思います。

「専有部→専有部なので全部当事者間の争」については、両者の間の床は共用部ですので、管理組合も当事者です。
私のマンションでは、管理組合が契約しております共有部の火災保険に漏水特約が付いておりますので、全て管理組合が負担しております。

管理組合の保険に個人賠償は入っていませんか?
入っているのでしたら、漏水箇所がどこかも、その修繕も、個人賠償で対応することができるのではないかと思います。
個人賠償が入っているのでしたら、それを使うなとは言えないでしょう。
万が一の時のための保険です。
また、こういう場合、こじれていなければ、当事者間の争いというのではなく、
当事者間の保証の話し合いということじゃないでしょうか。
ピンホールが原因だということは、カレー大好きさんもいつ加害者になるかわからない状態だと思います。

「専有部→専有部なので全部当事者間の争」については、両者の間の床は共用部ですので、管理組合も当事者です。
私のマンションでは、管理組合が契約しております共有部の火災保険に漏水特約が付いておりますので、全て管理組合が負担しております。

カレー大好きさん こんにちは
疑問はごもっともだと思います。
管理組合で加入しているマンションの火災保険に、漏水調査費が
付帯しており、それで対応したようですね。
問題は、今後このような漏水事故が多発すると、当然ですが
貴マンションで契約している火災保険料も次の契約時に値上げとなります。
現在の理事会役員さんは、それをご存じないのか加害宅の金銭的負担を
減らす意図でされたのかは不明ですが、最終的にはマンションで契約
している火災保険料の大幅な値上げになります。
私の住んでいるマンションでも、同様な漏水事故(配管のピンホールに
よる漏水事故)がありました。
私が見つけ漏水発生宅にお話しして、修繕業者により修繕してもらいました。
よって、調査費の保険会社への求償請求なし、漏水発生宅にて業者の手配、
修理、支払いをしてもらい、管理組合の負担は発生しておりません。
このような事故は、漏水発生宅で対応可能ですし、管理組合に負担をかけるのは
おかしいと思います。
私も、カレー大好きさんと同様な考えです。

当方のマンションでは専有部間の水漏れには管理組合(理事会)は関与しない事にしております。 
理由は関係無いからです。
漏水だとコンクリートの床(天井)に被害は発生していません。

上の階の水漏れは所有者自身が自費で修理を行います。
下の階の被害は上の階が費用負担して修繕します。
費用は上の階の住人の個人賠償保険で支払われます。 
保険に入ってなくて自己資金も使いたくなくて管理組合に救済を求められた場合に限り、下の階の被害救済目的で(免責金額は上の階の個人負担で)マンション保険で対応する用意がありますが、このケースはまだ発生していないと思います。(すべて知ってるわけではありません)
漏水対応に管理会社が出動した場合の費用は請求されたことがありません。

今後マンション保険から高額となる個人賠償特約は解約する予定です。
所有者・使用者全員へ個人賠償保険への加入を推奨しています。
自分自身が個人賠償保険に加入していることを知らないで、マンション保険の利用を要求してきた区分所有者がおりました。  

何でも組合に要求し、何でも組合で面倒を見るものではないでしょう~
結局管理費の値上げの原因になりますからね!
個人賠償保険に加入していない状態は無保険で自家用車を運転するようなものです。 
ルーズな人やマンション外の損害でも管理組合に払わせる人が出てきます。 

回答がありません。