←トップへ戻る

機械式駐車場の電装部品交換

大規模修繕工事

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

築9年のマンションで、立体機械式駐車場の修繕工事の見積もりを管理会社から提示されています。
以下の経緯ですが、私自身は細かい技術面の話が分からずとても困っています。

電装部品のみの部品交換で1台40万円程度の交換工事という内容で、車は全台を順番に一週間程度移動させるといった大掛かりな工事になるようです。
電装部品は耐用年数が5年のものが多いと思いますが、現在の定期点検では特に不具合が頻発しているわけではありません。管理会社からは、電装系は消耗や劣化は検査などで交換すべき時期は分からず、止まってしまうと独立系の会社では部品が手に入らずに車の引き出しや稼働再開に時間を要する可能性があり、実施しておくということを勧められています。
交換部分は、落下防止装置・リミットスイッチ・ゴムスイッチ・光電センサー・ゲートワイヤー・ゲートワイヤー吊りボルト(モーター、シーケンサ)、基盤・インバーターとの記載です。
お詳しい方やご経験者の方で、以下についてお知恵をお借りできませんでしょうか。

①電装部品系の工事は、車を出して全台部品交換するといった工事が一般的なのでしょうか?
②上記の交換部品は、劣化状況に関わらず9年目程度では全て一括で交換しておくことが妥当なのでしょうか?(不具合が出た箇所のみ工事していくのでは、車が取り出せなくなったり駐車場が長期間使えなくなるなどといったリスクが高いのでしょうか?)
③この電装部品の工事で1台当たり40万円というのは妥当なのでしょうか?

みんなの回答

点検費用は安いけど、いざ修理になるとメーカーから部品を調達するので、場合によっては高額になってしまうという独立系会社のメリットとデメリットですね。
ただ独立系で点検されているということでしたら、修繕もいっそ相見積をとられたらどうでしょうか?メーカー系代理店、また独立系の代理店と少なくとも2社は見積が取れると思います。

「うどんさん」の質問に下記のように回答させていただきます。

①電装部品系の工事は、車を出して全台部品交換するといった工事が一般的なのでしょうか?
→ 耐用年数15年を過ぎた頃に電装品の劣化に起因する故障が急増しするので、設置から15年を過ぎた頃に電装部品関係だけを全台数分交換するというのは一般的だと思います。

②上記の交換部品は、劣化状況に関わらず9年目程度では全て一括で交換しておくことが妥当なのでしょうか?(不具合が出た箇所のみ工事していくのでは、車が取り出せなくなったり駐車場が長期間使えなくなるなどといったリスクが高いのでしょうか?)
→ ①に書いたように15年の耐用年数を過ぎた頃に、故障が増え住民からのクレームが増えますので、その段階で、電装品だけの全更新をするのは一般的だと思います。

③この電装部品の工事で1台当たり40万円というのは妥当なのでしょうか?
→ 単純な昇降式の電装部品だけの交換費用であれば、1パレット当たり4〜6万程度だと思いますが、「うどんさん」のマンションの機械式駐車場はインバーター、シーケンサーを使った循環式の高級な機械式駐車場のようですので、1パレット当たり10万円程度の費用がかかっても不思議はありません。
ただ管理会社からの1パレット当たり40万円の見積もりは、機械式駐車場に無知な管理組合の足元を見た法外な見積もりだと思います。
尚、40万円の見積もりの中に、ゲートワイヤー・ゲートワイヤー吊りボルト等の機械部品も入っているようですが、機械部品については定期点検で、劣化が確認されたら交換するのが一般的です。

asaka50さん、部品を全交換する時期の考え方や工事の金額について、貴重なアドバイスをいただき本当にありがとうございます。
私も交換部品ごとの情報を調べ始めていたのですが、インバーターやシーケンサーといったものが循環式のものに利用されているなど、とても勉強になりました。それらがあると部品交換も高くなるということで、それらの目安もいただきありがとうございます。
アドバイスいただいた一般的な運用で進めていくためにも、点検報告書を確認するとともに、部品ごとの用途や交換目安の考え方なども整理をしてみたいと思います。

私共のマンションでは18年目ですが、電装品のトラブルが増えてきたので、先日の総会で電装品の全面交換の実施の決議をしました。
実際に私も機械式駐車場を使っており、メーカーが言う15年間の耐用年数の間は、殆ど故障はありませんでしたが、確かに最近は電装品の故障が増え、支障が出ていましたので、総会では特に強い反対はありませんでした。
しかも費用については、100台で600万円ですので、1台当たり6万円です。

ですので「うどんさん」の10年目での電装品交換は早過ぎ、耐用年数の15年目以降までは更新はせず、万一故障したら都度交換されたら良いのではと思います。
また、電装部品の工事で1台当たり40万円は、全面更新で1台当たり100万円に比較し、あまりにも高過ぎます。

KUMIさん、貴重な事例を共有いただきまして本当にありがとうございます。
電装部品についてはメーカー耐用年数が5年のものもあるようですが、実際に不具合が出始めるのはまだ先のようですね。18年目で実施した事例があるというのはとても貴重な事例だと思いますし、私も駐車場の点検報告書を再確認し、故障が頻発しているわけではないことを確認しました。
金額については、独立系のメンテナンス業者さんであるためメーカー系のところよりは部品の値段が上がってしまったり、コロナの影響で品不足などもあるようですが、さすがにKUMIさんの事例と比較しても高すぎますよね。早期の全取替や割高な見積もりとならないのは、何か工夫をされていらっしゃるからなのでしょうか。いずれにしても、都度交換する選択肢もあるということも教えていただきありがとうございます。

私共のマンションでは18年目ですが、電装品のトラブルが増えてきたので、先日の総会で電装品の全面交換の実施の決議をしました。
実際に私も機械式駐車場を使っており、メーカーが言う15年間の耐用年数の間は、殆ど故障はありませんでしたが、確かに最近は電装品の故障が増え、支障が出ていましたので、総会では特に強い反対はありませんでした。
しかも費用については、100台で600万円ですので、1台当たり6万円です。

ですので「うどんさん」の10年目での電装品交換は早過ぎ、耐用年数の15年目以降までは更新はせず、万一故障したら都度交換されたら良いのではと思います。
また、電装部品の工事で1台当たり40万円は、全面更新で1台当たり100万円に比較し、あまりにも高過ぎます。

KUMIさん、貴重な事例を共有いただきまして本当にありがとうございます。
電装部品についてはメーカー耐用年数が5年のものもあるようですが、実際に不具合が出始めるのはまだ先のようですね。18年目で実施した事例があるというのはとても貴重な事例だと思いますし、私も駐車場の点検報告書を再確認し、故障が頻発しているわけではないことを確認しました。
金額については、独立系のメンテナンス業者さんであるためメーカー系のところよりは部品の値段が上がってしまったり、コロナの影響で品不足などもあるようですが、さすがにKUMIさんの事例と比較しても高すぎますよね。早期の全取替や割高な見積もりとならないのは、何か工夫をされていらっしゃるからなのでしょうか。いずれにしても、都度交換する選択肢もあるということも教えていただきありがとうございます。

「うどんさん」の質問に下記のように回答させていただきます。

①電装部品系の工事は、車を出して全台部品交換するといった工事が一般的なのでしょうか?
→ 耐用年数15年を過ぎた頃に電装品の劣化に起因する故障が急増しするので、設置から15年を過ぎた頃に電装部品関係だけを全台数分交換するというのは一般的だと思います。

②上記の交換部品は、劣化状況に関わらず9年目程度では全て一括で交換しておくことが妥当なのでしょうか?(不具合が出た箇所のみ工事していくのでは、車が取り出せなくなったり駐車場が長期間使えなくなるなどといったリスクが高いのでしょうか?)
→ ①に書いたように15年の耐用年数を過ぎた頃に、故障が増え住民からのクレームが増えますので、その段階で、電装品だけの全更新をするのは一般的だと思います。

③この電装部品の工事で1台当たり40万円というのは妥当なのでしょうか?
→ 単純な昇降式の電装部品だけの交換費用であれば、1パレット当たり4〜6万程度だと思いますが、「うどんさん」のマンションの機械式駐車場はインバーター、シーケンサーを使った循環式の高級な機械式駐車場のようですので、1パレット当たり10万円程度の費用がかかっても不思議はありません。
ただ管理会社からの1パレット当たり40万円の見積もりは、機械式駐車場に無知な管理組合の足元を見た法外な見積もりだと思います。
尚、40万円の見積もりの中に、ゲートワイヤー・ゲートワイヤー吊りボルト等の機械部品も入っているようですが、機械部品については定期点検で、劣化が確認されたら交換するのが一般的です。

asaka50さん、部品を全交換する時期の考え方や工事の金額について、貴重なアドバイスをいただき本当にありがとうございます。
私も交換部品ごとの情報を調べ始めていたのですが、インバーターやシーケンサーといったものが循環式のものに利用されているなど、とても勉強になりました。それらがあると部品交換も高くなるということで、それらの目安もいただきありがとうございます。
アドバイスいただいた一般的な運用で進めていくためにも、点検報告書を確認するとともに、部品ごとの用途や交換目安の考え方なども整理をしてみたいと思います。

点検費用は安いけど、いざ修理になるとメーカーから部品を調達するので、場合によっては高額になってしまうという独立系会社のメリットとデメリットですね。
ただ独立系で点検されているということでしたら、修繕もいっそ相見積をとられたらどうでしょうか?メーカー系代理店、また独立系の代理店と少なくとも2社は見積が取れると思います。

回答がありません。