←トップへ戻る

管理組合の顧問の法的位置付け

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

当管理組合では理事会の承認で,管理組合として過去の理事長経験者等に顧問を委嘱することが出来ます。
この場合の顧問にも,民法上の準委任に基く委嘱として善管注意義務を負うことになるもの思いますが,如何でしょうか。

みんなの回答

顧問というのが、規約でどう謳われているかですが、理事会の構成員の1人となるのであれば、理事と同等の扱いになると思いますし、個人情報の取り扱いという観点からも理事と同等の扱いにすべきと思います。
私は理事長経験者で今大規模修繕委員会の委員長をしてますが、理事長の召集がない限り、理事会には出席しておりません。
理由はまさにKENさんの仰っているのと同じと思っていますが、理事会に出席すると大規模修繕委員長の立場以上の事柄(中には個人情報も含まれる)に触れてしまうことは問題だという考えからです。

顧問というのが、規約でどう謳われているかですが、理事会の構成員の1人となるのであれば、理事と同等の扱いになると思いますし、個人情報の取り扱いという観点からも理事と同等の扱いにすべきと思います。
私は理事長経験者で今大規模修繕委員会の委員長をしてますが、理事長の召集がない限り、理事会には出席しておりません。
理由はまさにKENさんの仰っているのと同じと思っていますが、理事会に出席すると大規模修繕委員長の立場以上の事柄(中には個人情報も含まれる)に触れてしまうことは問題だという考えからです。

回答がありません。