←トップへ戻る

防水士シ-ル

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

防水シ-ルの保証期間は?

みんなの回答

外壁に、タテ×ヨコ 約3m間隔で充填されている、シーリング材のことでしたら、保証期間は『2年』です。

外壁からの雨漏りの保証期間が『10年』に対して、シーリング材そのものの保証期間が『2年』なのは、なぜか?

それは、『シーリング材が切れただけでは雨漏りしない』という前提で、施工会社が保証書を発効している為です。

外壁に、タテ×ヨコ 約3m間隔で充填されている、シーリング材の役割は『防水』だけではありません。

【主な役割】
①タイルなどの仕上げ材は、夏は膨張し、冬は縮んでいます。その膨張収縮を、このすき間で吸収するため。

②地震などの揺れに対して、仕上げ材どうしが衝突しように、すき間をとっているため。

③工事の過程での、ぼろ隠し(逃げの部分)。シーリング材を充填する前に、仕上げ材の寸法調整をしたり、施工誤差を調整したり、しています。工事業者はよく、施工上必要な、このすき間のことを『逃げ』と呼んでいます。

④防水材としての役割

シーリング材が充填されている、このすき間にチカラが集中し、切れやすいのです。その為、シーリング材 そのものの保証期間は『2年』となっています。

一般的に10年と認識しておりますが、大地震等の災害が無ければ、15年以上は防水性能に問題は発生しないと思います。

一般的に10年と認識しておりますが、大地震等の災害が無ければ、15年以上は防水性能に問題は発生しないと思います。

外壁に、タテ×ヨコ 約3m間隔で充填されている、シーリング材のことでしたら、保証期間は『2年』です。

外壁からの雨漏りの保証期間が『10年』に対して、シーリング材そのものの保証期間が『2年』なのは、なぜか?

それは、『シーリング材が切れただけでは雨漏りしない』という前提で、施工会社が保証書を発効している為です。

外壁に、タテ×ヨコ 約3m間隔で充填されている、シーリング材の役割は『防水』だけではありません。

【主な役割】
①タイルなどの仕上げ材は、夏は膨張し、冬は縮んでいます。その膨張収縮を、このすき間で吸収するため。

②地震などの揺れに対して、仕上げ材どうしが衝突しように、すき間をとっているため。

③工事の過程での、ぼろ隠し(逃げの部分)。シーリング材を充填する前に、仕上げ材の寸法調整をしたり、施工誤差を調整したり、しています。工事業者はよく、施工上必要な、このすき間のことを『逃げ』と呼んでいます。

④防水材としての役割

シーリング材が充填されている、このすき間にチカラが集中し、切れやすいのです。その為、シーリング材 そのものの保証期間は『2年』となっています。

回答がありません。