←トップへ戻る

マンション建築時の資料や修繕工事資料、理事録他

管理規約

その他

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

管理人室に件名記載の資料が置かれていると知ったので、管理人室の管理人さんを訪ねたのですが、「管理会社に言ってください」と言われました。管理会社とはトラブルによりトラウマがあるので、連絡したくない気持ちですし、マンション適正化法に区分所有者はいつでも見ることが出来ると言うような文言があったように思うのですが、管理会社を通さなければ見ることができない という事態は正当なのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。

みんなの回答

 まず、総会の議事録は、区分所有法において理事長に閲覧させる義務が定められています(同法42条第5項で準用する同法33条)。この場合、閲覧を拒否した理事長は、20万円以下の過料に処せられることがあります(同法71条第2号)。
(なお、処罰されるのは閲覧義務が課せられている理事長であって、管理会社ではありません。)

 次に、マンション建築時の資料や修繕工事に関する資料、理事会の議事録の閲覧は、各マンションの管理規約によって、これも理事長に義務付けられているのが通常です。
 標準管理規約でいくと、竣工図や工事関係資料は64条、理事会議事録は53条です。貴マンションの管理規約にも、この辺りに条文があるのではないでしょうか。
(なお、マンション適正化法で定められているのは、管理組合への竣工図面の引き渡しや、管理会社の業務や財産状況に関する書類の閲覧等なので、方向性が違います。)

 いずれも閲覧させる義務があるのは理事長なので、管理会社の出る幕はありません。あったとしても、せいぜい閲覧希望者と理事長との取次ぎくらいです。
 
 理事長に閲覧請求するのが本来ですが、通常は管理会社が取り次ぐことが多いと思いますので、同社に理事長に取り次ぐよう依頼し、拒否されるならその事由を説明させればいいでしょう。
 管理会社の事情であれば同社の業務懈怠だし、理事長の意向であると言うならば、それが総会議事録の場合は、もしかして処罰(過料)事案になるかもしれません。
 ご健闘をお祈りします。

くまさま
分かりやすいご回答を大変ありがとうございました。

管理会社を通さなければということではないです。
資料の閲覧は、組合員の方でも、書面で閲覧請求を理事長に出すようになっていると思います。
管理会社は事務の委託を受けているので、理事長の代わりに閲覧請求書を受け取るということです。
管理員には何の権利もありませんから、当然見せるわけにはいきません。
管理組合のポストがあれば、閲覧請求書を投函しておけばいいのではないですか。
管理会社から理事長に連絡が行き、承認を得て、○月〇日に来てくださいという連絡が来るはずです。
組合には、管理規約・使用細則というルールがありますから、まずそれを把握しておいた方がいいと思います。

管理規約など知るべきものを下さいと催促し冊子を一冊貰ったのですが、そこには書かれていないんですよ…わたし理事になったらそう言う曖昧なところをしっかりと決めて伝達したいとは考えているのですがね。用紙がない場合は件名は○○閲覧請求で、自由に書いていいのでしょうかね。確かにポストがあります。管理人より頼もしいご回答ありがとうございました。

ご自身のマンション管理規約にはどのように記載されてますでしょうか?
最新の標準管理規約には当然組合員には開示請求権は認められていますが、理由を明記した書面ないし電磁的な方法で請求することと、開示の方法やタイミング等は理事長が指定できるとありますので、ふらっと管理室によって、ちょっと見せて。は厳しいかなと思います。
あるさんのマンションでは開示請求書面が定められていればそちらに則って請求すれば良いと思いますし、仮に未制定でも開示請求書面の書式はインターネット検索で出てきますので、そちらを参考に書面請求すれば良いかなと思います。

より明快な回答ありがとうございます。ネット上に書式があるのですね。助かります。こちらのサイト本当に助かります。ありがとうございました。

マンション建築時の資料や修繕工事資料などの所有権は、管理組合にあります。

言うまでもありませんが、管理組合とは区分所有者の集まりで、質問者さんも、その一人です。

管理会社に、了解を得る必要はないように考えます。

管理組合は、マンションの清掃や点検・修繕積立金などの集金業務を、管理会社に業務委託しています。業務委託の期間は通常1年間で、管理組合の総会で承認されれば、さらに1年、契約が更新されます。

管理会社に対し、不信感などがあるのであれば、総会の時に『意義あり!』と意見されるのも、方法の一つです。

管理組合は区分所有者の方に、積極的に総会に出席していただき、活発な議論を望んでいるところが多いと考えます。

あるさん こんばんは
その資料は管理組合の資料ですね。
それだったら理事会役員(理事長)に話をすればよいのではないでしょうか?
管理員が「管理会社に言ってください」はおかしいです。
私の住んでいるマンションでは、管理会社のフロントといえども
理事会(理事長)の許可なしでは閲覧できませんし、またさせません。

なるほど、ご回答ありがとうございました。しかし、理事長や理事の方も管理会社に丸投げしているのか、管理会社から言われているのか分からないのですが、管理会社に言ってください。と言われてしまうんです。管理会社から迷惑になるので理事を尋ねないでくれ、と言われています。
先日もお隣の理事を尋ねたら、門前払いされました。
回答者さまの所では理事を通さなければ自由に見ることはできないですか?
法に法るとどうなんでしょうか…。

あるさん こんにちは
>回答者さまの所では理事を通さなければ自由に見ることはできないですか?
閲覧する権限は区分所有者さんにあり、閲覧させる義務は管理組合(理事会)
にあるということです。
誰でも勝手に閲覧して、棄損・紛失すればどうなるのでしょうか?

分かりました。ありがとうございました。

 まず、総会の議事録は、区分所有法において理事長に閲覧させる義務が定められています(同法42条第5項で準用する同法33条)。この場合、閲覧を拒否した理事長は、20万円以下の過料に処せられることがあります(同法71条第2号)。
(なお、処罰されるのは閲覧義務が課せられている理事長であって、管理会社ではありません。)

 次に、マンション建築時の資料や修繕工事に関する資料、理事会の議事録の閲覧は、各マンションの管理規約によって、これも理事長に義務付けられているのが通常です。
 標準管理規約でいくと、竣工図や工事関係資料は64条、理事会議事録は53条です。貴マンションの管理規約にも、この辺りに条文があるのではないでしょうか。
(なお、マンション適正化法で定められているのは、管理組合への竣工図面の引き渡しや、管理会社の業務や財産状況に関する書類の閲覧等なので、方向性が違います。)

 いずれも閲覧させる義務があるのは理事長なので、管理会社の出る幕はありません。あったとしても、せいぜい閲覧希望者と理事長との取次ぎくらいです。
 
 理事長に閲覧請求するのが本来ですが、通常は管理会社が取り次ぐことが多いと思いますので、同社に理事長に取り次ぐよう依頼し、拒否されるならその事由を説明させればいいでしょう。
 管理会社の事情であれば同社の業務懈怠だし、理事長の意向であると言うならば、それが総会議事録の場合は、もしかして処罰(過料)事案になるかもしれません。
 ご健闘をお祈りします。

くまさま
分かりやすいご回答を大変ありがとうございました。

ご自身のマンション管理規約にはどのように記載されてますでしょうか?
最新の標準管理規約には当然組合員には開示請求権は認められていますが、理由を明記した書面ないし電磁的な方法で請求することと、開示の方法やタイミング等は理事長が指定できるとありますので、ふらっと管理室によって、ちょっと見せて。は厳しいかなと思います。
あるさんのマンションでは開示請求書面が定められていればそちらに則って請求すれば良いと思いますし、仮に未制定でも開示請求書面の書式はインターネット検索で出てきますので、そちらを参考に書面請求すれば良いかなと思います。

より明快な回答ありがとうございます。ネット上に書式があるのですね。助かります。こちらのサイト本当に助かります。ありがとうございました。

管理会社を通さなければということではないです。
資料の閲覧は、組合員の方でも、書面で閲覧請求を理事長に出すようになっていると思います。
管理会社は事務の委託を受けているので、理事長の代わりに閲覧請求書を受け取るということです。
管理員には何の権利もありませんから、当然見せるわけにはいきません。
管理組合のポストがあれば、閲覧請求書を投函しておけばいいのではないですか。
管理会社から理事長に連絡が行き、承認を得て、○月〇日に来てくださいという連絡が来るはずです。
組合には、管理規約・使用細則というルールがありますから、まずそれを把握しておいた方がいいと思います。

管理規約など知るべきものを下さいと催促し冊子を一冊貰ったのですが、そこには書かれていないんですよ…わたし理事になったらそう言う曖昧なところをしっかりと決めて伝達したいとは考えているのですがね。用紙がない場合は件名は○○閲覧請求で、自由に書いていいのでしょうかね。確かにポストがあります。管理人より頼もしいご回答ありがとうございました。

マンション建築時の資料や修繕工事資料などの所有権は、管理組合にあります。

言うまでもありませんが、管理組合とは区分所有者の集まりで、質問者さんも、その一人です。

管理会社に、了解を得る必要はないように考えます。

管理組合は、マンションの清掃や点検・修繕積立金などの集金業務を、管理会社に業務委託しています。業務委託の期間は通常1年間で、管理組合の総会で承認されれば、さらに1年、契約が更新されます。

管理会社に対し、不信感などがあるのであれば、総会の時に『意義あり!』と意見されるのも、方法の一つです。

管理組合は区分所有者の方に、積極的に総会に出席していただき、活発な議論を望んでいるところが多いと考えます。

あるさん こんばんは
その資料は管理組合の資料ですね。
それだったら理事会役員(理事長)に話をすればよいのではないでしょうか?
管理員が「管理会社に言ってください」はおかしいです。
私の住んでいるマンションでは、管理会社のフロントといえども
理事会(理事長)の許可なしでは閲覧できませんし、またさせません。

なるほど、ご回答ありがとうございました。しかし、理事長や理事の方も管理会社に丸投げしているのか、管理会社から言われているのか分からないのですが、管理会社に言ってください。と言われてしまうんです。管理会社から迷惑になるので理事を尋ねないでくれ、と言われています。
先日もお隣の理事を尋ねたら、門前払いされました。
回答者さまの所では理事を通さなければ自由に見ることはできないですか?
法に法るとどうなんでしょうか…。

あるさん こんにちは
>回答者さまの所では理事を通さなければ自由に見ることはできないですか?
閲覧する権限は区分所有者さんにあり、閲覧させる義務は管理組合(理事会)
にあるということです。
誰でも勝手に閲覧して、棄損・紛失すればどうなるのでしょうか?

分かりました。ありがとうございました。

回答がありません。