←トップへ戻る

新任理事同士がけんかをはじめました

管理組合の運営

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

今年7月に通常総会がありました。総会当日、新役員に選ばれた人たちの都合が悪く欠席してしまい(私も)、監事を含めた候補5名のうち1人しか出席しませんでした。

その後、互選で役職を決めないといけないとのことで、先月1回目の理事会を開きましたが、その日はどうしても欠席しなければならない事情があり、私は続けて欠席しました。

今月2回目の理事会があって初めて出席したところ、前回の理事会で理事長に選任されたAさんと会計になったBさんとで開始早々険悪なムードが流れていました。どうやら前回の理事会で、言葉使いが荒っぽいAさんがBさんを卑下するような発言があり、それに端を発して口論があったようなのです。

現在に至っては、両者の関係は悪化するばかりで、AさんもBさんも「こんな理事会に出たくないし、やってられない。理事を辞退する。」と管理会社へ言ってきたそうです。

理事・監事5名のうち、選任されて早々理事長と会計が辞退しそうなことに呆然としているのですが、最悪2人が理事を辞退した場合、副理事長Cさんが理事長となり、書記の私と監事のDさんの3人で今期を運営するということになりますか?
また、理事はそんな簡単に辞められるんですか?

みんなの回答

理事がそんなに簡単にやめられるのかという事についてですが、組合と理事の関係は、民法の「委任」の関係になりますので、どちらかが委任関係をやめたいと言えば成立してしまいます。
ただ普通は、皆さん平等に組合運営に携わるべきということのもとで、委任を受けていただいているので、自己都合で受けないという事については否定的な判断をしているものです。

ご質問の内容から考えますと、このままAさん、Bさんを引き留めても理事会運営に差し支えることになりそうな気がします。
一般的な喧嘩でしたら、原因を解決して仲直りしていただくこともできるかもしれませんが、Aさんの人柄に問題があって、それが原因となってしまったのでしたら今後も起こりうることですよね。

役員3人だけですと運営に無理が出るのではないでしょうか。
理事の欠員の補充について、規約に規定はありませんか?やはり補充はした方がいいかと思います。

ご回答ありがとうございます。私と他の理事だけで話し合ったのですが、AさんとBさんを引き止めても今後支障が出るよね、という結果でした。理事が欠員したとしても補充ができるのですね。私のマンションの規約を確認してみました。下記のように定められています。

第37条(役員)
2 理事及び監事は、本マンションに居住する組合員のうちから、総会で選任する。
第38条(役員の任期)
役員の任期は、毎年通常総会終了時から翌年の通常総会終了時までの1年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 任期の満了又は辞任によって退任する役員は、後任の役員が就任するまでの間引き続きその職務を行う。
4 役員が組合員でなくなった場合には、その役員はその地位を失う。

上記の他に補充するやり方に関しては何も書かれていないように思います。総会を開催しての補充でしょうか…?

役員の補充については、理事会で承認するか、総会で承認するかはそれぞれの組合で違います。
今後のこともありますから、規約に入れておいた方がいいかと思います。
現規約に補欠の役員の任期が規定されているという事は、役員を補充することが前提となっているわけですよね。
私が規約改正を依頼されると、理事の補充は理事会で、監事の補充は総会でとしています。
理事の補充のために臨時総会を開催するのは大変です。理事会で承認できるようにしたほうが楽です。輪番などもあり、皆さん順番が回ってくるのですから、理事会での補充で苦情は来ないと思います。前期の方にもう1期お手伝い願うとか、次の輪番の方にお願いするとか、いろいろ対策はとれます。
ただし、監事は理事会を監査する役目ですから、理事会で誰かを連れてきて監事にするのはまずいです。監事補充の場合は大変ですが総会で承認を得ることになります。

理事がそんなに簡単にやめられるのかという事についてですが、組合と理事の関係は、民法の「委任」の関係になりますので、どちらかが委任関係をやめたいと言えば成立してしまいます。
ただ普通は、皆さん平等に組合運営に携わるべきということのもとで、委任を受けていただいているので、自己都合で受けないという事については否定的な判断をしているものです。

ご質問の内容から考えますと、このままAさん、Bさんを引き留めても理事会運営に差し支えることになりそうな気がします。
一般的な喧嘩でしたら、原因を解決して仲直りしていただくこともできるかもしれませんが、Aさんの人柄に問題があって、それが原因となってしまったのでしたら今後も起こりうることですよね。

役員3人だけですと運営に無理が出るのではないでしょうか。
理事の欠員の補充について、規約に規定はありませんか?やはり補充はした方がいいかと思います。

ご回答ありがとうございます。私と他の理事だけで話し合ったのですが、AさんとBさんを引き止めても今後支障が出るよね、という結果でした。理事が欠員したとしても補充ができるのですね。私のマンションの規約を確認してみました。下記のように定められています。

第37条(役員)
2 理事及び監事は、本マンションに居住する組合員のうちから、総会で選任する。
第38条(役員の任期)
役員の任期は、毎年通常総会終了時から翌年の通常総会終了時までの1年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 任期の満了又は辞任によって退任する役員は、後任の役員が就任するまでの間引き続きその職務を行う。
4 役員が組合員でなくなった場合には、その役員はその地位を失う。

上記の他に補充するやり方に関しては何も書かれていないように思います。総会を開催しての補充でしょうか…?

役員の補充については、理事会で承認するか、総会で承認するかはそれぞれの組合で違います。
今後のこともありますから、規約に入れておいた方がいいかと思います。
現規約に補欠の役員の任期が規定されているという事は、役員を補充することが前提となっているわけですよね。
私が規約改正を依頼されると、理事の補充は理事会で、監事の補充は総会でとしています。
理事の補充のために臨時総会を開催するのは大変です。理事会で承認できるようにしたほうが楽です。輪番などもあり、皆さん順番が回ってくるのですから、理事会での補充で苦情は来ないと思います。前期の方にもう1期お手伝い願うとか、次の輪番の方にお願いするとか、いろいろ対策はとれます。
ただし、監事は理事会を監査する役目ですから、理事会で誰かを連れてきて監事にするのはまずいです。監事補充の場合は大変ですが総会で承認を得ることになります。

回答がありません。