みんなの管理組合

←トップへ戻る

管理規約

管理組合の運営

重要事項説明書の位置づけ

管理会社が作成する重要事項説明書と
管理組合と管理会社との間で締結する委受託契約書の
関係について教えてください。

総会で、ある事項(委受託に関すること)の議決を取りますが、
それに先立ち、管理会社から重要事項説明書の説明があります。

事前に総会資料として配布されていますが、その中身が
総会で可決された内容が盛り込まれたものなのです。
案ではなく、総会の日付(未来の日付)で管理会社代表者の捺印済み写しなのです。
原本は理事長宛てと明記されていますが、受け取っていません。

この重要事項説明書に違和感を持ち、管理会社に尋ねましたが
中身が否決された場合は委受託契約は結ばないので、問題ない旨の回答です。

委受託契約書があって初めて重要事項説明書が存在するものだ思うのですが、
如何でしょうか。

重要事項説明書の位置づけを教えてくださいますようお願い致します。

みんなの回答

「重要事項説明」とは締結する契約がどういう内容なのかを説明するものです。
マンション管理適正化法により、管理受託契約を締結する前に説明会を開催することとされています。

初めての管理会社と契約するときや、内容が1字でも変わる場合には、総会開催の前に説明会を開催しなければなりませんし、説明会開催の1週間前までには全員に「重要事項説明書」「説明会の日時・場所を記載した書面」を交付しなければなりません。

従前の内容と変わらないときには、事前に理事長に重要事項説明書を交付して説明し、組合員に対しては重要事項説明書を交付すれば足りることになります。

多くの場合、説明会は総会の前に行いますので、総会の日付けになります。未来の日付というわけではなく、その日に判断してくださいという意味になります。

重要事項説明は契約内容の説明書ですから、総会で審議する契約内容と同じなのは当然となります。

なんばーしょっとさんのご質問で2点わからないところがあります。
・総会で委託に関する議決を取りますが、それに先立ち…
  重要事項説明は総会開催の宣言の前に行うものです。
  総会が始まって、その決議の前に行っていたらおかしいです。
  従前と変わらないので、確認のためというならわかります。

・原本は理事長あてと明記されていますが受け取っていない
  本当に受け取っていないのでしたら、適正化法違反になります。同一
  条件でも理事長には説明が必要ですので、それも含めて管理会社に
  確認をしてみてください。

なお、重要事項説明を行うのは「管理業務主任者」と定められています。説明をする前に管理業務主任者証を提示しなければなりません。これも気を付けてください。

祖堅さま
ご回答有難うございました。返事が随分と遅れてしまい申し訳ございません。
・総会で委託に関する議決を取りますが、それに先立ち…
  重要事項説明は総会開催の宣言の前に行うものです。
  総会が始まって、その決議の前に行っていたらおかしいです。
  従前と変わらないので、確認のためというならわかります。
→総会開始宣言の前に管理業務主任者証を提示され、説明がありました。

・原本は理事長あてと明記されていますが受け取っていない
  本当に受け取っていないのでしたら、適正化法違反になります。同一
  条件でも理事長には説明が必要ですので、それも含めて管理会社に
  確認をしてみてください。
→説明後、原本はこれまで同様こちらで保管します、と言われ受け取りませんでした。
同一条件ではなく、管理会社との委受託契約の一部変更(変更による管理会社への支払い増含む)です。

「重要事項説明」とは締結する契約がどういう内容なのかを説明するものです。
マンション管理適正化法により、管理受託契約を締結する前に説明会を開催することとされています。

初めての管理会社と契約するときや、内容が1字でも変わる場合には、総会開催の前に説明会を開催しなければなりませんし、説明会開催の1週間前までには全員に「重要事項説明書」「説明会の日時・場所を記載した書面」を交付しなければなりません。

従前の内容と変わらないときには、事前に理事長に重要事項説明書を交付して説明し、組合員に対しては重要事項説明書を交付すれば足りることになります。

多くの場合、説明会は総会の前に行いますので、総会の日付けになります。未来の日付というわけではなく、その日に判断してくださいという意味になります。

重要事項説明は契約内容の説明書ですから、総会で審議する契約内容と同じなのは当然となります。

なんばーしょっとさんのご質問で2点わからないところがあります。
・総会で委託に関する議決を取りますが、それに先立ち…
  重要事項説明は総会開催の宣言の前に行うものです。
  総会が始まって、その決議の前に行っていたらおかしいです。
  従前と変わらないので、確認のためというならわかります。

・原本は理事長あてと明記されていますが受け取っていない
  本当に受け取っていないのでしたら、適正化法違反になります。同一
  条件でも理事長には説明が必要ですので、それも含めて管理会社に
  確認をしてみてください。

なお、重要事項説明を行うのは「管理業務主任者」と定められています。説明をする前に管理業務主任者証を提示しなければなりません。これも気を付けてください。

祖堅さま
ご回答有難うございました。返事が随分と遅れてしまい申し訳ございません。
・総会で委託に関する議決を取りますが、それに先立ち…
  重要事項説明は総会開催の宣言の前に行うものです。
  総会が始まって、その決議の前に行っていたらおかしいです。
  従前と変わらないので、確認のためというならわかります。
→総会開始宣言の前に管理業務主任者証を提示され、説明がありました。

・原本は理事長あてと明記されていますが受け取っていない
  本当に受け取っていないのでしたら、適正化法違反になります。同一
  条件でも理事長には説明が必要ですので、それも含めて管理会社に
  確認をしてみてください。
→説明後、原本はこれまで同様こちらで保管します、と言われ受け取りませんでした。
同一条件ではなく、管理会社との委受託契約の一部変更(変更による管理会社への支払い増含む)です。

「重要事項説明」とは締結する契約がどういう内容なのかを説明するものです。
マンション管理適正化法により、管理受託契約を締結する前に説明会を開催することとされています。

初めての管理会社と契約するときや、内容が1字でも変わる場合には、総会開催の前に説明会を開催しなければなりませんし、説明会開催の1週間前までには全員に「重要事項説明書」「説明会の日時・場所を記載した書面」を交付しなければなりません。

従前の内容と変わらないときには、事前に理事長に重要事項説明書を交付して説明し、組合員に対しては重要事項説明書を交付すれば足りることになります。

多くの場合、説明会は総会の前に行いますので、総会の日付けになります。未来の日付というわけではなく、その日に判断してくださいという意味になります。

重要事項説明は契約内容の説明書ですから、総会で審議する契約内容と同じなのは当然となります。

なんばーしょっとさんのご質問で2点わからないところがあります。
・総会で委託に関する議決を取りますが、それに先立ち…
  重要事項説明は総会開催の宣言の前に行うものです。
  総会が始まって、その決議の前に行っていたらおかしいです。
  従前と変わらないので、確認のためというならわかります。

・原本は理事長あてと明記されていますが受け取っていない
  本当に受け取っていないのでしたら、適正化法違反になります。同一
  条件でも理事長には説明が必要ですので、それも含めて管理会社に
  確認をしてみてください。

なお、重要事項説明を行うのは「管理業務主任者」と定められています。説明をする前に管理業務主任者証を提示しなければなりません。これも気を付けてください。

祖堅さま
ご回答有難うございました。返事が随分と遅れてしまい申し訳ございません。
・総会で委託に関する議決を取りますが、それに先立ち…
  重要事項説明は総会開催の宣言の前に行うものです。
  総会が始まって、その決議の前に行っていたらおかしいです。
  従前と変わらないので、確認のためというならわかります。
→総会開始宣言の前に管理業務主任者証を提示され、説明がありました。

・原本は理事長あてと明記されていますが受け取っていない
  本当に受け取っていないのでしたら、適正化法違反になります。同一
  条件でも理事長には説明が必要ですので、それも含めて管理会社に
  確認をしてみてください。
→説明後、原本はこれまで同様こちらで保管します、と言われ受け取りませんでした。
同一条件ではなく、管理会社との委受託契約の一部変更(変更による管理会社への支払い増含む)です。