←トップへ戻る

管理組合の運営

理事会の議事録について

理事会の議事録に理事のハンコが押印されてないのですが、理事のハンコは特にいらないものなのでしょうか?私の認識では「議事録は理事会後に管理会社が議事録案を理事に回覧し、確認・修正後に理事のハンコを押印したものが各戸に配られるという流れ」と思ってましたがいかがでしょうか。
また、配布は各戸へのメールボックス直接投函なのですが、これは管理会社が対応するのでしょうか?それとも理事会が対応するのでしょうか。

みんなの回答

「標準管理規約では~」ですが、理事会議事録は総会の規定を準用するとなっています。
ほとんどの規約はそうなっていると思います。
という事は、理事長と他の2名の理事の署名押印が必要になります。
SWA10Dさんのところの規約をご確認ください。
規約に定められていて、署名押印がないとなると、裁判などの時に正式な議事録と認められなくなる場合がありますので、署名押印が重要です。

また、部数の印刷もありますから投函はほとんどのところでは管理会社がやってくださいます。
全戸配布しなければならないという規定はありませんので、していないところも多いです。
しかし、理事会の活動ですから何をどう検討して決めているかなど、皆さんにお知らせするのにも、議事録は全戸配布したほうがいいと思います。

管理規約を確認いたしました。ようやく読み方を理解することができました。「総会の規定を準用する」と書いておりました。と言うことは押印が必要だったと言うことですね。管理組合側がもっと勉強しないといけないのですが、プロの管理会社はきちんと適切な助言をすべきではと思いました。大変勉強になりました。ありがとうございました。

総会の議事録は区分所有法で作成が義務付けられていますし、署名押印も法定されていますが、理事会の議事録は各管理組合が規約に定める方法で良く、定めがなければ作成しなくても問題ありません。署名や押印も同様です。(作成・全戸配布するのが望ましいと言われています。)
SWA10Dさんのマンションの規約にどのように定められているかを見てください。
配布をするのは管理会社か?理事会か?は管理会社と交わされた管理委託契約の内容によります。

管理規約・細則は、字も小さいし言い回しも古めかしくて取っ付きにくいですが、マンションのルールブックですから、まずは読んでみましょう。
アドバイザーの先生方は法律で定められている部分はズバリ答えてくださいますが、任意規定の部分はマンションごとに異なるので「標準管理規約では~」といった答えになります。正確なところは各々の規約を見るしかないのです。
管理組合と管理会社の間で交わされる管理委託契約の内容もマンションによって異なるので同様です。

早速の回答ありがとうございました。
総会の議事録とは扱いが違うこと、勉強になりました。
まずは管理規約を読んでみたいと思います。

「標準管理規約では~」ですが、理事会議事録は総会の規定を準用するとなっています。
ほとんどの規約はそうなっていると思います。
という事は、理事長と他の2名の理事の署名押印が必要になります。
SWA10Dさんのところの規約をご確認ください。
規約に定められていて、署名押印がないとなると、裁判などの時に正式な議事録と認められなくなる場合がありますので、署名押印が重要です。

また、部数の印刷もありますから投函はほとんどのところでは管理会社がやってくださいます。
全戸配布しなければならないという規定はありませんので、していないところも多いです。
しかし、理事会の活動ですから何をどう検討して決めているかなど、皆さんにお知らせするのにも、議事録は全戸配布したほうがいいと思います。

管理規約を確認いたしました。ようやく読み方を理解することができました。「総会の規定を準用する」と書いておりました。と言うことは押印が必要だったと言うことですね。管理組合側がもっと勉強しないといけないのですが、プロの管理会社はきちんと適切な助言をすべきではと思いました。大変勉強になりました。ありがとうございました。

総会の議事録は区分所有法で作成が義務付けられていますし、署名押印も法定されていますが、理事会の議事録は各管理組合が規約に定める方法で良く、定めがなければ作成しなくても問題ありません。署名や押印も同様です。(作成・全戸配布するのが望ましいと言われています。)
SWA10Dさんのマンションの規約にどのように定められているかを見てください。
配布をするのは管理会社か?理事会か?は管理会社と交わされた管理委託契約の内容によります。

管理規約・細則は、字も小さいし言い回しも古めかしくて取っ付きにくいですが、マンションのルールブックですから、まずは読んでみましょう。
アドバイザーの先生方は法律で定められている部分はズバリ答えてくださいますが、任意規定の部分はマンションごとに異なるので「標準管理規約では~」といった答えになります。正確なところは各々の規約を見るしかないのです。
管理組合と管理会社の間で交わされる管理委託契約の内容もマンションによって異なるので同様です。

早速の回答ありがとうございました。
総会の議事録とは扱いが違うこと、勉強になりました。
まずは管理規約を読んでみたいと思います。

「標準管理規約では~」ですが、理事会議事録は総会の規定を準用するとなっています。
ほとんどの規約はそうなっていると思います。
という事は、理事長と他の2名の理事の署名押印が必要になります。
SWA10Dさんのところの規約をご確認ください。
規約に定められていて、署名押印がないとなると、裁判などの時に正式な議事録と認められなくなる場合がありますので、署名押印が重要です。

また、部数の印刷もありますから投函はほとんどのところでは管理会社がやってくださいます。
全戸配布しなければならないという規定はありませんので、していないところも多いです。
しかし、理事会の活動ですから何をどう検討して決めているかなど、皆さんにお知らせするのにも、議事録は全戸配布したほうがいいと思います。

管理規約を確認いたしました。ようやく読み方を理解することができました。「総会の規定を準用する」と書いておりました。と言うことは押印が必要だったと言うことですね。管理組合側がもっと勉強しないといけないのですが、プロの管理会社はきちんと適切な助言をすべきではと思いました。大変勉強になりました。ありがとうございました。