←トップへ戻る

管理組合の運営

管理規約

理事の任期を

理事の任期を2年の半数改選にしたいと検討しております。
現在は輪番制で人数は5名です。(うち1名監事)
というのも、管理会社の対応の悪さは我々の怠慢も1つの原因ではないかと考えました。
モンスターと呼ばれるほどの行動言動はないにしても我々がある程度担当者にハッパをかけるくらいでなければ何も変わらないのだと最近になって反省しております。
そしてこれは今年の理事だけがこの意識では元に戻ってしまうという懸念があるため、半分は残って継続していくことが必要ではないかと考えております。
その際には6名に増やそうとも考えております。

そこで皆様にお聞きしたいのは、「2年の半数改選にした場合のデメリットと対処法」です。
現在でも回ってきたものの出席されない方はいます。
単純に年数が増えるのでこのような方が増えるのではないかと不安なところはあります。

皆様のマンションで実際に起こった「デメリットに当たること」、「そのときの対処方法」をお教え頂ければ幸いです。
また、専門家の方々、この変更についてなにかアドバイス頂きたく存じます。
どうぞ、宜しくお願い致します。

みんなの回答

メリットはお分かりのことと思います。

デメリットで皆さんがおっしゃるのは「1年でも嫌なのに2年なんてとんでもない!」という事が一番多いです。
それと一回りするのに時間がかかり、なかなか皆さんに回らないという事もあります。
また、変な話ですが、ふさわしくない方が役員になられた時、2年続けて委任するという事もデメリットでしょうか。

対処法とはならないかもしれませんが
「1年なんてあっという間に過ぎてしまう」というのが役員を経験された後、多くの方が言われます。そんな話をして2年なんて思っているより長くはないことを力説してみてはいかがでしょうか。
原則立候補という事を明確にしておくと、輪番を待っていられない方にも都合がいいでしょう。
誰かに任せるというのではなく、積極的に意見を言う事ができるような運営にすれば、独裁も防げるかもしれません。

管理会社との付き合いですが、「やってもらう」「やらせる」というようなことではなく、管理会社は皆さんよりノウハウを持っているところですから「うまく使う」「使いこなす」というような考えで接したほうがいいのではないでしょうか。
管理会社がうまく仕事をしてくれないのは、皆さんの怠慢ではなく、使いこなす力が少し足りないのかもしれませんね。

2年任期半数改選にするときに、事前にしっかり実情の説明や、この方法のメリットを皆さんにご理解いただくようにしておかないと、思ったより抵抗が大きいことがありますので気を付けてください。

ご回答ありがとうございます。
任期と人選、、、確かに問題です。
祖堅様のアドバイスから「原則立候補」で何期までと決めておくのも良いのかと思いました。

管理会社との付き合い方は私の考え方が至らなかったと思いました。
良い付き合い方をできていればなんの問題もないわけですからね。

しっかりと理事会で揉んで固めていきたいと思います。

メリットはお分かりのことと思います。

デメリットで皆さんがおっしゃるのは「1年でも嫌なのに2年なんてとんでもない!」という事が一番多いです。
それと一回りするのに時間がかかり、なかなか皆さんに回らないという事もあります。
また、変な話ですが、ふさわしくない方が役員になられた時、2年続けて委任するという事もデメリットでしょうか。

対処法とはならないかもしれませんが
「1年なんてあっという間に過ぎてしまう」というのが役員を経験された後、多くの方が言われます。そんな話をして2年なんて思っているより長くはないことを力説してみてはいかがでしょうか。
原則立候補という事を明確にしておくと、輪番を待っていられない方にも都合がいいでしょう。
誰かに任せるというのではなく、積極的に意見を言う事ができるような運営にすれば、独裁も防げるかもしれません。

管理会社との付き合いですが、「やってもらう」「やらせる」というようなことではなく、管理会社は皆さんよりノウハウを持っているところですから「うまく使う」「使いこなす」というような考えで接したほうがいいのではないでしょうか。
管理会社がうまく仕事をしてくれないのは、皆さんの怠慢ではなく、使いこなす力が少し足りないのかもしれませんね。

2年任期半数改選にするときに、事前にしっかり実情の説明や、この方法のメリットを皆さんにご理解いただくようにしておかないと、思ったより抵抗が大きいことがありますので気を付けてください。

ご回答ありがとうございます。
任期と人選、、、確かに問題です。
祖堅様のアドバイスから「原則立候補」で何期までと決めておくのも良いのかと思いました。

管理会社との付き合い方は私の考え方が至らなかったと思いました。
良い付き合い方をできていればなんの問題もないわけですからね。

しっかりと理事会で揉んで固めていきたいと思います。

メリットはお分かりのことと思います。

デメリットで皆さんがおっしゃるのは「1年でも嫌なのに2年なんてとんでもない!」という事が一番多いです。
それと一回りするのに時間がかかり、なかなか皆さんに回らないという事もあります。
また、変な話ですが、ふさわしくない方が役員になられた時、2年続けて委任するという事もデメリットでしょうか。

対処法とはならないかもしれませんが
「1年なんてあっという間に過ぎてしまう」というのが役員を経験された後、多くの方が言われます。そんな話をして2年なんて思っているより長くはないことを力説してみてはいかがでしょうか。
原則立候補という事を明確にしておくと、輪番を待っていられない方にも都合がいいでしょう。
誰かに任せるというのではなく、積極的に意見を言う事ができるような運営にすれば、独裁も防げるかもしれません。

管理会社との付き合いですが、「やってもらう」「やらせる」というようなことではなく、管理会社は皆さんよりノウハウを持っているところですから「うまく使う」「使いこなす」というような考えで接したほうがいいのではないでしょうか。
管理会社がうまく仕事をしてくれないのは、皆さんの怠慢ではなく、使いこなす力が少し足りないのかもしれませんね。

2年任期半数改選にするときに、事前にしっかり実情の説明や、この方法のメリットを皆さんにご理解いただくようにしておかないと、思ったより抵抗が大きいことがありますので気を付けてください。

ご回答ありがとうございます。
任期と人選、、、確かに問題です。
祖堅様のアドバイスから「原則立候補」で何期までと決めておくのも良いのかと思いました。

管理会社との付き合い方は私の考え方が至らなかったと思いました。
良い付き合い方をできていればなんの問題もないわけですからね。

しっかりと理事会で揉んで固めていきたいと思います。