みんなの管理組合

←トップへ戻る

管理組合の会計

滞納の解消

どうやらうちのマンションでは管理費を払わない人がいるようです。
まだ高額には至っていないようですが、支払う側としても溜まってからでは厳しいでしょうし、マンションとしても回収できることに越したことはありません。

そこで、皆さんのマンションでの事例やマンション管理士様のお考えをお教えください。
①たまたま1ヶ月払わなかった人への対処
②↑①が放置され溜まってきたときの対処、解決方法

※次年度の役員に内定しました。今後今まで以上にお世話になると思います。

みんなの回答

管理費等の滞納の問題は多くのマンションの悩みの種です。高齢化が進み、年金等の収入と医療費等の支出のバランスが崩れたりなど、増加の傾向が見られます。
ご質問の件ですが、一ヶ月目は、たまたま失念していたなどの一時的な要因も考えられますので、電話やお知らせ文による連絡で良いと思いますが、必ず一ヶ月以内にすることです。
二ヶ月目は、電話、書面(請求書)による確認。
三ヶ月目は、電話、書面(催告書)など・・・管理規約や細則等で決められた手順できちんと行うことです。
細則等で決められてなければ、今後検討して明文化しておくことをお勧めします。
「マンション管理標準指針」や「標準管理規約」別添3を参考にすると良いでしょう。
一時的要因の場合は三ヶ月以内で滞納は解消するようです。
滞納が三ヶ月以上続くようであれば、自宅訪問して事情を聞かなければなりません。
ここで大事なのが、まず、本人の滞納の言い分をよく聞きましょう。
高飛車に「法的措置を執る」などの強硬な言い方は禁物です。
世間話などから心をかよわせ生活状況、収入源、勤務先などその人の全体像の把握に努めましょう。
ただ最初から無理に聞き出さないことです。何回か会って相談に乗ってあげる誠意の対話をすることです。
少しずつでも良いから支払うよう納得していただき「支払計画」を立てていただきましょう。
法的措置は最後の手段になります。
滞納問題は、管理組合にとって非常に大事な問題です。管理会社任せにせず緊密に連携をとりながら、役員でしっかり対応してください。

滞納解消とは少し違いますが、遅延損害金のこともはっきりさせておいた方がいいでしょう。
うちの組合の場合、遅延損害金は滞納抑止のためのものと考えています。

滞納者が話し合いに応じるとか、支払い計画書を提出するとかした場合には、遅延損害金を凍結して、完済された時には免除としています。
反対に連絡しても無視する場合には、遅延損害金を課しますよという事も通知します。
もちろん最終的に訴訟となれば遅延損害金を課して請求します。
このようなことを細則に規定しています。

これは滞納しても誠意を示して解消の努力をしていただく目的も兼ねています。

管理会社によって遅延損害金を付けたりつけなかったり、場合によっては、理事長によっても違うなんてことも起こりかねませんので、遅延損害金の規定は必要かと思います。

ご回答ありがとうございます。
抑止力として定めておくのには効果がありそうですね。
人によって可哀そうだとか言う人が出そうですが、そもそも払わない方が悪いという考えで動いていこうと思います。

滞納問題は多くの管理組合で起こっています。
1か月でしたら「うっかりミス」が考えられますので、管理会社から電話などで今月引き落としできませんでしたぐらいの軽いお知らせをしていただきます。
2か月目でも電話でいいかと思います。
3か月目に入りましたら、引き落としができない理由をお伺いします。
連絡がつかないなどの場合には訪問も考えてください。
チェルシーさんのおっしゃるように溜まってしまうと払うのが大変になります。早期におしりをたたくように急き立てて解消していただくのもご本人の為かと思います。

半年ぐらいになるといろいろと厳しい方法を考えなければならなくなります。
督促状でダメでしたら、とにかくお会いして面談をする。
そこではいきなりすべて払えというようなことではなく、生活状況などをお伺いして今後の支払い計画を立てていただきます。
滞納者も滞納したくてしているわけではないと思いますので、親身にお話を聞いてあげることが必要かと思います。寄り添ってあげることで、誠意をもって解消の努力をしてくださる方が多いです。

中には連絡しても返事も来ないという方もいます。そういう方には毅然とした対処が有効になります。
内容証明を出す、理事会で訴訟を検討するという段階になります。
訴訟を検討していることを通知すると、慌てて連絡を取ってきます。
連絡をしてきましたら、話し合いに応じて支払い計画を出していただきましょう。

どうにもならなくなって、金額もかさんできてしまったら、最終手段として訴訟となりますが、できるだけそうならないよう連絡を取る努力をしていただきたいです。

滞納者は、どこに相談していいかわからず困っている場合が多く、そんな状況で「払え、払え!」と催促が来て、余計にどうしていいか悩んでしまっています。一度に全額払わなければいけないと思っている方も多いです。

滞納額の回収ばかりを考えるのではなく、相談にのることが重要なことをご理解していただきたいと思います。

以前面談したケースでは、私と話をしたことで売却の決心ができたとのことで、そこを売り、新しい生活に踏み出した方もいました。

滞納は組合にとってとても困る問題ですが、滞納者も困っているという事を頭の隅にでも入れておいてくださればと思います。

ご回答ありがとうございます。
「面談をして話を聞く」ということは盲点でした。
払ってもらうことにばかり気がいっていました。
メロディーさんの遅延損害金と含めて、役員が変わっても方針がブレないようにできるようにしていきたいと思います。

滞納解消とは少し違いますが、遅延損害金のこともはっきりさせておいた方がいいでしょう。
うちの組合の場合、遅延損害金は滞納抑止のためのものと考えています。

滞納者が話し合いに応じるとか、支払い計画書を提出するとかした場合には、遅延損害金を凍結して、完済された時には免除としています。
反対に連絡しても無視する場合には、遅延損害金を課しますよという事も通知します。
もちろん最終的に訴訟となれば遅延損害金を課して請求します。
このようなことを細則に規定しています。

これは滞納しても誠意を示して解消の努力をしていただく目的も兼ねています。

管理会社によって遅延損害金を付けたりつけなかったり、場合によっては、理事長によっても違うなんてことも起こりかねませんので、遅延損害金の規定は必要かと思います。

ご回答ありがとうございます。
抑止力として定めておくのには効果がありそうですね。
人によって可哀そうだとか言う人が出そうですが、そもそも払わない方が悪いという考えで動いていこうと思います。

滞納問題は多くの管理組合で起こっています。
1か月でしたら「うっかりミス」が考えられますので、管理会社から電話などで今月引き落としできませんでしたぐらいの軽いお知らせをしていただきます。
2か月目でも電話でいいかと思います。
3か月目に入りましたら、引き落としができない理由をお伺いします。
連絡がつかないなどの場合には訪問も考えてください。
チェルシーさんのおっしゃるように溜まってしまうと払うのが大変になります。早期におしりをたたくように急き立てて解消していただくのもご本人の為かと思います。

半年ぐらいになるといろいろと厳しい方法を考えなければならなくなります。
督促状でダメでしたら、とにかくお会いして面談をする。
そこではいきなりすべて払えというようなことではなく、生活状況などをお伺いして今後の支払い計画を立てていただきます。
滞納者も滞納したくてしているわけではないと思いますので、親身にお話を聞いてあげることが必要かと思います。寄り添ってあげることで、誠意をもって解消の努力をしてくださる方が多いです。

中には連絡しても返事も来ないという方もいます。そういう方には毅然とした対処が有効になります。
内容証明を出す、理事会で訴訟を検討するという段階になります。
訴訟を検討していることを通知すると、慌てて連絡を取ってきます。
連絡をしてきましたら、話し合いに応じて支払い計画を出していただきましょう。

どうにもならなくなって、金額もかさんできてしまったら、最終手段として訴訟となりますが、できるだけそうならないよう連絡を取る努力をしていただきたいです。

滞納者は、どこに相談していいかわからず困っている場合が多く、そんな状況で「払え、払え!」と催促が来て、余計にどうしていいか悩んでしまっています。一度に全額払わなければいけないと思っている方も多いです。

滞納額の回収ばかりを考えるのではなく、相談にのることが重要なことをご理解していただきたいと思います。

以前面談したケースでは、私と話をしたことで売却の決心ができたとのことで、そこを売り、新しい生活に踏み出した方もいました。

滞納は組合にとってとても困る問題ですが、滞納者も困っているという事を頭の隅にでも入れておいてくださればと思います。

ご回答ありがとうございます。
「面談をして話を聞く」ということは盲点でした。
払ってもらうことにばかり気がいっていました。
メロディーさんの遅延損害金と含めて、役員が変わっても方針がブレないようにできるようにしていきたいと思います。

管理費等の滞納の問題は多くのマンションの悩みの種です。高齢化が進み、年金等の収入と医療費等の支出のバランスが崩れたりなど、増加の傾向が見られます。
ご質問の件ですが、一ヶ月目は、たまたま失念していたなどの一時的な要因も考えられますので、電話やお知らせ文による連絡で良いと思いますが、必ず一ヶ月以内にすることです。
二ヶ月目は、電話、書面(請求書)による確認。
三ヶ月目は、電話、書面(催告書)など・・・管理規約や細則等で決められた手順できちんと行うことです。
細則等で決められてなければ、今後検討して明文化しておくことをお勧めします。
「マンション管理標準指針」や「標準管理規約」別添3を参考にすると良いでしょう。
一時的要因の場合は三ヶ月以内で滞納は解消するようです。
滞納が三ヶ月以上続くようであれば、自宅訪問して事情を聞かなければなりません。
ここで大事なのが、まず、本人の滞納の言い分をよく聞きましょう。
高飛車に「法的措置を執る」などの強硬な言い方は禁物です。
世間話などから心をかよわせ生活状況、収入源、勤務先などその人の全体像の把握に努めましょう。
ただ最初から無理に聞き出さないことです。何回か会って相談に乗ってあげる誠意の対話をすることです。
少しずつでも良いから支払うよう納得していただき「支払計画」を立てていただきましょう。
法的措置は最後の手段になります。
滞納問題は、管理組合にとって非常に大事な問題です。管理会社任せにせず緊密に連携をとりながら、役員でしっかり対応してください。

管理費等の滞納の問題は多くのマンションの悩みの種です。高齢化が進み、年金等の収入と医療費等の支出のバランスが崩れたりなど、増加の傾向が見られます。
ご質問の件ですが、一ヶ月目は、たまたま失念していたなどの一時的な要因も考えられますので、電話やお知らせ文による連絡で良いと思いますが、必ず一ヶ月以内にすることです。
二ヶ月目は、電話、書面(請求書)による確認。
三ヶ月目は、電話、書面(催告書)など・・・管理規約や細則等で決められた手順できちんと行うことです。
細則等で決められてなければ、今後検討して明文化しておくことをお勧めします。
「マンション管理標準指針」や「標準管理規約」別添3を参考にすると良いでしょう。
一時的要因の場合は三ヶ月以内で滞納は解消するようです。
滞納が三ヶ月以上続くようであれば、自宅訪問して事情を聞かなければなりません。
ここで大事なのが、まず、本人の滞納の言い分をよく聞きましょう。
高飛車に「法的措置を執る」などの強硬な言い方は禁物です。
世間話などから心をかよわせ生活状況、収入源、勤務先などその人の全体像の把握に努めましょう。
ただ最初から無理に聞き出さないことです。何回か会って相談に乗ってあげる誠意の対話をすることです。
少しずつでも良いから支払うよう納得していただき「支払計画」を立てていただきましょう。
法的措置は最後の手段になります。
滞納問題は、管理組合にとって非常に大事な問題です。管理会社任せにせず緊密に連携をとりながら、役員でしっかり対応してください。

滞納問題は多くの管理組合で起こっています。
1か月でしたら「うっかりミス」が考えられますので、管理会社から電話などで今月引き落としできませんでしたぐらいの軽いお知らせをしていただきます。
2か月目でも電話でいいかと思います。
3か月目に入りましたら、引き落としができない理由をお伺いします。
連絡がつかないなどの場合には訪問も考えてください。
チェルシーさんのおっしゃるように溜まってしまうと払うのが大変になります。早期におしりをたたくように急き立てて解消していただくのもご本人の為かと思います。

半年ぐらいになるといろいろと厳しい方法を考えなければならなくなります。
督促状でダメでしたら、とにかくお会いして面談をする。
そこではいきなりすべて払えというようなことではなく、生活状況などをお伺いして今後の支払い計画を立てていただきます。
滞納者も滞納したくてしているわけではないと思いますので、親身にお話を聞いてあげることが必要かと思います。寄り添ってあげることで、誠意をもって解消の努力をしてくださる方が多いです。

中には連絡しても返事も来ないという方もいます。そういう方には毅然とした対処が有効になります。
内容証明を出す、理事会で訴訟を検討するという段階になります。
訴訟を検討していることを通知すると、慌てて連絡を取ってきます。
連絡をしてきましたら、話し合いに応じて支払い計画を出していただきましょう。

どうにもならなくなって、金額もかさんできてしまったら、最終手段として訴訟となりますが、できるだけそうならないよう連絡を取る努力をしていただきたいです。

滞納者は、どこに相談していいかわからず困っている場合が多く、そんな状況で「払え、払え!」と催促が来て、余計にどうしていいか悩んでしまっています。一度に全額払わなければいけないと思っている方も多いです。

滞納額の回収ばかりを考えるのではなく、相談にのることが重要なことをご理解していただきたいと思います。

以前面談したケースでは、私と話をしたことで売却の決心ができたとのことで、そこを売り、新しい生活に踏み出した方もいました。

滞納は組合にとってとても困る問題ですが、滞納者も困っているという事を頭の隅にでも入れておいてくださればと思います。

ご回答ありがとうございます。
「面談をして話を聞く」ということは盲点でした。
払ってもらうことにばかり気がいっていました。
メロディーさんの遅延損害金と含めて、役員が変わっても方針がブレないようにできるようにしていきたいと思います。