←トップへ戻る

マンション竣工時に残された資材

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

これから大規模修繕工事(一回目)を具体的に実施する検討に入りました。
現在、修繕委員をしております。

先日、張り切って管理員と一緒にマンション建物内や敷地を巡回しました。
誰も目につかないような場所に、物置っぽいスペースがあり、その扉の鍵を開けて初めて見ました。

そうしたところ、竣工時に使用したと思われる使い古しのペンキ、タイル、ボード、
ダンボールに入った工具類(もちろん錆びている)、軍手、脚立、よく分からない材料・建築資材などなど、15年間くらい誰も何も触っていない状態で発見されました。

これら放置されたモノは、さっさと廃棄処分すべきものと見て感じたのですが、その認識で間違っていませんでしょうか?
というのも、わざわざ誰も目につかないような場所に長年竣工時に使用したモノを保管してあり、大規模修繕工事(一回目)のときに役に立ったりするのか?とも、ふと思ったからです。よろしくお願いします。

みんなの回答

私のマンションでは、外階段の一番下に崩れかけた段ボールにシートをかけた形で10年位ですかね、タイルがありました。捨てず・片付けもせずそのままでしたが、ある時壁に乗用車が突っ込んできて大きく壊れました。その時にタイルがあったおかげで、そこだけ模様が変わることなく済ました。こんなこともあるので使えるものは、残しておくことも必要と思います。その後は、駐輪場の片隅に物置を立て、他のものと一緒にしまってあります。

ご回答いただき、誠にありがとうございます。たしか、ダンボールにタイルが積まれていたので、それは残しておきます。

結構あります。うちでもワンサカ出てきました。
要らないものは当然廃棄です。
ただ、長尺シートや壁紙、タイル、ペンキ等、ちょっとした修繕に同じものが必要になるときがありますので、竣工当時のものを保管している場合があります。
そのついでに、面倒だから他のものも詰め込んだりなんかあったかもしれません。

壁紙など使えそうでしたら、掲示でお知らせし欲しい方にあげたこともあります。汚れたり破けたりして同じもの少しだけ欲しいなんて方も結構いました。
タイルもちょっとした修繕には必要です。

要るものと要らないものを選別して整理してもいいと思います。
判断に心配になるようでしたら、もう少し待って施工業者さんが決まってから一緒に見ていただいてはいかがでしょうか。

ご回答、誠にありがとうございます。使えそうなモノも混じっているのですね。明らかに廃棄だと思うものだけ先にきれいにしてみます。

結構あります。うちでもワンサカ出てきました。
要らないものは当然廃棄です。
ただ、長尺シートや壁紙、タイル、ペンキ等、ちょっとした修繕に同じものが必要になるときがありますので、竣工当時のものを保管している場合があります。
そのついでに、面倒だから他のものも詰め込んだりなんかあったかもしれません。

壁紙など使えそうでしたら、掲示でお知らせし欲しい方にあげたこともあります。汚れたり破けたりして同じもの少しだけ欲しいなんて方も結構いました。
タイルもちょっとした修繕には必要です。

要るものと要らないものを選別して整理してもいいと思います。
判断に心配になるようでしたら、もう少し待って施工業者さんが決まってから一緒に見ていただいてはいかがでしょうか。

ご回答、誠にありがとうございます。使えそうなモノも混じっているのですね。明らかに廃棄だと思うものだけ先にきれいにしてみます。

私のマンションでは、外階段の一番下に崩れかけた段ボールにシートをかけた形で10年位ですかね、タイルがありました。捨てず・片付けもせずそのままでしたが、ある時壁に乗用車が突っ込んできて大きく壊れました。その時にタイルがあったおかげで、そこだけ模様が変わることなく済ました。こんなこともあるので使えるものは、残しておくことも必要と思います。その後は、駐輪場の片隅に物置を立て、他のものと一緒にしまってあります。

ご回答いただき、誠にありがとうございます。たしか、ダンボールにタイルが積まれていたので、それは残しておきます。

回答がありません。