←トップへ戻る

一般会計の赤字

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

駐車場の入居率が低下し、一般会計が赤字になるようになりました。
修繕積立金会計を取り崩して一般会計に充当してもいいのでしょうか?
あるいは、その場合には総会決議が必要でしょうか?
よろしくお願いします。

みんなの回答

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

修繕積立金は修繕工事に備えるためのものです。一般会計の赤字を補うことは望ましくありません。
管理組合の会計は、日常の維持管理のための管理費勘定(一般会計)と、何年かに一度必要になる修繕のための積立金勘定(特別会計)とに分けておく必要があります。
修繕積立金はあくまでも計画的な修繕工事などに備えるためのものですから、日常の管理費とは区分して会計処理をしなければなりません。したがって、一般会計が赤字になる場合には、修繕積立金を取り崩すのではなく、管理費の設定を見直す必要があります。
一般会計は、区分所有者から集めた管理費をマンションを維持管理するために使う消費会計です。決算が予算どおりに実行されていることが理想です。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

修繕積立金は修繕工事に備えるためのものです。一般会計の赤字を補うことは望ましくありません。
管理組合の会計は、日常の維持管理のための管理費勘定(一般会計)と、何年かに一度必要になる修繕のための積立金勘定(特別会計)とに分けておく必要があります。
修繕積立金はあくまでも計画的な修繕工事などに備えるためのものですから、日常の管理費とは区分して会計処理をしなければなりません。したがって、一般会計が赤字になる場合には、修繕積立金を取り崩すのではなく、管理費の設定を見直す必要があります。
一般会計は、区分所有者から集めた管理費をマンションを維持管理するために使う消費会計です。決算が予算どおりに実行されていることが理想です。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。