みんなの管理組合

←トップへ戻る

管理組合の運営

住まいのトラブル

近隣に迷惑をかける方の対処方法

私のマンションには、以前から精神的に病んでいる方が、周りに迷惑をかけて
います。マンションの売買にも影響を与える可能性もあり、資産価値が下がって
しまうような気がします。主な迷惑行為は次の通りです。

①両隣のベランダに生ゴミ、生卵を投げ入れる、または両隣の廊下前に生ゴミをまく
②上階に向かって棒上の物でつつき騒音をだす。両隣の壁を叩いて騒音を出す。床を強く蹴る、または物をぶつけて騒音をだす。
③廊下の床、天井、壁に生卵をぶつけて汚す。その他、自転車置場、通路などにもあります。
④ベランダから物(ハンガーやゴミなど)を投げる

理事会役員が配偶者等に相談をして施設または病院で治療するとは言っているのですが、本人の自覚がなく、治療を受けようとしないようです。
役所にも相談しましたが、本人または家族が直接来ないとどうしようもないと受付けてくれませんでした。

理事会では以前に迷惑行為の禁止を強く伝え、一時的に収まったこともありますが、
しばらくすると再発するので、毎年理事が変わるたびにどうしようかと、検討するだけで先に進みません。
何か良いお知恵を頂きたいと思います。

宜しくお願いいたします。

みんなの回答

困ってますさん、大変な問題ですね。さぞお困りと思います。

メロディーさんからのご回答にもありますが、配偶者さんが理事会の意向に理解を示してくれているようですので、そこを足掛かりとするような、例えば理事長さんが配偶者さんを役所に連れて行ってご相談なさるのはいかがでしょうか。

また、本人が治療・施設入所を拒む場合について、知人から聞いた話を思い出しました。
本人には自覚がなく「絶対に施設には入所しない。」と断言し、ご家族が介護疲れの限界に達していたところ、本人が骨折し、救急車で病院に搬送されたそうです。
入院している間に施設の手配を済ませ、退院後は施設に直行し入所させたところ、幸いにもスンナリ受け入れてスムーズに施設での生活が始まったそうです。
他の病気や怪我、健康診断などの機会を活かして治療を始めるキッカケが作れたら…と思いました。

回答ありがとうございました。

こういう問題は強く出たからと言って解決はしないでしょう。
配偶者の方が理解しているようですから、そこから話を進めるしかないのではないでしょうか。

本当にご相談の通りでしたら、その方には共同住宅での生活は難しいのではないかと思います。
配偶者の方が病院や施設での治療を了解しているのでしたら、その通りにしていただくことが一番なのですが。
ご本人にとっても一番いいのではないでしょうか。

理事会としては配偶者の方と話し合いを重ね、対処していただくしかないと思います。
ご本人が嫌がって治療ができないというのは、家庭内の問題になりますから、配偶者の方の責任になると思います。

どうにも解決できない場合には法的な手段もありますが、最後の最後に使う手段にしたいですね。
法的には、区分所有法第57条「行為の停止等の請求」第58条「使用禁止の請求」第59条「競売の請求」となります。
58条、59条に関する訴訟は総会の特別決議が必要です。

人権にかかわることでもありますから、慎重に対処する必要があると思います。
辛抱強く配偶者の方に対処、決断をお願いするのがいいのではないでしょうか。

回答ありがとうございまし。
3棟あるうちの1棟の出来事で理事会は各棟から数名でて構成しています。
その方は3階にお住まいで、実害を受けているのは下階と両隣、真上の6世帯です。
400世帯あるうちの6世帯の為、理事会で真剣に議論して頂けているかも疑問です。
入居当初より問題は少しありましたが、3年ほど前から状況が悪化しています。
回答を受け、法的手段について、理事会の役員に申し出たところそれは最後の手段
ですと言って直ぐには実行する気配はありません。

このまま我満しなければならないのはとてもつらいので、引越しも考えていますが、
近隣にこのような方がいらしたのでは、売れないような気がします。
愚痴になってしまい、申し訳ございません。


3棟という事は団地ですか?
規約が団地型になっているか、単棟型になっているかで対応の仕方が違います。
裁判に訴えるとなると、訴える資格があるかないかまで違ってきます。
マンション管理士若しくは弁護士などに相談してみてはいかがですか。
無料相談もしていますし、HPで近くの方を探して相談に乗ってくださるかどうか問い合わせることもできますよ。

こういう問題は強く出たからと言って解決はしないでしょう。
配偶者の方が理解しているようですから、そこから話を進めるしかないのではないでしょうか。

本当にご相談の通りでしたら、その方には共同住宅での生活は難しいのではないかと思います。
配偶者の方が病院や施設での治療を了解しているのでしたら、その通りにしていただくことが一番なのですが。
ご本人にとっても一番いいのではないでしょうか。

理事会としては配偶者の方と話し合いを重ね、対処していただくしかないと思います。
ご本人が嫌がって治療ができないというのは、家庭内の問題になりますから、配偶者の方の責任になると思います。

どうにも解決できない場合には法的な手段もありますが、最後の最後に使う手段にしたいですね。
法的には、区分所有法第57条「行為の停止等の請求」第58条「使用禁止の請求」第59条「競売の請求」となります。
58条、59条に関する訴訟は総会の特別決議が必要です。

人権にかかわることでもありますから、慎重に対処する必要があると思います。
辛抱強く配偶者の方に対処、決断をお願いするのがいいのではないでしょうか。

回答ありがとうございまし。
3棟あるうちの1棟の出来事で理事会は各棟から数名でて構成しています。
その方は3階にお住まいで、実害を受けているのは下階と両隣、真上の6世帯です。
400世帯あるうちの6世帯の為、理事会で真剣に議論して頂けているかも疑問です。
入居当初より問題は少しありましたが、3年ほど前から状況が悪化しています。
回答を受け、法的手段について、理事会の役員に申し出たところそれは最後の手段
ですと言って直ぐには実行する気配はありません。

このまま我満しなければならないのはとてもつらいので、引越しも考えていますが、
近隣にこのような方がいらしたのでは、売れないような気がします。
愚痴になってしまい、申し訳ございません。


3棟という事は団地ですか?
規約が団地型になっているか、単棟型になっているかで対応の仕方が違います。
裁判に訴えるとなると、訴える資格があるかないかまで違ってきます。
マンション管理士若しくは弁護士などに相談してみてはいかがですか。
無料相談もしていますし、HPで近くの方を探して相談に乗ってくださるかどうか問い合わせることもできますよ。

困ってますさん、大変な問題ですね。さぞお困りと思います。

メロディーさんからのご回答にもありますが、配偶者さんが理事会の意向に理解を示してくれているようですので、そこを足掛かりとするような、例えば理事長さんが配偶者さんを役所に連れて行ってご相談なさるのはいかがでしょうか。

また、本人が治療・施設入所を拒む場合について、知人から聞いた話を思い出しました。
本人には自覚がなく「絶対に施設には入所しない。」と断言し、ご家族が介護疲れの限界に達していたところ、本人が骨折し、救急車で病院に搬送されたそうです。
入院している間に施設の手配を済ませ、退院後は施設に直行し入所させたところ、幸いにもスンナリ受け入れてスムーズに施設での生活が始まったそうです。
他の病気や怪我、健康診断などの機会を活かして治療を始めるキッカケが作れたら…と思いました。

回答ありがとうございました。

回答がありません。