みんなの管理組合

←トップへ戻る

管理組合の運営

マンションの顧問の利益相反について

マンション管理士に顧問を依頼しようと考えています。そこで気になるのが
利益相反の事です。「利益相反に違反していない証を出してもらったら」との声が、理事から上がっています。そのようなものを提出してもらうことは出来るのでしょうか。マンション管理士は、管理会社推薦でなく自分たちで探そうと話し合っています。

みんなの回答

嵐さんがありえないと思われているようなマンション管理士さんを知っています。
最近も片道2時間はかかるようなところから相談を受け、4~5回ほど通い問題を解決してあげた時も交通費も請求しなかったとのことです。
その管理士さんは顧問業務を受けるときも3~6か月はお見合い期間として無償で問題を解決し、その仕事の能力を組合で評価していただいてから引き受けるそうです。
そんな赤ひげ管理士さんに、利益相反の無い証を出してというのは無情な気がします。

もちろんそんな管理士さんは多くはないと思います。
嵐さんの言われるように「士業」と言っても利益を追求するほうが先の方もいるでしょう。

利益相反の心配より、いい管理士さんを選ぶ方がよっぽど重要な問題ではないでしょうか。

ありがとうございます。理事会でよく話し合い、安易に決めないようにします。自分たちで決めるために行動する事だと思いました。

顧問契約したマンション管理士さんが組合に損害をもたらさないか不安…ということでしたら候補の本人と面接する他、契約事例を紹介して貰うのも一案と思います。

理事長就任中にコンサルタント契約をする時、どうしたら悪徳コンサルでないことを確かめられるだろうか?と考え、既にそのコンサルタントと契約し委託業務を完了した管理組合を数件訪問し、本音の評価を話してもらいました。不安が軽減されたほか、総会で承認決議をする際にも役立つ情報が得られました。

他に「顧問が利益供与を得て斡旋した業者と交わされた契約は無効とする」という内容の条項を顧問契約中に含めておけば「~していない証」の提出と同じ効果が見込めるのではないでしょうか。

ありがとうございます。理事会でもっと情報を集め、単純に管理士に決めないようにします。ありがとうございました。

わかり難かったようで申し訳ございません。対象はマン管でもコンサルでも同じです。
本人から「~していない証」を貰う以上に、客観的な安心材料として、実際にその方に業務を委託したことがある第三者からお話を聞くという情報収集方法があることをお伝えしたかっただけです。

仕事として依頼するのですから、当然報酬は発生しますよね。
お互いの契約のもと合意すればいい事です。
利益相反とはどこまでのことを想定しているのですか。
委託した業務に対してしっかり仕事をしていただければ、契約上の報酬でいいのではないですか。
それ以上の利益が疑われるのでしたら、祖堅アドバイザーが言われるように、皆さんの判断で審判するしかないのではないですか。

貴重なご意見ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

マンション管理士さんにはいろいろなタイプがあると思います。
当然、業としてなすのですから利益を追求する方もいます。
知識で仕切る方や、資格で通そうとする方も見てきました。
ご自分の経験でボランティアで助け舟を出す方もいらっしゃいます。

うちのマンションはそんな中で、ここまで組合のことを考えてくれる、まるで自分がここの組合員のように親身になってくれるというマンション管理士に出会い、以降10年顧問をお願いしています。

どんなマンション管理士が合うかは、それぞれで違うと思いますので、皆さんで選べばいいのではないですか。

タイプとして、資格を盾にしている方、組織をバックにしている方、実力で対応している方 、いろいろいらっしゃいます。

コンサル、アドバイザーですから利益第一の方は避けたほうがいいと思います。

利益が悪いという事もないと思いますし、それなりの実務をしていただければいいのではないでしょうか。
私のところでは条件として
・マンションに住んでいる(住んだことがある)
・役員の経験がある
・実務をして5年以上

やはり、実情を分かっていただくには、実際の組合経験が必要と思いました。

具体的なアドバイスありがとうございました。参考にさせて頂きます。

マンション管理士の立場は利益を目的とする管理会社とは全く違いますという回答にかなり違和感が

マンション管理士も事務所を構えて有料で業としてやっているので利益を求めている部分が少なからずあるのでは?

ボランティアで管理組合の顧問などやってるなら納得ですがそれはないでしょう?

ありがとうございました。マンション管理士さんの業務に対しては報酬「顧問料」を払うつもりです。祖堅さんのお話は、管理組合・管理会社・顧問としての管理士の立ち位置を言われたかと思いまそ。顧問先が利益を何処から生み出すか、そこに利益相反に違反していることが無いか、間違いのない顧問先を探そうと思っています。

例えばどのようなことを想定しているのでしょうか。
大規模修繕などのサポートをするときなど、コンサルや施工会社と癒着していないかなどでしょうか。
「利益相反に違反しない証」と言われても難しいですよね。
何をもって証とし、何をもって信用していただくかなど思いつきません。
反対にどのようなことを証明すればいいのでしょうか。

マンション管理士の立場は100%組合側に立つことです。
マンション管理士のアドバイスが、本当に組合に親身になって行っているものかどうかで判断していただけるのではないでしょうか。
利益相反を考えていたら、親身に寄り添う事が手抜きになると思います。
マンション管理士がするのはあくまでアドバイスですから、それを判断し決定するのは皆さんです。
顧問を迎えたからと言っても、ご自分たちの「眼」はしっかり持っていてほしいと思います。

マンション管理士の立場は、利益を目的とする管理会社とは全く違います。
時に管理会社を監督し、不備や不正などを指摘し対峙することもあります。
組合の運営のサポートばかりでなく、管理会社にいろいろと要求することもあります。その要求の中には管理会社にとってありがたくないことも多々あります。
管理会社に推薦していただくのはどうかと思いますが、他の組合で契約しているマンション管理士が有能だからと紹介していただくのはありかと思います。
ただその場合には、管理会社との癒着はないことを明確にしていただく必要はあります。

マンション管理士を紹介する会などありますが、そのような会に登録しているのは、マンション管理士のほんの一部です。
HPなどで情報を取得し、何人か面接して決めてはいかがでしょうか。
経験からですが、組合は単なる組織ではなく人が暮らしている組織ですので、お互いの相性も非常に重要だと感じました。

私自身よく理解できていない時点での質問でしたが、貴重なご意見ありがとうございました。勉強します。

仕事として依頼するのですから、当然報酬は発生しますよね。
お互いの契約のもと合意すればいい事です。
利益相反とはどこまでのことを想定しているのですか。
委託した業務に対してしっかり仕事をしていただければ、契約上の報酬でいいのではないですか。
それ以上の利益が疑われるのでしたら、祖堅アドバイザーが言われるように、皆さんの判断で審判するしかないのではないですか。

貴重なご意見ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

マンション管理士さんにはいろいろなタイプがあると思います。
当然、業としてなすのですから利益を追求する方もいます。
知識で仕切る方や、資格で通そうとする方も見てきました。
ご自分の経験でボランティアで助け舟を出す方もいらっしゃいます。

うちのマンションはそんな中で、ここまで組合のことを考えてくれる、まるで自分がここの組合員のように親身になってくれるというマンション管理士に出会い、以降10年顧問をお願いしています。

どんなマンション管理士が合うかは、それぞれで違うと思いますので、皆さんで選べばいいのではないですか。

タイプとして、資格を盾にしている方、組織をバックにしている方、実力で対応している方 、いろいろいらっしゃいます。

コンサル、アドバイザーですから利益第一の方は避けたほうがいいと思います。

利益が悪いという事もないと思いますし、それなりの実務をしていただければいいのではないでしょうか。
私のところでは条件として
・マンションに住んでいる(住んだことがある)
・役員の経験がある
・実務をして5年以上

やはり、実情を分かっていただくには、実際の組合経験が必要と思いました。

具体的なアドバイスありがとうございました。参考にさせて頂きます。

嵐さんがありえないと思われているようなマンション管理士さんを知っています。
最近も片道2時間はかかるようなところから相談を受け、4~5回ほど通い問題を解決してあげた時も交通費も請求しなかったとのことです。
その管理士さんは顧問業務を受けるときも3~6か月はお見合い期間として無償で問題を解決し、その仕事の能力を組合で評価していただいてから引き受けるそうです。
そんな赤ひげ管理士さんに、利益相反の無い証を出してというのは無情な気がします。

もちろんそんな管理士さんは多くはないと思います。
嵐さんの言われるように「士業」と言っても利益を追求するほうが先の方もいるでしょう。

利益相反の心配より、いい管理士さんを選ぶ方がよっぽど重要な問題ではないでしょうか。

ありがとうございます。理事会でよく話し合い、安易に決めないようにします。自分たちで決めるために行動する事だと思いました。

例えばどのようなことを想定しているのでしょうか。
大規模修繕などのサポートをするときなど、コンサルや施工会社と癒着していないかなどでしょうか。
「利益相反に違反しない証」と言われても難しいですよね。
何をもって証とし、何をもって信用していただくかなど思いつきません。
反対にどのようなことを証明すればいいのでしょうか。

マンション管理士の立場は100%組合側に立つことです。
マンション管理士のアドバイスが、本当に組合に親身になって行っているものかどうかで判断していただけるのではないでしょうか。
利益相反を考えていたら、親身に寄り添う事が手抜きになると思います。
マンション管理士がするのはあくまでアドバイスですから、それを判断し決定するのは皆さんです。
顧問を迎えたからと言っても、ご自分たちの「眼」はしっかり持っていてほしいと思います。

マンション管理士の立場は、利益を目的とする管理会社とは全く違います。
時に管理会社を監督し、不備や不正などを指摘し対峙することもあります。
組合の運営のサポートばかりでなく、管理会社にいろいろと要求することもあります。その要求の中には管理会社にとってありがたくないことも多々あります。
管理会社に推薦していただくのはどうかと思いますが、他の組合で契約しているマンション管理士が有能だからと紹介していただくのはありかと思います。
ただその場合には、管理会社との癒着はないことを明確にしていただく必要はあります。

マンション管理士を紹介する会などありますが、そのような会に登録しているのは、マンション管理士のほんの一部です。
HPなどで情報を取得し、何人か面接して決めてはいかがでしょうか。
経験からですが、組合は単なる組織ではなく人が暮らしている組織ですので、お互いの相性も非常に重要だと感じました。

私自身よく理解できていない時点での質問でしたが、貴重なご意見ありがとうございました。勉強します。

マンション管理士の立場は利益を目的とする管理会社とは全く違いますという回答にかなり違和感が

マンション管理士も事務所を構えて有料で業としてやっているので利益を求めている部分が少なからずあるのでは?

ボランティアで管理組合の顧問などやってるなら納得ですがそれはないでしょう?

ありがとうございました。マンション管理士さんの業務に対しては報酬「顧問料」を払うつもりです。祖堅さんのお話は、管理組合・管理会社・顧問としての管理士の立ち位置を言われたかと思いまそ。顧問先が利益を何処から生み出すか、そこに利益相反に違反していることが無いか、間違いのない顧問先を探そうと思っています。

顧問契約したマンション管理士さんが組合に損害をもたらさないか不安…ということでしたら候補の本人と面接する他、契約事例を紹介して貰うのも一案と思います。

理事長就任中にコンサルタント契約をする時、どうしたら悪徳コンサルでないことを確かめられるだろうか?と考え、既にそのコンサルタントと契約し委託業務を完了した管理組合を数件訪問し、本音の評価を話してもらいました。不安が軽減されたほか、総会で承認決議をする際にも役立つ情報が得られました。

他に「顧問が利益供与を得て斡旋した業者と交わされた契約は無効とする」という内容の条項を顧問契約中に含めておけば「~していない証」の提出と同じ効果が見込めるのではないでしょうか。

ありがとうございます。理事会でもっと情報を集め、単純に管理士に決めないようにします。ありがとうございました。

わかり難かったようで申し訳ございません。対象はマン管でもコンサルでも同じです。
本人から「~していない証」を貰う以上に、客観的な安心材料として、実際にその方に業務を委託したことがある第三者からお話を聞くという情報収集方法があることをお伝えしたかっただけです。

例えばどのようなことを想定しているのでしょうか。
大規模修繕などのサポートをするときなど、コンサルや施工会社と癒着していないかなどでしょうか。
「利益相反に違反しない証」と言われても難しいですよね。
何をもって証とし、何をもって信用していただくかなど思いつきません。
反対にどのようなことを証明すればいいのでしょうか。

マンション管理士の立場は100%組合側に立つことです。
マンション管理士のアドバイスが、本当に組合に親身になって行っているものかどうかで判断していただけるのではないでしょうか。
利益相反を考えていたら、親身に寄り添う事が手抜きになると思います。
マンション管理士がするのはあくまでアドバイスですから、それを判断し決定するのは皆さんです。
顧問を迎えたからと言っても、ご自分たちの「眼」はしっかり持っていてほしいと思います。

マンション管理士の立場は、利益を目的とする管理会社とは全く違います。
時に管理会社を監督し、不備や不正などを指摘し対峙することもあります。
組合の運営のサポートばかりでなく、管理会社にいろいろと要求することもあります。その要求の中には管理会社にとってありがたくないことも多々あります。
管理会社に推薦していただくのはどうかと思いますが、他の組合で契約しているマンション管理士が有能だからと紹介していただくのはありかと思います。
ただその場合には、管理会社との癒着はないことを明確にしていただく必要はあります。

マンション管理士を紹介する会などありますが、そのような会に登録しているのは、マンション管理士のほんの一部です。
HPなどで情報を取得し、何人か面接して決めてはいかがでしょうか。
経験からですが、組合は単なる組織ではなく人が暮らしている組織ですので、お互いの相性も非常に重要だと感じました。

私自身よく理解できていない時点での質問でしたが、貴重なご意見ありがとうございました。勉強します。