←トップへ戻る

総会の議決権行使書について

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

最近、管理会社やマンション管理のアドバイザー等が総会での議決権行使書を薦めていますが、これだと総会出席者とのやりとりで「この議案は取り下げたほうがいい」となった場合でも議決権行使書だけで賛成多数の場合承認されてしまいます。あくまで優先するのは総会出席者であるはずですが。

みんなの回答

議決権行使書がないと、反対だと思っても会場に行かなければ反対だと言える場所がなくなります。
委任状は、大体賛成にされてしまう事になっているのが現状だと思います。

議案が不備なものでなくても、理事会にとって都合がよく、理事会の横暴と思えることであった場合、出席者がどんなに反対しても、委任状の数で可決となってしまうという事を、どこの組合でも1度は経験しているのではないでしょうか。

出席者の多くが反対するような議案は、議決権行使書で賛否を答える方も反対だと思う方が多いのではないでしょうか。
会場で反対が多く、議決権行使書で賛成が多いという事は考えにくいです。
そういう場合は、議案書での説明が不十分だと考えられるのではないでしょうか。

議決権行使書がなければ、結果的に反対票が少なくなり、理事会が思い通りにしやすくなるという事だと思いますし、組合員の総意をつかむことも不完全だという事ではないでしょうか。

クッシーさんが心配なさっているようなことが起こるのは、議決権行使書ではなく、委任状が大きな原因になると思います。

実際に出席者の反対が多数で議決権行使書では賛成多数ということが発生したので今回の質問になったわけです。議案書での説明が不十分と言いますが結果としてそうなるのであって、総会資料として区分所有者に配布するときは問題ないものとして配布しているわけです。どうもこのことに関して総会欠席者の利益ばかり考える傾向がありますが一番考えなければならないのは総会に出席し賛成なり反対なりの意見を言う方のことのはずです。そもそもこの議案は反対だと思う方は総会に出席しいろいろ発言されます。

なお理事長や理事会が思い通りにできなくなるから議決権行使書には反対だと言っているわけではありません。

議決権行使書を欠席者の利益というのは間違いだと思います。
出席をして意見を言ったから1票が重い、欠席して票だけ出すのは軽いという事もおかしいと思います。

票は同じ重さで、それぞれが自身の意見を出しているのではないでしょうか。
会場で反対の方が多いから、それが正当だとは言いけれないのではないでしょうか。
もし、議決権行使書で賛成の方々が、同じように会場に行かれたら、結果はどうなったのでしょうか。
会場で反対意見を聞いたら考えが変わったかもしれないという事でしょうか。

そういうことをお考えでしたら、言われるような結果が出たという事はやはり議案書が説明不足だったからではないでしょうか。
議決権行使書のせいではないと思います。

会場で、反対意見としてここがおかしいとか、これはどういうことだとか質問して、議案書からそういう事が読み取れないようなことがあったら、議案書の不備という事を主張できるのではないでしょうか。
そのような議案は決議するのではなく、取り下げにすべきだと考えます。

おっしゃっていることは正論でありわかっています。

議決権行使書を欠席者の利益というのは間違いだと思います。
出席をして意見を言ったから1票が重い、欠席して票だけ出すのは軽いという事もおかしいと思います。
→めんどくさいからすべておまかせするけど意思表示はさせてねという区分所有者と出席して意思表示する区分所有者とは明らかに重さは違うと私は思います。

総会に出席しなくても意思表示ができるのであれば総会に出席する意味などないし、そもそも総会など開く必要もないと思いますが。

会場に行きたくてもいけない場合もあると思います。すべてお任せしているのとは違うのではないでしょうか。丸投げしているのは委任状の方です。白紙委任状は、選挙の時の白紙投票とは全く違います。

将来は会場に行かない総会も普通になるかもしれませんね。
インターネットでポチっとクリックして投票で済んでしまう時代も来るでしょう。

現に、大規模マンションでは会場が確保できずにインターネットで投票しているところもあります。
会場に来られたら入りきれないから困るという理由です。

私は1票の重さは同じだと信じます。

会場に行きたくてもいけない場合もあると思います。すべてお任せしているのとは違うのではないでしょうか。丸投げしているのは委任状の方です。白紙委任状は、選挙の時の白紙投票とは全く違います。
→あえて委任状を出す方もおられると思います。

現に、大規模マンションでは会場が確保できずにインターネットで投票しているところもあります。
会場に来られたら入りきれないから困るという理由です。
→それは今回の問題とは関係ないと思いますが。広い会場を確保すればいいだけです。

私は1票の重さは同じだと信じます。
→結果しては同じだと思いますが、重さは明らかに違うと思います。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

例えばある議案について総会出席者のなかでは賛成(否決)多数だったとしても議決権行使書では否決(賛成)が多数ということも出てきます。それでも議決権行使書のほうが総会出席者より多い場合優先されるということになると思います。こうなると総会に出席しても意味がないということになるという声が実際区分所有者よりあったもので今回この質問をしてみました。他の方の回答をみても議案を取り下げることについて法的な問題もないみたいなので今後あまりないとは思いますが私が懸念するようなことになれば議案取り下げ等で対応しようと思います。回答ありがとうございました。

議決権行使書の賛否が、出席者の賛否と反対になるようなことは、ほとんど考えられません。
出席者が反対しても可決になってしまうのは、議長が委任票を自由にしているからではないでしょうか。
出席して議論しても意味がないことにしてしまうのは、委任状が害になっているからだと思います。
それを防ぐためにも、議決権行使書は重要な役割をします。

委任状を害とひとことで決めつけるのは少しおかしいのではないでしょうか。あえて委任状を出している区分所有者もおられると思います。

なお私は理事長を5年しております。やりたいのではなく裁判をかかえておりやめようにもやめれなくなっております(笑)。総会出席者を少しでも増やそうと総会期日を3か月前に決め広報し掲示板に自分で作成した出席依頼の案内文を貼り付け区分所有者に配布しほかいろいろやってきましたが、出席率は20%です。そこに2年前管理会社から議決権行使書を使ってくださいとの話があり現在議決権行使書は使用しておりますがこれは出席しなくても意思表示ができてしまい、ますます総会出席者が減ってしまうというか総会など開く意味がなくなるのではないかと思い今回こんな質問をしてみました。

議決権行使書で賛成多数の議案に対し、総会席上で出席者から問題が指摘されたときは、当方では条件付きの可決という方法を取りました。

補修工事の承認議案でしたが、「工事の必要性自体は認められるが、次期理事会で相見積もりを取り直し金額面及び発注先の再検討をする。費用はこの金額以下とする。」という条件付きでの可決となりました。

この議案を取り下げると他の議案にも影響が出る事や、議決権行使書で意思表示をした組合員の存在も考慮し、出席者の複数の意見を併せて出した結論で、理事長はその場を纏めたに過ぎず、一任されたわけではありませんでした。
その議案のどこに問題があるのか?議案全体なのか?一部分なのか?どうしたら問題は解決されるのか?を総会席上で議論すれば、
出席者より議決権行使書が優先されるという事は無いと思います。

議決権行使というのは、その議案の決議を取るときに賛成か反対かという意思を表明することですよね。
議案の取り下げをするという事に賛成か反対かとは違います。

私のところでも、議案に不備があったり、もっと検討すべきだという意見が会場で出されたことがあったのですが、
皆さんの意見を議長が取り入れ、ペンディングとして採決はしませんでした。
この場合、議案を否決にするのではなく、あくまでペンディングで、理事会に差し戻す形にします。理事会でもっと検討して、総会に上程するかどうかも含めやり直していただくことになります。
こういう会議の進め方をするのも議長の役目だと思います。
何も、総会に出されたからと言って、必ず可否を決しなければならないという事はないのではないでしょうか。

議案が採決に持ち込まれなければ、議決権行使書もその議案に関しては意味も効力もなくなります。

議案の取り下げは「否決にする」という事ではありませんので、会場の皆さんの判断でいいと思います。
議長はあくまで中立の立場でなければいけないという事が、こういう場合でも不可欠なことになりますね。

ということは議長である理事長の判断になってくるということになります。理事長一任と変わらないので議決権行使書にこだわる理由が見えてこないです。
なお総会に出された議案をペンディングするのは法律的には問題ないのですかね?

法的に問題はないかという事ですが、まったくありません。
むしろ取り下げたほうがいいという意見のある議案をごり押しで決議するほうが問題があると思います。
ごり押ししたら反対に、決議の無効を求めて訴えられることになるかもしれません。

議案の賛否を言っているのではなく、議案そのものが検討にあたらないという事になりますから、理事長に一任するものではありませんし、理事長は議長として職責を果たさなければならないことになります。

会場でいろいろ質問されて、説明責任のある議長が説明できないことが出てきたり、理事会の検討不足がわかったり、議案書の説明とずれたり、不備が見つかったりしたら、当然として議案の取り下げにしなければならないでしょう。
議案書の説明に不備または、説明不足やまちがいがあったという事になりますから、議案書の説明だけで賛否の意思を表明した議決権行使書も効力を失うのではないでしょうか。
委任票も同様ですから、その議案に関しては決議が取れなくなります。

「取り下げ」は「否決」ではありませんから、間違いのないように。
「この議案、気に入らないからダメだよ!」といって「否決」するのでしたら、通常通り、議決権行使書、委任状も加えて賛否を問わなければなりませんよ。

法的に問題はないかという事ですが、まったくありません。
むしろ取り下げたほうがいいという意見のある議案をごり押しで決議するほうが問題があると思います。
ごり押ししたら反対に、決議の無効を求めて訴えられることになるかもしれません。
→実際私のマンションであったのは逆のパターンですがそれでも訴えられますかね?


会場でいろいろ質問されて、説明責任のある議長が説明できないことが出てきたり、理事会の検討不足がわかったり、議案書の説明とずれたり、不備が見つかったりしたら、当然として議案の取り下げにしなければならないでしょう。
→説明責任を全うしている理事長がどれだけいるのでしょうか?現実として説明はすべて管理会社任せのところが多いと思います



議決権行使書がないと、反対だと思っても会場に行かなければ反対だと言える場所がなくなります。
委任状は、大体賛成にされてしまう事になっているのが現状だと思います。

議案が不備なものでなくても、理事会にとって都合がよく、理事会の横暴と思えることであった場合、出席者がどんなに反対しても、委任状の数で可決となってしまうという事を、どこの組合でも1度は経験しているのではないでしょうか。

出席者の多くが反対するような議案は、議決権行使書で賛否を答える方も反対だと思う方が多いのではないでしょうか。
会場で反対が多く、議決権行使書で賛成が多いという事は考えにくいです。
そういう場合は、議案書での説明が不十分だと考えられるのではないでしょうか。

議決権行使書がなければ、結果的に反対票が少なくなり、理事会が思い通りにしやすくなるという事だと思いますし、組合員の総意をつかむことも不完全だという事ではないでしょうか。

クッシーさんが心配なさっているようなことが起こるのは、議決権行使書ではなく、委任状が大きな原因になると思います。

実際に出席者の反対が多数で議決権行使書では賛成多数ということが発生したので今回の質問になったわけです。議案書での説明が不十分と言いますが結果としてそうなるのであって、総会資料として区分所有者に配布するときは問題ないものとして配布しているわけです。どうもこのことに関して総会欠席者の利益ばかり考える傾向がありますが一番考えなければならないのは総会に出席し賛成なり反対なりの意見を言う方のことのはずです。そもそもこの議案は反対だと思う方は総会に出席しいろいろ発言されます。

なお理事長や理事会が思い通りにできなくなるから議決権行使書には反対だと言っているわけではありません。

議決権行使書を欠席者の利益というのは間違いだと思います。
出席をして意見を言ったから1票が重い、欠席して票だけ出すのは軽いという事もおかしいと思います。

票は同じ重さで、それぞれが自身の意見を出しているのではないでしょうか。
会場で反対の方が多いから、それが正当だとは言いけれないのではないでしょうか。
もし、議決権行使書で賛成の方々が、同じように会場に行かれたら、結果はどうなったのでしょうか。
会場で反対意見を聞いたら考えが変わったかもしれないという事でしょうか。

そういうことをお考えでしたら、言われるような結果が出たという事はやはり議案書が説明不足だったからではないでしょうか。
議決権行使書のせいではないと思います。

会場で、反対意見としてここがおかしいとか、これはどういうことだとか質問して、議案書からそういう事が読み取れないようなことがあったら、議案書の不備という事を主張できるのではないでしょうか。
そのような議案は決議するのではなく、取り下げにすべきだと考えます。

おっしゃっていることは正論でありわかっています。

議決権行使書を欠席者の利益というのは間違いだと思います。
出席をして意見を言ったから1票が重い、欠席して票だけ出すのは軽いという事もおかしいと思います。
→めんどくさいからすべておまかせするけど意思表示はさせてねという区分所有者と出席して意思表示する区分所有者とは明らかに重さは違うと私は思います。

総会に出席しなくても意思表示ができるのであれば総会に出席する意味などないし、そもそも総会など開く必要もないと思いますが。

会場に行きたくてもいけない場合もあると思います。すべてお任せしているのとは違うのではないでしょうか。丸投げしているのは委任状の方です。白紙委任状は、選挙の時の白紙投票とは全く違います。

将来は会場に行かない総会も普通になるかもしれませんね。
インターネットでポチっとクリックして投票で済んでしまう時代も来るでしょう。

現に、大規模マンションでは会場が確保できずにインターネットで投票しているところもあります。
会場に来られたら入りきれないから困るという理由です。

私は1票の重さは同じだと信じます。

会場に行きたくてもいけない場合もあると思います。すべてお任せしているのとは違うのではないでしょうか。丸投げしているのは委任状の方です。白紙委任状は、選挙の時の白紙投票とは全く違います。
→あえて委任状を出す方もおられると思います。

現に、大規模マンションでは会場が確保できずにインターネットで投票しているところもあります。
会場に来られたら入りきれないから困るという理由です。
→それは今回の問題とは関係ないと思いますが。広い会場を確保すればいいだけです。

私は1票の重さは同じだと信じます。
→結果しては同じだと思いますが、重さは明らかに違うと思います。

議決権行使というのは、その議案の決議を取るときに賛成か反対かという意思を表明することですよね。
議案の取り下げをするという事に賛成か反対かとは違います。

私のところでも、議案に不備があったり、もっと検討すべきだという意見が会場で出されたことがあったのですが、
皆さんの意見を議長が取り入れ、ペンディングとして採決はしませんでした。
この場合、議案を否決にするのではなく、あくまでペンディングで、理事会に差し戻す形にします。理事会でもっと検討して、総会に上程するかどうかも含めやり直していただくことになります。
こういう会議の進め方をするのも議長の役目だと思います。
何も、総会に出されたからと言って、必ず可否を決しなければならないという事はないのではないでしょうか。

議案が採決に持ち込まれなければ、議決権行使書もその議案に関しては意味も効力もなくなります。

議案の取り下げは「否決にする」という事ではありませんので、会場の皆さんの判断でいいと思います。
議長はあくまで中立の立場でなければいけないという事が、こういう場合でも不可欠なことになりますね。

ということは議長である理事長の判断になってくるということになります。理事長一任と変わらないので議決権行使書にこだわる理由が見えてこないです。
なお総会に出された議案をペンディングするのは法律的には問題ないのですかね?

法的に問題はないかという事ですが、まったくありません。
むしろ取り下げたほうがいいという意見のある議案をごり押しで決議するほうが問題があると思います。
ごり押ししたら反対に、決議の無効を求めて訴えられることになるかもしれません。

議案の賛否を言っているのではなく、議案そのものが検討にあたらないという事になりますから、理事長に一任するものではありませんし、理事長は議長として職責を果たさなければならないことになります。

会場でいろいろ質問されて、説明責任のある議長が説明できないことが出てきたり、理事会の検討不足がわかったり、議案書の説明とずれたり、不備が見つかったりしたら、当然として議案の取り下げにしなければならないでしょう。
議案書の説明に不備または、説明不足やまちがいがあったという事になりますから、議案書の説明だけで賛否の意思を表明した議決権行使書も効力を失うのではないでしょうか。
委任票も同様ですから、その議案に関しては決議が取れなくなります。

「取り下げ」は「否決」ではありませんから、間違いのないように。
「この議案、気に入らないからダメだよ!」といって「否決」するのでしたら、通常通り、議決権行使書、委任状も加えて賛否を問わなければなりませんよ。

法的に問題はないかという事ですが、まったくありません。
むしろ取り下げたほうがいいという意見のある議案をごり押しで決議するほうが問題があると思います。
ごり押ししたら反対に、決議の無効を求めて訴えられることになるかもしれません。
→実際私のマンションであったのは逆のパターンですがそれでも訴えられますかね?


会場でいろいろ質問されて、説明責任のある議長が説明できないことが出てきたり、理事会の検討不足がわかったり、議案書の説明とずれたり、不備が見つかったりしたら、当然として議案の取り下げにしなければならないでしょう。
→説明責任を全うしている理事長がどれだけいるのでしょうか?現実として説明はすべて管理会社任せのところが多いと思います



いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

例えばある議案について総会出席者のなかでは賛成(否決)多数だったとしても議決権行使書では否決(賛成)が多数ということも出てきます。それでも議決権行使書のほうが総会出席者より多い場合優先されるということになると思います。こうなると総会に出席しても意味がないということになるという声が実際区分所有者よりあったもので今回この質問をしてみました。他の方の回答をみても議案を取り下げることについて法的な問題もないみたいなので今後あまりないとは思いますが私が懸念するようなことになれば議案取り下げ等で対応しようと思います。回答ありがとうございました。

議決権行使書の賛否が、出席者の賛否と反対になるようなことは、ほとんど考えられません。
出席者が反対しても可決になってしまうのは、議長が委任票を自由にしているからではないでしょうか。
出席して議論しても意味がないことにしてしまうのは、委任状が害になっているからだと思います。
それを防ぐためにも、議決権行使書は重要な役割をします。

委任状を害とひとことで決めつけるのは少しおかしいのではないでしょうか。あえて委任状を出している区分所有者もおられると思います。

なお私は理事長を5年しております。やりたいのではなく裁判をかかえておりやめようにもやめれなくなっております(笑)。総会出席者を少しでも増やそうと総会期日を3か月前に決め広報し掲示板に自分で作成した出席依頼の案内文を貼り付け区分所有者に配布しほかいろいろやってきましたが、出席率は20%です。そこに2年前管理会社から議決権行使書を使ってくださいとの話があり現在議決権行使書は使用しておりますがこれは出席しなくても意思表示ができてしまい、ますます総会出席者が減ってしまうというか総会など開く意味がなくなるのではないかと思い今回こんな質問をしてみました。

議決権行使書で賛成多数の議案に対し、総会席上で出席者から問題が指摘されたときは、当方では条件付きの可決という方法を取りました。

補修工事の承認議案でしたが、「工事の必要性自体は認められるが、次期理事会で相見積もりを取り直し金額面及び発注先の再検討をする。費用はこの金額以下とする。」という条件付きでの可決となりました。

この議案を取り下げると他の議案にも影響が出る事や、議決権行使書で意思表示をした組合員の存在も考慮し、出席者の複数の意見を併せて出した結論で、理事長はその場を纏めたに過ぎず、一任されたわけではありませんでした。
その議案のどこに問題があるのか?議案全体なのか?一部分なのか?どうしたら問題は解決されるのか?を総会席上で議論すれば、
出席者より議決権行使書が優先されるという事は無いと思います。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

例えばある議案について総会出席者のなかでは賛成(否決)多数だったとしても議決権行使書では否決(賛成)が多数ということも出てきます。それでも議決権行使書のほうが総会出席者より多い場合優先されるということになると思います。こうなると総会に出席しても意味がないということになるという声が実際区分所有者よりあったもので今回この質問をしてみました。他の方の回答をみても議案を取り下げることについて法的な問題もないみたいなので今後あまりないとは思いますが私が懸念するようなことになれば議案取り下げ等で対応しようと思います。回答ありがとうございました。

議決権行使書の賛否が、出席者の賛否と反対になるようなことは、ほとんど考えられません。
出席者が反対しても可決になってしまうのは、議長が委任票を自由にしているからではないでしょうか。
出席して議論しても意味がないことにしてしまうのは、委任状が害になっているからだと思います。
それを防ぐためにも、議決権行使書は重要な役割をします。

委任状を害とひとことで決めつけるのは少しおかしいのではないでしょうか。あえて委任状を出している区分所有者もおられると思います。

なお私は理事長を5年しております。やりたいのではなく裁判をかかえておりやめようにもやめれなくなっております(笑)。総会出席者を少しでも増やそうと総会期日を3か月前に決め広報し掲示板に自分で作成した出席依頼の案内文を貼り付け区分所有者に配布しほかいろいろやってきましたが、出席率は20%です。そこに2年前管理会社から議決権行使書を使ってくださいとの話があり現在議決権行使書は使用しておりますがこれは出席しなくても意思表示ができてしまい、ますます総会出席者が減ってしまうというか総会など開く意味がなくなるのではないかと思い今回こんな質問をしてみました。