←トップへ戻る

損害賠償や善管管理(注意)義務違反について

管理規約

管理組合の会計

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

管理費収支が赤字になり、修繕積立金を理事長の了解だけで使用していた
問題で積もった赤字が900万ほどありますが、管理会社と旧理事長を訴える考えですがこの問題の管理組合の議決にこの旧理事長たち当事者の票は含まれますか?除外にはならないでしょうか?また訴訟の専門弁護士がいらっしゃたら紹介してほしいです。

みんなの回答

検証が必要です。
裁判は最後手段で行うようになります。誰が誰を・・と考えると集合住宅の合意形成の要素が崩れます。
裁判費用は何処から出るのか?当然に管理組合でしょう?
原因を究明し、誰がではなく、何故このようなことが起きたのか?チェック機能は?収支報告はなされていて総会承認がなされていたら管理組合員全体の責任です。
犯人探しではなく、原因を明確にして次のステップが大切と思います。

理事長を訴える前にすべきことがあると思います。

一般会計の赤字が900万累積するまで気づかなかった管理組合の皆様の意識改革です。
マンション管理は役員だけではなく、全員が当事者意識をもって取り組むべき事業です。
管理会社に任せっぱなしで無関心だったのではありませんか?
理事長が悪い、管理会社が悪いと言う前に、一刻も早く皆さんで財務基盤の改善に着手すべきだと思います。
管理費の徴収額を値上げする以外にも打つ手はあります。
やり方がわからなければ、マンション管理士さんに相談したり、マンション管理コンサルタント会社に依頼するのも一案です。

マンション管理に詳しい弁護士さんなら、篠原みち子先生が この道では
第一人者だと 私は思います。
このサイトに登録しているアドバイザーの中にも、マンション管理にまつわる問題の解決に活躍している弁護士さんが何名かいらっしゃいます。
ホーム画面の右側にアドバイザーの先生方の丸い顔写真が並んでいますが、クリックしますとプロフィールや連絡先が出ますのでご参考まで。
(篠原みち子先生はこちらのアドバイザーではありません。)

ただ、過去の弾劾裁判をするより、未来へ向けて改善した方が建設的だと思います。訴訟の必要はあるのでしょうか?

理事長を訴える前にすべきことがあると思います。

一般会計の赤字が900万累積するまで気づかなかった管理組合の皆様の意識改革です。
マンション管理は役員だけではなく、全員が当事者意識をもって取り組むべき事業です。
管理会社に任せっぱなしで無関心だったのではありませんか?
理事長が悪い、管理会社が悪いと言う前に、一刻も早く皆さんで財務基盤の改善に着手すべきだと思います。
管理費の徴収額を値上げする以外にも打つ手はあります。
やり方がわからなければ、マンション管理士さんに相談したり、マンション管理コンサルタント会社に依頼するのも一案です。

マンション管理に詳しい弁護士さんなら、篠原みち子先生が この道では
第一人者だと 私は思います。
このサイトに登録しているアドバイザーの中にも、マンション管理にまつわる問題の解決に活躍している弁護士さんが何名かいらっしゃいます。
ホーム画面の右側にアドバイザーの先生方の丸い顔写真が並んでいますが、クリックしますとプロフィールや連絡先が出ますのでご参考まで。
(篠原みち子先生はこちらのアドバイザーではありません。)

ただ、過去の弾劾裁判をするより、未来へ向けて改善した方が建設的だと思います。訴訟の必要はあるのでしょうか?

検証が必要です。
裁判は最後手段で行うようになります。誰が誰を・・と考えると集合住宅の合意形成の要素が崩れます。
裁判費用は何処から出るのか?当然に管理組合でしょう?
原因を究明し、誰がではなく、何故このようなことが起きたのか?チェック機能は?収支報告はなされていて総会承認がなされていたら管理組合員全体の責任です。
犯人探しではなく、原因を明確にして次のステップが大切と思います。

回答がありません。