←トップへ戻る

マンション管理士の立場

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

私のところではないのですが、このサイトのご質問を読ませていただいて疑問を持ちました。
管理会社が、マンション管理士を雇い、組合のアドバイスを業務として委託することはあるのでしょうか。
また、それは適切なことなのでしょうか。

みんなの回答

良し悪しは別にして、管理組合の運営やマンションの維持管理に対する助言やサポートはそもそも管理会社の業務だと思いますが。ではなく、第三者的な助言やサポートを専門家にお願いするという意味でマンション管理士と管理組合とでコンサル契約をするものかなと思います。
管理会社がマンション管理士を雇う(委託する)というのはマンション管理士の資格を持った管理会社の人間とほぼ同義だと思いますので、第三者的なものではないですね。また管理会社に専門的な助言やサポートが無いから管理会社からマンション管理士にサポートを委託するというのであれば、そのような管理会社は見直した方がいいですよね。
以上のことから滅多に無いことですし、そのような管理会社があるなら管理を任せるのは不適切だと思います。

ほとんどあり得ないことだと思います。
なぜかというと、マンション管理士は組合の利益を守るために管理会社を監査し、不適切なことには対峙(対立もあり得る)する立場です。
それを管理会社が雇っていたら、自分のところを監査する立ち場の者を、自分で雇っていることになります。
管理会社が雇っているマンション管理士を送ってくるとしたら、マンション管理士というネームバリューで何もわからない住民を丸め込むのかなぁと勘繰ってしまいます。

それを受け入れている組合にも、もっと関心を持ってしっかりすべきだという責任はあるのではないでしょうか。

管理会社が組合に頼まれてマンション管理士を探してくることもありますが、その場合でも契約等は管理会社には関係なく締結するもので、業務もあくまで士業として公正に行うべきものです。
管理会社に従事する者が、その組合で「マンション管理士」としての業務をすることはあり得ないでしょう。

一般的には管理会社がマンション管理士を雇うことは有りません。
そのような管理会社があれば公正な判断をしなければならない管理士を、請負・雇用の契約等で我田引水的な方向へとの意図が見え見えですし、ベクトル的にも力が働いてしまいます。
又、そのような管理士は「マンション適正化法」上問題あり・・・ってなる気がします。
管理会社にもマンション管理士資格をもつ社員は多数います。敢えて「業務独占資格」ではなく「名称独占資格」のマンション管理士を雇う必要はないのが通常でしょう。
又、管理員は例えマンション管理士資格を有していても「契約」の範囲を超えて業務をしてはいけません。マンション管理士資格をもっているから云々ではありません。
御参考までに!

回答になるかわかりませんが、今こんなことで悩み苦しいでおります。管理会社と管理組合が当然あります。そこの理事長をやっておりますが、ある委員会がありそこの人達が事実上管理組合(私は闇の理事会と呼んでおります?)をコントロールしております。それでこの委員会が管理会社と一緒になり(ここは?)色々なことを画策しております。その委員会が慣例でそれ以外のこともやりますので、理事長として困ると言うと慣例でやっているのに何が悪いかと言っております。独立している複数のマンション管理士に相談に乗ってもらいまして私から見て複数から正当な答えを頂きました。他の専門分野で○○士(独立したコンサルタント)をやっております。企業内の○○士は私達の仲間では対外的に利害が相反するので一緒に仕事をやらない仕組みがあります。マンション管理士も同じ○○士業ですので同じではないでしょうか。独立すれば信用が大切ですが、見分けは難しいです。

回答がありません。