←トップへ戻る

住まいのトラブル

管理組合の運営

ルーフバルコニーの庭園

最上階にお住まいの方がルーフバルコニーに庭園を造ってしまいました。
管理会社からの点検報告で分かったので、管理会社から基に戻すように
伝えてもらったのですが、購入時にルーフバルコニーは何に使ってもよい
といわれ、庭園を持つことが夢だったらしく、さらに数百万円かかった
ので、今さら戻すつもりはないとのです。管理員から枯葉などで排水口
が詰まるとの報告をうけており、また数年後には大規模修繕工事も予定
されているので、なんとかしたいと思います。
やはり法的手段しかないのでしょうか?

みんなの回答

既に当該区分所有者と面談され、「今さら戻すつもりはない。」と言われてしまったなら、法的手段しかありません。
訴訟を行った場合の弁護士費用がいかほどか弁護士に確認してください。
管理規約に、義務違反者に対する管理組合の訴えにおいて、当該区分所有者が裁判費用を負担する規定はありますか?なければ規約を変更して当該規定を盛り込んでください。
先ずはいきなり訴えを提起するのは控え、以下の主張を書面で投げかけてみましょう。
①管理組合としては本件を規約第〇条に反する行為と認め、到底容認はできません。
②自己の負担と責任で原状回復を○月〇日まで(日付を管理組合で指定すべきです)に実施する旨、貴殿より〇月〇日までに、書面で理事長あて回答をおねがいします。
③期日までに書面による回答が無い場合、または回答いただいた期日までに原状回復が行われない場合、管理組合は貴殿に対して遺憾ながら法的手段を取らざるを得ません。
④訴訟となり、管理組合の主張が認められた場合には、原状回復費用に加え、訴訟費用、管理組合の代理人弁護士費用を合わせて貴殿が負担することとなりますのでご承知おきください。
⑤尚、マンション売買契約時に売主からルーフバルコニーを何に使っても良いと言われたとしても、管理組合はあずかり知らないことです。貴殿が言われるような事実が仮にあれば、売り主との間で、解決すべき問題であるとご理解下さい。

 訴訟にはあらかじめ総会決議を取り付けるべきですので、上記の警告を行うこと、無視すれば○○円の訴訟費用と弁護士費用が見込まれること、更にこの費用は当該区分所有者に請求されることを一連の議案として、総会を招集されてはどうでしょうか。
招集通知がご本人にも届いた段階で、当該区分所有者の方のお考えも変わってくるだろうと期待したいものです。




管理(すが さとし)様
適切な回答のほか、書面の素案まで頂き、感謝いたします。
早速、他の理事メンバーに連絡をしてみます。
ありがとうございました。

数百万かけた庭園とは大変な問題ですね。
販売会社が無責任に売り文句で何でもできますよと言ってしまったのでしょうか。
バルコニーの使用、用法について規約、使用細則で規定はされていませんか。
通常は、バルコニーでの禁止事項として大量の土砂、レンガ、モルタル等の使用によるガーデニングは禁止となっているはずです。
また、通常の用法以外の使用も禁止です。
プランターなどでガーデニングを楽しむ分には構わないと思いますが、本格的な庭園を造るのはまずいでしょう。
規約、使用細則にl規定されているはずですから、それをもとに話し合いをしていくしかないと思います。
また、そのような大がかりな工作をした場合、階下への影響も考えられます。
防水のこともそうですし、今後の修繕に保証もできません。
組合としては、当然のこととして原状回復を求めることになると思います。

しかし、かなりの費用をかけているということですので、それは販売会社とその方との話し合いでまとめていただくことと思います。
もともと規約、使用細則に違反するということがわかっていながら、何に使ってもいいですよというような販売トークがあったのでしたら販売会社の責任でしょうし、ご自分の都合のいいように解釈なさったというのでしたら、その方の責任でしょう。
どちらにしても、管理組合としてはルールに従っていただくということではないでしょうか。

法的手段になるかもしれませんが、組合が損失を被ることはないと思います。
規約、使用細則にのっとり原状回復を求めることが正当と思います。

祖堅様
ご回答頂き感謝いたします。
組合が損失を被ることがないとおっしゃっていただき大変心強く感じました。
理事会にて、協議し訴訟も含め検討いたします。
ありがとうございました。

数百万かけた庭園とは大変な問題ですね。
販売会社が無責任に売り文句で何でもできますよと言ってしまったのでしょうか。
バルコニーの使用、用法について規約、使用細則で規定はされていませんか。
通常は、バルコニーでの禁止事項として大量の土砂、レンガ、モルタル等の使用によるガーデニングは禁止となっているはずです。
また、通常の用法以外の使用も禁止です。
プランターなどでガーデニングを楽しむ分には構わないと思いますが、本格的な庭園を造るのはまずいでしょう。
規約、使用細則にl規定されているはずですから、それをもとに話し合いをしていくしかないと思います。
また、そのような大がかりな工作をした場合、階下への影響も考えられます。
防水のこともそうですし、今後の修繕に保証もできません。
組合としては、当然のこととして原状回復を求めることになると思います。

しかし、かなりの費用をかけているということですので、それは販売会社とその方との話し合いでまとめていただくことと思います。
もともと規約、使用細則に違反するということがわかっていながら、何に使ってもいいですよというような販売トークがあったのでしたら販売会社の責任でしょうし、ご自分の都合のいいように解釈なさったというのでしたら、その方の責任でしょう。
どちらにしても、管理組合としてはルールに従っていただくということではないでしょうか。

法的手段になるかもしれませんが、組合が損失を被ることはないと思います。
規約、使用細則にのっとり原状回復を求めることが正当と思います。

祖堅様
ご回答頂き感謝いたします。
組合が損失を被ることがないとおっしゃっていただき大変心強く感じました。
理事会にて、協議し訴訟も含め検討いたします。
ありがとうございました。

既に当該区分所有者と面談され、「今さら戻すつもりはない。」と言われてしまったなら、法的手段しかありません。
訴訟を行った場合の弁護士費用がいかほどか弁護士に確認してください。
管理規約に、義務違反者に対する管理組合の訴えにおいて、当該区分所有者が裁判費用を負担する規定はありますか?なければ規約を変更して当該規定を盛り込んでください。
先ずはいきなり訴えを提起するのは控え、以下の主張を書面で投げかけてみましょう。
①管理組合としては本件を規約第〇条に反する行為と認め、到底容認はできません。
②自己の負担と責任で原状回復を○月〇日まで(日付を管理組合で指定すべきです)に実施する旨、貴殿より〇月〇日までに、書面で理事長あて回答をおねがいします。
③期日までに書面による回答が無い場合、または回答いただいた期日までに原状回復が行われない場合、管理組合は貴殿に対して遺憾ながら法的手段を取らざるを得ません。
④訴訟となり、管理組合の主張が認められた場合には、原状回復費用に加え、訴訟費用、管理組合の代理人弁護士費用を合わせて貴殿が負担することとなりますのでご承知おきください。
⑤尚、マンション売買契約時に売主からルーフバルコニーを何に使っても良いと言われたとしても、管理組合はあずかり知らないことです。貴殿が言われるような事実が仮にあれば、売り主との間で、解決すべき問題であるとご理解下さい。

 訴訟にはあらかじめ総会決議を取り付けるべきですので、上記の警告を行うこと、無視すれば○○円の訴訟費用と弁護士費用が見込まれること、更にこの費用は当該区分所有者に請求されることを一連の議案として、総会を招集されてはどうでしょうか。
招集通知がご本人にも届いた段階で、当該区分所有者の方のお考えも変わってくるだろうと期待したいものです。




管理(すが さとし)様
適切な回答のほか、書面の素案まで頂き、感謝いたします。
早速、他の理事メンバーに連絡をしてみます。
ありがとうございました。

数百万かけた庭園とは大変な問題ですね。
販売会社が無責任に売り文句で何でもできますよと言ってしまったのでしょうか。
バルコニーの使用、用法について規約、使用細則で規定はされていませんか。
通常は、バルコニーでの禁止事項として大量の土砂、レンガ、モルタル等の使用によるガーデニングは禁止となっているはずです。
また、通常の用法以外の使用も禁止です。
プランターなどでガーデニングを楽しむ分には構わないと思いますが、本格的な庭園を造るのはまずいでしょう。
規約、使用細則にl規定されているはずですから、それをもとに話し合いをしていくしかないと思います。
また、そのような大がかりな工作をした場合、階下への影響も考えられます。
防水のこともそうですし、今後の修繕に保証もできません。
組合としては、当然のこととして原状回復を求めることになると思います。

しかし、かなりの費用をかけているということですので、それは販売会社とその方との話し合いでまとめていただくことと思います。
もともと規約、使用細則に違反するということがわかっていながら、何に使ってもいいですよというような販売トークがあったのでしたら販売会社の責任でしょうし、ご自分の都合のいいように解釈なさったというのでしたら、その方の責任でしょう。
どちらにしても、管理組合としてはルールに従っていただくということではないでしょうか。

法的手段になるかもしれませんが、組合が損失を被ることはないと思います。
規約、使用細則にのっとり原状回復を求めることが正当と思います。

祖堅様
ご回答頂き感謝いたします。
組合が損失を被ることがないとおっしゃっていただき大変心強く感じました。
理事会にて、協議し訴訟も含め検討いたします。
ありがとうございました。