←トップへ戻る

管理規約

マンスリーマンションは規約で禁止できるのか

素朴な疑問です。管理規約の12条は標準管理規約のままです。マンスリーマンションのような賃貸借契約は出来るのでしょうか?極端にそれを繰り返すような事は規約で禁止できるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

みんなの回答

12条というと専有部分の用法で「専ら住宅として使用する」というところですね。
「住宅(住戸)として使用」とは何をいうのかというと、居住者の生活の本拠があるかどうかということになります。
マンスリーというと、確かに短期間はそこを住宅として使用しているのでしょうけれど、生活の本拠とは言えないのではないでしょうか。
住宅というより、宿泊施設といえると思います。
また、住戸専用というのは「マンションの平穏さの確保」の意味もあります。
マンスリーマンションとしての賃貸契約は、この規約に反するものと判断されます。
すでに規約違反ですが、民泊などの禁止とともに規約を厳重にしておいてもいいでしょう。

・不特定多数を対象に、宿泊や滞在の用途に供してはならない。
また、専有部分の貸与の条にも
・期間を問わずを問わず、不特定多数を対象とする営利を目的とした宿泊施設等の用途として貸与してはならない
などの文言が考えられます。

12条というと専有部分の用法で「専ら住宅として使用する」というところですね。
「住宅(住戸)として使用」とは何をいうのかというと、居住者の生活の本拠があるかどうかということになります。
マンスリーというと、確かに短期間はそこを住宅として使用しているのでしょうけれど、生活の本拠とは言えないのではないでしょうか。
住宅というより、宿泊施設といえると思います。
また、住戸専用というのは「マンションの平穏さの確保」の意味もあります。
マンスリーマンションとしての賃貸契約は、この規約に反するものと判断されます。
すでに規約違反ですが、民泊などの禁止とともに規約を厳重にしておいてもいいでしょう。

・不特定多数を対象に、宿泊や滞在の用途に供してはならない。
また、専有部分の貸与の条にも
・期間を問わずを問わず、不特定多数を対象とする営利を目的とした宿泊施設等の用途として貸与してはならない
などの文言が考えられます。

12条というと専有部分の用法で「専ら住宅として使用する」というところですね。
「住宅(住戸)として使用」とは何をいうのかというと、居住者の生活の本拠があるかどうかということになります。
マンスリーというと、確かに短期間はそこを住宅として使用しているのでしょうけれど、生活の本拠とは言えないのではないでしょうか。
住宅というより、宿泊施設といえると思います。
また、住戸専用というのは「マンションの平穏さの確保」の意味もあります。
マンスリーマンションとしての賃貸契約は、この規約に反するものと判断されます。
すでに規約違反ですが、民泊などの禁止とともに規約を厳重にしておいてもいいでしょう。

・不特定多数を対象に、宿泊や滞在の用途に供してはならない。
また、専有部分の貸与の条にも
・期間を問わずを問わず、不特定多数を対象とする営利を目的とした宿泊施設等の用途として貸与してはならない
などの文言が考えられます。