←トップへ戻る

管理組合の運営

マンション管理組合理事会決議無効確認の件

管理規約にて理事長の代理(配偶者)は認めておりませんが、副理事長(区分所有者)及び理事(区分所有者)が出席している場合は、2名以上の理事(区分所有者)出席にて理事会の成立を認めております。今回、理事会議事録が開催日より77日後に管理会社より郵送されてきました。(議事録が郵送されて初めて理事会を開催したことが分かる)署名を確認したところ理事長代理1名(区分所有者では無い配偶者)、副理事長(区分所有者)、監事(区分所有者)の3名の署名(理事(区分所有者)1名が欠席)がありました。区分所有者理事1名の理事会はさすがにまずいだろうと内々で話したところ理事会に無視されました。管理規約を無視した理事会に対して訴訟を行ったところ、被告訴訟代理人(弁護士)より理事長代理は慣行であり原告の請求には理由がなく、速やかに棄却されるべきである。との答弁書が郵送されてきました。第1回公判へ出廷したところ被告訴訟代理人(弁護士)は欠席でした。慣行の主文は今まで理事や組合員から異議がなされていないからとの事なのですが、組合員(区分所有者)名簿は理事長しか持ってませんから誰も区分所有者か配偶者(一親等の親族)か知らないのです。異議とか以前の問題で組合員は全員、理事会出席者は自動的に区分所有者と思っております。原告は自ら法廷に立ちますが、被告は管理組合費用か弁護士費用を出すとの事。これも管理組合員は誰も知らないとの事。過去のこのような事例がありましたらご助言願います。

みんなの回答

理事会の決議の無効という形でのご質問ですが、山隆さんは理事会の正しい運営を望んでいらっしゃると察します。(違っていたら申し訳ございません。)

私が理事長就任中、理事さんの集まりが悪くて苦労しました。予め出席の確認をしたのに理事会当日になって急にドタキャンされる、何の連絡もなく姿を現さない、などで理事の半数以上の出席がないため理事会が成立せず「審議会」という形にし3名必要な理事の署名の1人が監事だったりしましたが、それらを無効としてしまうと組合運営が滞ってしまうため、良くない事とは承知でやっていました。それについて異議が出されたことはありませんでした。

マンション管理の目的は、安全で快適な住環境の維持管理だと思います。何のために理事会をしているのか?を考えて、規約にがんじがらめになって目的が果たせないような状況ならば祖堅先生もおっしゃっているように規約の方を見直すべきだと思います。

山隆さんは現在 役員さんではないのでしょうか?
立候補して理事長として活動すれば理事会の開催・内容がご自身で把握できて、正しい運営を実現する最短距離なのではないでしょうか?
同じ組合員の運営に不満を持って訴訟をするくらいの熱意があるなら、不適切な理事会運営の改革に向けてご自身で役員になって行動した方が建設的だと思います。

ありがとうございます。正しく行いたいとの思いから理事に立候補する事にしております。組合員全体の意識が向上しない限りダメなようです。内々で話をしても結局はなあなあになってしまい元のダメな管理組合になってしまいます。法の裁きによってダメだと外から言ってもらわないと日本人はダメのようです。それにこのまま放置していると管理会社主導で修繕積立金が垂れ流しで膨大な資金負担をしなければならない状態になることが分かっております。前回の定時総会にて管理会社から今回の大規模改修工事にて修繕積立金が無くなる旨の申し出がありました。修繕で管理会社任せで他社から見積を取った事が一度もないのです。話はそれましたが、すべてがダメなのです。区分所有者理事一人の理事会を認めているようでは、何もできないと思います。

皆さんの意識を高めるように頑張って下さい。
因みに当方の修繕委員会は誰でも参加できるよう公開しているのですが、一般組合員は誰も来なくて……大きなお金が動く事業なのに、こんなに関心が低くて良いの?といつも思っています。私達の関心の低さが割高な工事や、不要な修繕(壊れる前に勧められる修繕)が付け入る隙を作るのだと思います。

理事会決議の無効を訴えたのですか。
特に山隆さんが損害を受けたということではないですよね。

裁判に持ち込むまでにこじれたということでしょうか。
この時に決められたことは、みなさんに大きな影響を及ぼすような重要なことだったのでしょうか。
監事さんが出席なさっていたようですので、変なことは決めてはいないと思うのですが。

裁判のことはさておいて、理事会が定員に満たないことはどこでもよくあることです。こういう場合は理事会は成立しません。
では、集まった方々はどうするかというと、「打ち合わせ」という形で検討します。
もちろんこの場合も記録を残しますが、それは議事録ではなく「打ち合わせの記録」とします。

山隆さんのところでは理事の数が少ないようですが、数を増やすとか、役員の資格を配偶者や親族の方まで広げるとか対策をとったほうがいいと思います。
今後もこのようなことは起こるでしょうし、多くのところでは役員の幅を広げています。
規約に従うのは当然ですが、その規約が実情に合っていないのでしたら規約を変えたほうがいいと思います。
裁判を起こすよりも現実的だと思いますがいかがでしょうか。

ありがとうございます。「打ち合せの記録」ではなく、理事会議事録だというので・・・それはダメでしょうと思うのです。
管理規約を無視したら、ちょっとオーバーですが、司法制度が無意味になってしまいます。
ご指摘の通り、次回理事に立候補して管理規約も含めて改革してゆきます。(理事に選ばれることが前提ですが)
司法(裁判)にて外から、ダメと言われと「なあなあ」のなれ合いに戻るのが日本人の常だと心底思います。

質問ですが、理事会ではなく管理組合を訴えたのですか?それとも管理組合理事長を訴えたのですか?原告はあなた個人ですか?

被告は管理組合(理事長)です。原告は私(個人)です。

質問の内容を見る限り「原告の請求には理由がなく、速やかに棄却されるべきである」ということになるような気がします。内容は規約違反だと思いますが、誰も知らないというのも結局管理組合全体の責任だと思いますし、このことによってあなたがなにか損害を被ったということも質問を見る限りないようなので。
そもそも規約違反状態の理事会を見過ごしていた管理会社を善管注意義務違反で訴えるべきですし、他の方も仰っていますが規約改正等に力を入れたほうが建設的ですし解決も早いと思います。

理事会決議の無効を訴えたのですか。
特に山隆さんが損害を受けたということではないですよね。

裁判に持ち込むまでにこじれたということでしょうか。
この時に決められたことは、みなさんに大きな影響を及ぼすような重要なことだったのでしょうか。
監事さんが出席なさっていたようですので、変なことは決めてはいないと思うのですが。

裁判のことはさておいて、理事会が定員に満たないことはどこでもよくあることです。こういう場合は理事会は成立しません。
では、集まった方々はどうするかというと、「打ち合わせ」という形で検討します。
もちろんこの場合も記録を残しますが、それは議事録ではなく「打ち合わせの記録」とします。

山隆さんのところでは理事の数が少ないようですが、数を増やすとか、役員の資格を配偶者や親族の方まで広げるとか対策をとったほうがいいと思います。
今後もこのようなことは起こるでしょうし、多くのところでは役員の幅を広げています。
規約に従うのは当然ですが、その規約が実情に合っていないのでしたら規約を変えたほうがいいと思います。
裁判を起こすよりも現実的だと思いますがいかがでしょうか。

ありがとうございます。「打ち合せの記録」ではなく、理事会議事録だというので・・・それはダメでしょうと思うのです。
管理規約を無視したら、ちょっとオーバーですが、司法制度が無意味になってしまいます。
ご指摘の通り、次回理事に立候補して管理規約も含めて改革してゆきます。(理事に選ばれることが前提ですが)
司法(裁判)にて外から、ダメと言われと「なあなあ」のなれ合いに戻るのが日本人の常だと心底思います。

質問ですが、理事会ではなく管理組合を訴えたのですか?それとも管理組合理事長を訴えたのですか?原告はあなた個人ですか?

被告は管理組合(理事長)です。原告は私(個人)です。

質問の内容を見る限り「原告の請求には理由がなく、速やかに棄却されるべきである」ということになるような気がします。内容は規約違反だと思いますが、誰も知らないというのも結局管理組合全体の責任だと思いますし、このことによってあなたがなにか損害を被ったということも質問を見る限りないようなので。
そもそも規約違反状態の理事会を見過ごしていた管理会社を善管注意義務違反で訴えるべきですし、他の方も仰っていますが規約改正等に力を入れたほうが建設的ですし解決も早いと思います。

理事会の決議の無効という形でのご質問ですが、山隆さんは理事会の正しい運営を望んでいらっしゃると察します。(違っていたら申し訳ございません。)

私が理事長就任中、理事さんの集まりが悪くて苦労しました。予め出席の確認をしたのに理事会当日になって急にドタキャンされる、何の連絡もなく姿を現さない、などで理事の半数以上の出席がないため理事会が成立せず「審議会」という形にし3名必要な理事の署名の1人が監事だったりしましたが、それらを無効としてしまうと組合運営が滞ってしまうため、良くない事とは承知でやっていました。それについて異議が出されたことはありませんでした。

マンション管理の目的は、安全で快適な住環境の維持管理だと思います。何のために理事会をしているのか?を考えて、規約にがんじがらめになって目的が果たせないような状況ならば祖堅先生もおっしゃっているように規約の方を見直すべきだと思います。

山隆さんは現在 役員さんではないのでしょうか?
立候補して理事長として活動すれば理事会の開催・内容がご自身で把握できて、正しい運営を実現する最短距離なのではないでしょうか?
同じ組合員の運営に不満を持って訴訟をするくらいの熱意があるなら、不適切な理事会運営の改革に向けてご自身で役員になって行動した方が建設的だと思います。

ありがとうございます。正しく行いたいとの思いから理事に立候補する事にしております。組合員全体の意識が向上しない限りダメなようです。内々で話をしても結局はなあなあになってしまい元のダメな管理組合になってしまいます。法の裁きによってダメだと外から言ってもらわないと日本人はダメのようです。それにこのまま放置していると管理会社主導で修繕積立金が垂れ流しで膨大な資金負担をしなければならない状態になることが分かっております。前回の定時総会にて管理会社から今回の大規模改修工事にて修繕積立金が無くなる旨の申し出がありました。修繕で管理会社任せで他社から見積を取った事が一度もないのです。話はそれましたが、すべてがダメなのです。区分所有者理事一人の理事会を認めているようでは、何もできないと思います。

皆さんの意識を高めるように頑張って下さい。
因みに当方の修繕委員会は誰でも参加できるよう公開しているのですが、一般組合員は誰も来なくて……大きなお金が動く事業なのに、こんなに関心が低くて良いの?といつも思っています。私達の関心の低さが割高な工事や、不要な修繕(壊れる前に勧められる修繕)が付け入る隙を作るのだと思います。

理事会決議の無効を訴えたのですか。
特に山隆さんが損害を受けたということではないですよね。

裁判に持ち込むまでにこじれたということでしょうか。
この時に決められたことは、みなさんに大きな影響を及ぼすような重要なことだったのでしょうか。
監事さんが出席なさっていたようですので、変なことは決めてはいないと思うのですが。

裁判のことはさておいて、理事会が定員に満たないことはどこでもよくあることです。こういう場合は理事会は成立しません。
では、集まった方々はどうするかというと、「打ち合わせ」という形で検討します。
もちろんこの場合も記録を残しますが、それは議事録ではなく「打ち合わせの記録」とします。

山隆さんのところでは理事の数が少ないようですが、数を増やすとか、役員の資格を配偶者や親族の方まで広げるとか対策をとったほうがいいと思います。
今後もこのようなことは起こるでしょうし、多くのところでは役員の幅を広げています。
規約に従うのは当然ですが、その規約が実情に合っていないのでしたら規約を変えたほうがいいと思います。
裁判を起こすよりも現実的だと思いますがいかがでしょうか。

ありがとうございます。「打ち合せの記録」ではなく、理事会議事録だというので・・・それはダメでしょうと思うのです。
管理規約を無視したら、ちょっとオーバーですが、司法制度が無意味になってしまいます。
ご指摘の通り、次回理事に立候補して管理規約も含めて改革してゆきます。(理事に選ばれることが前提ですが)
司法(裁判)にて外から、ダメと言われと「なあなあ」のなれ合いに戻るのが日本人の常だと心底思います。