←トップへ戻る

外壁タイル工事について

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

手が届く範囲での点検の後、組合でゴンドラなどで点検して浮き、膨れが広範囲にある場合、 施工時の下地が悪い事となると思いますが、この事は、施工会社に責任、保障工事させる事(かし)はできるでしょうか?アフターサービスは、あくまで、漏水、雨漏り迄行かないと適用できないのでしょうか?
よろしく、お願いします。

みんなの回答

築何年ですか。
外壁のタイルの瑕疵担保責任は2年ですが、雨水の侵入を防止する部分とすると販売会社の瑕疵担保責任は10年と考えられます。
10年過ぎていたら販売会社に責任は問えません。
施工会社には瑕疵担保責任以外に不法行為責任を問えます。
ただし瑕疵によるものか経年劣化によるものかで争いになるのは必然でしょう。

この場合剥離がどのくらいの割合なのかが問題になります。3%以上ということが基準になっているようです。
どのみちすんなりとは認めないでしょうから裁判は覚悟しなければならないでしょう。
すんなり認めたら手抜き工事がされた物件だということを証明しているようなものですよね。他にも何か隠しているかもしれないと疑いたくなります。

また、施工会社の不法行為を問うにしても、剥離が予見できたことを立証しなければならないことになるでしょう。
調査会社に依頼して、しっかり状態を把握しその後のことも相談しながら進められたほうがいいと思います。

築10年です。参考にさせていただきます。ありがとうございます。

築何年ですか。
外壁のタイルの瑕疵担保責任は2年ですが、雨水の侵入を防止する部分とすると販売会社の瑕疵担保責任は10年と考えられます。
10年過ぎていたら販売会社に責任は問えません。
施工会社には瑕疵担保責任以外に不法行為責任を問えます。
ただし瑕疵によるものか経年劣化によるものかで争いになるのは必然でしょう。

この場合剥離がどのくらいの割合なのかが問題になります。3%以上ということが基準になっているようです。
どのみちすんなりとは認めないでしょうから裁判は覚悟しなければならないでしょう。
すんなり認めたら手抜き工事がされた物件だということを証明しているようなものですよね。他にも何か隠しているかもしれないと疑いたくなります。

また、施工会社の不法行為を問うにしても、剥離が予見できたことを立証しなければならないことになるでしょう。
調査会社に依頼して、しっかり状態を把握しその後のことも相談しながら進められたほうがいいと思います。

築10年です。参考にさせていただきます。ありがとうございます。

回答がありません。