←トップへ戻る

専門委員会を新設したい

管理組合の運営

管理規約

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

このサイトを紹介くださった方から、管理改善委員会という専門委員会を勧められました。当マンションは小さめですので、植栽委員会、修繕委員会、など複数の委員会を立ち上げるには人数が集まりません。多目的・多機能の委員会ということで新設を考えていますが、もし、他のマンションでの事例がありましたら、規約や細則などのサンプルを見せていただけないでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

みんなの回答

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

くまモンさんがご自分のなさってきたことに自信があり今後も継続が必要と思われているのでしたら、委員会だ、事務局だなどとほかの人を巻き込まなくてもお一人でできる方法がありますよ。
しかも客観的に皆さんに判断してもらえる方法です。
顧問として残りたいと立候補すればいいのではないでしょうか。
皆さんがくまモンさんを必要としていれば受け入れていただけるでしょう。ただし総会で承認を得る必要があります。
いかがですか。
今までやってきたことが、これからも組合に必要だと思われたのでしたら勇気をもって提案なさってはいかがでしょうか。
皆さんにいろいろと思いを伝える機会にもなります。

もっと簡単な方法としてはオブザーバーとして理事会に出させていただく方法もあります。
たんに一組合員として理事会に出席させていただくこともできます。
外野だからと言って指をくわえて見ているだけということはないでしょう。
理事会は皆さんの意見を取り入れながら運営するものですから、組合員として理事会にどんどん意見を言えばいいと思います。

管理改善委員会などというと、上から見下して理事会に口出すような変な地位にいるように思われるのではないでしょうか。
心配なのはわかりますが、委員会や事務局などと言って他人を巻き込まなくても、協力の方法はほかにもあると思います。

最初はオブザーバーやアドバイザーや顧問などを提案したのですが、理事会で却下されました。マンション管理士の方々からのアドバイスとしては、個人がしゃしゃり出るのは得策ではなく、専門委員会などの名前で活動した方が良い(たとえ実質は個人であっても)という話でした。経費削減のためには何がなんでも理事会の会合に参加する必要があります。支出してしまってから総会で文句を言っても始まりませんので。どんな無駄も食い止めたいので。私としては参加さえできれば、やれることは沢山あるのです。その参加が認められなかったので困っているのです。役員になる人が無気力なケースは多々あると思いますが。喧嘩になる場合はどちらも意識が高いケースでしょうからそれは無用な心配です。理事がしっかりやってくれたり、監事がしっかり監査してくれるのなら、そもそも私の出番などありません。わざわざ勉強して管理業務主任者の資格を取って、輪番を代わってもらって役員になる、、、という努力をしなくてもよかったと思います。あと、管理会社を変えた際に、前の管理会社のずさんな管理ぶりが露呈しました。修繕積立金も底をついており、3倍以上まで引き上げなければならない状態だと今期になってから分かりました。長計もひどかったです。新しい管理会社の最初のフロントが仕事のできない人だったため、2ヵ月で優秀な人と交代させました。そういうことの連続でした。管理会社を変えればバラ色というわけではありません。今、真剣に指導している最中です。次の役員にはそれもできないでしょう。以前も、能無しのフロントが担当していた時に、私以外の役員は誰も声を上げませんでした。当時の理事長に交代を要望してもらうよう頼みましたがやってくれず、その結果、そのフロントに5年も居座られました。そして、その人が2年前に作成した長期修繕計画はひどいものでした。。。当時は2.4倍の増額だと言われていたものが、実際は、3.2倍だったのです。そんなこんなで管理はひどいものです。普通の会社だったらありえないことばかりです。顧問という役職も立ち上げられないし、今の規約からは専門委員会を立ち上げるしか方法はなさそうです。管理組合の中では、私を買ってくれる方々と、私のことを嫌いな人と様々です。(女のくせに、専業主婦のくせに、という意識もどこかにあるのでしょう。)どちらにしても、私が個人として動くのはマズイと思います。管理改善委員会という名前が上から目線であるのならば、もっとソフトな名前はありませんか?主目的は、経費削減、支出抑制です。10年後の大規模修繕工事までにお金を準備しなければなりません。全戸の負担増は抑えて、各種支出を抑えて、何とかバランスをとりたいのです。「経費削減委員会」とした方がマシでしょうか?(植栽委員会との繋がりが出ませんが。)そんな例はありませんか?個人がなかなか理事会に意見できないし、タイミングも難しいので、困っています。今期・前期ではどんな小さな修理(ドアのノブなど)も管理会社に業者3~4社から見積を取らせました。普通は管理会社任せで見積も取らず後で高い請求書が届きます。。。そういうところから1つ1つメスを入れてきました。そういう努力ができる人はそうはいません。何か方法がありましたら教えてください。

くまモンさんが必死に助けを求めているのはひしひしと伝わります。
だけど何か違和感があるのです。違うのではないですか。
私もただのオバサンで、こんなんじゃいけない、なんとかしなければとマンション管理の勉強をしてマンション管理士の資格を取りましたが、それがまた気に入らない人たちがいてひどい中傷も受けたこともあります。

顧問も、アドバイザーも、オブザーバーも理事会で退けられたということは、客観的な見方をすれば必要とされていないということではないでしょうか。
酷い言い方で申し訳ないのですが、2年近く一緒に理事会をやっていれば、理解されているのでしたら理事会のほうから推薦されると思うのです。
他の方々は意識が高くないからけんかになる心配はない、運営を牛耳ることができると思われているところが一番違和感を覚えるところです。
自分でなければできない、自分のやり方が正しいと思われるのでしたら、きっぱり組合運営のことを頭から追い出すことを忠告いたします。
修繕積立金も大規模修繕までに溜めなければといわれますが、いきなり3倍にされたら皆さんの暮らしのほうが成り立たなくなりませんか。皆さんの負担を大きくしなくても、工事をする方法はあります。
フロントが長計を作ったと思われていますが、普通は管理会社の部署が標準長期修繕計画に基づき出してくるのではないですか。フロントの能力とは違うと思います。

マンション管理士の方々が「個人でなく委員会で活動したほうがいい」と言われたのは一般的なご意見で、当たり障りのないようなまとめでしょう。普通の委員会はそうだと思います。
しかしくまモンさんが自分でなければ改革できないと思われている限り「普通」ではないと思います。委員会を作っても、委員会を牛耳ってしまいそうです。みんなで意見を出し合ってなんでまどろこっしくてつらいでしょう。

使命を感じるのでしたら個人で辛抱強く理事会に意見を出し続けることはできるでしょう。
くまモンさんがやってきた方法も一つ一つ教えることもできるでしょう。
自分でやらなくても他人を育てることもできるでしょう。
個人でなかなか意見が出せないというのでしたら、くまモンさんが理事長の間に「ご意見箱」などの設置ぐらいはできるでしょう。
私は個人で活動を続け、そのうちに理事会から顧問を依頼されて現在も続けています。
住民のすべてが無知ではないはずです。正しいことを訴えていれば、相手から助けを求めてくると思います。

「管理改善委員会」というネーミングが上から目線だということの前に、くまモンさんが組合員を見下しているように思えて違和感を持ってしまいます。
組合は皆さんのものです。正しいことでも自分の思い通りにしたいと思えば独裁ととられかねません。
理事会からなぜ却下されたか理由をお考えになられてはいかがでしょうか。
その答えを克服しなければ真からの改革はできないでしょう。
くまモンさんの求める回答でなくて大変申し訳ございません。

皆様からの様々なご意見ありがとうございます。現在、来週末の理事会で半数改選の制度が入れられるかどうかの最終決議がありますので、まずはそれに入魂します。役員たちの役割分担をはっきりさせないと半数の人が決まらないので。また、次の半数も輪番から選ばなければなりません。今、6グループの輪番になっており、固定された輪番ですので、6名から3名を選ばなければなりません。6人改選のままの場合でも、後期高齢者が2名入っていたりで大変です。実質役員が4名ですので。名前だけの役員では困ります。。様々な問題点があり、課題山積みです。皆様からの意見は参考にさせていただきます。理事会で決議してメンバーを決めないと進めませんが、決議できれば議案を上程できますので、総会で承認されるのは可能と見ています。半数改選で留任できれば、もう一度理事長も可能ですので、あと1年生き延びて頑張ることができるかもと思います。役員たちは1年半の改革で私の理論は正論と分かってはいるものの、ついていくのが大変とのことで、私の色が濃いことは懸念されています。ただ、2期の間にやらねばならぬことは多く、相当の勢いと相当の努力でやってきました。一人で何人分の仕事もしました。私がいなければできなかったことは役員も分かっていますが、私も役員もみんな疲れが出ている感じです。(私は一緒にやってくれた今のメンバーともうあと1年やりたいのです。彼らがいたからできたことは多いです。)ですが、半数改選と専門委員会は入れておかないと、次期以降の理事会が管理会社の言い値でお金を使ってしまうと思いますので、それだけは阻止したいです。修繕積立金を3倍も上げることは阻止したいので、支出抑制に力を入れたいのです。3倍に上がったら困るのは私も同じですから。(今私が考えているのは1.8倍です。でもそれでは全然足りない。。)このまま管理会社の言うことを聞いていたらそれこそ3倍に跳ね上がる日も近いでしょう。支出削減は管理会社と対立する場面も多いので、おとなしい人ではできませんよ。本当は気骨のある男性が出てきてほしいのですが、皆、働き盛りで日中マンションに居ません。私も主人が忙し過ぎて、それで私の方が理事をやっているわけです。毎月、理事会からお知らせを3~4ページぐらい書いて発行していますが、私が役員であった年しかそういう広報活動もできていませんでした。管理の綻びを一生懸命に訴えてきました。また、書類管理も大事な書類がきちんとファイルされていないことが露呈しました。地道な改善を続けながら頑張りたいので、そのポストを確保したいです。(以前は、植栽も私一人が有志で面倒を見始めました。私が管理員さんがあちこち掘返しているのを見て、ありがとうと言ってくれる人と、何故あの人が勝手にやっているの?という白い目の人と色々いました。2年経って今年の春、きれいに花が咲きそろった時に多くの人が私が行ったことの意味を理解してくれたと思いますが、植栽1つとっても時間がかかりました。。。)私の私利私欲ではなく、将来、みんなが困らないようにするためです。改善しても役員が交代するとリバウンドするという話はよく聞きますので、それを阻止したいです。明後日にまた、マンション管理士さんと相談します。皆様、アドバイスをありがとうございました。

くまモンさんとcocoaさんのやり取りを拝読しました。
任期が終ろうとしているのにやり残したことがあるので、最後までやりたいというのがご質問の趣旨のようですね。
cocoaさんのご提案のようにくまモンさんが立候補してもう1年やる方法の他、現在の役員さんの中であと1年任期が残っている人にしっかりと引き継いでやっていただいたり、気骨のありそうな人を推薦する方法もあります。

私自身も、理事長として管理見直しを進める最中に任期が終わってしまいました。自分で再度立候補することも考えたのですが、その期の監事さんが大変優秀な人でしたので推薦してもう一年やっていただきました。管理委託費削減が目的でしたので、私よりも会計面をしっかり見ることができる監事さんに残って頂いた方が管理見直し事業が良い結果になると思ったからでした。

委員会は目的を定めて作るもので、多目的委員会というのは聞いたことがありません。
理事会派と委員会派に管理組合が二分してしまう原因になっては良くないからだと思います。

1人1人に返信できないので、お1人に返答しますが。現在役員は2年任期で総入れ替え制です。今、半数入替えを提案している最中ですが、他の役員は多忙の方ばかりですので、暗礁に乗り上げようとしています。もうあまり時間がありません。専門委員会は植栽委員会を立ち上げる話から管理改善も含めたものに拡大して考えています。役員改選の細則を変えないと立候補もできません。立候補より輪番が優先という制度です。同じ人が理事長を続けられないような変な制限がかかっています。今までに改善を試みた理事長はいません。消極的な管理組合員ばかりの管理組合は管理会社に食われてばかりです。経費削減を頑張らないと修繕積立金が来期から3倍以上になってしまいます。前期から、管理会社を変更し、各種業者を変更し、各種経費の見直しで立て直してきましたが、制度・体制を見直さないと改善活動の継続ができません。このサイトの代表の方にここで相談してみなさい、管理改善委員会の事例はある、とお聞きし、このサイトに来ました。細則の事例がありましたら、教えてください。反対の意見の意味は判っていますが、管理組合がちゃんと機能していないマンションも多々あります。根本的に変えなければならないので、時を逸してしまうと困ります。次を託せる人は次の輪番の人の中にはいません。いれば元々問題にはなりません。理事会にたてつく委員会など、この管理組合の場合はあり得ません。そのくらいの意識の高さがあれば今こんなことにはなっていないはずだからです。… という場合の処方箋をお願いします。

背景をご説明いただきまして、ありがとうございます。
委員会とその規約・細則に関するご質問ですが、専門委員会を新設するために規約・細則は必ずしも必要ありません。委員会の予算を必要とせず、委員会の規約を制定しない場合は総会決議も不要だと思います。その場合でも理事会決議は必要です。
(当方の委員会は規約・細則を制定していません。目的・任期・委員には報酬が無いことなどの条件を広報し、通常総会で設立を宣言、異論は出されなかったので設立し活動しています。目的が完了しましたら解散します。)

くまモンさんのお話を拝読しますと、役員としてやり残した事を、引き続きご自分で実行なさりたくて、その方法を探しているように読めます。
その場合は、やはり役員になったほうが良いと思います。あと半年あるなら、役員の再任・立候補・推薦を認める規約変更を議案とする臨時総会を招集してはどうでしょうか?
くまモンさん以外適切な人材が居ないのなら、くまモンさんが万年理事長になって進めるのが最短距離なのではありませんか?
専門委員会は理事会の下部組織でしかなく、提案や具申は出来ても決定権・執行権はありませんので、委員会組織にすると却って迂遠になるように感じます。不熱心な理事長が具申を真面目に聞いてくれず、決定を先延ばしにすることもありえますから。

私は大規模修繕委員会とかなんとか委員会というものは基本的には反対というか、結局責任は理事長にくるので意味がないと思っています。理事長がほんとに必要というとき以外は必要ないと思います。そもそも役員のなり手がいないのに言葉は乱暴ですが余計な委員会を増やしても理事長がしんどいだけというのが私の理事長としての経験からくる考えです。どうしても区分所有者の意見を聞いて物事を決めたいと思うときは集会(総会ではない)を開いて話し合いを行って最終的に理事会なり理事長が決めたらいいこと(その後必要ならば総会開催)でいいかなと思います。

現在役員は2年任期で総入れ替え制です。今、半数入替えを提案している最中ですが、他の役員は多忙の方ばかりですので、暗礁に乗り上げようとしています。→一人で進めたらいいのではないですか?どちらにしろ決めるのは総会なので。

専門委員会は植栽委員会を立ち上げる話から管理改善も含めたものに拡大して考えています。役員改選の細則を変えないと立候補もできません。立候補より輪番が優先という制度です。同じ人が理事長を続けられないような変な制限がかかっています。今までに改善を試みた理事長はいません。→理事長をやってくれる人がいるのであれば皆さん喜んで細則改正に賛成すると思いますが。ちなみに私のマンションでは輪番制で細則には記述がありませんが立候補者を募集します(今までに私含め二人だけですが)。

消極的な管理組合員ばかりの管理組合は管理会社に食われてばかりです。経費削減を頑張らないと修繕積立金が来期から3倍以上になってしまいます。前期から、管理会社を変更し、各種業者を変更し、各種経費の見直しで立て直してきましたが、制度・体制を見直さないと改善活動の継続ができません。→この内容を文書にして全区分所有者に配布し「いいんですか?」と問いかけたほうが早いと思います。言葉は悪いですが無関心な方が多いほど「やりたいようにできる」と割り切って進めていかないとそれこそ時間が無くなると思います。上記でも書きましたが結局決めるのは総会なので。

理事会にたてつく委員会など、この管理組合の場合はあり得ません。そのくらいの意識の高さがあれば今こんなことにはなっていないはずだからです。→ならば余計必要ないと思うのですが。委員会>理事会という委員会が理事会みたいなものになるということでしょう。ここで聞いても皆さん同じような回答をすると思うのですが。

他の方とのやりとりを拝見しました。あくまで私の意見・考え方ですが…
理事長というのはあくまで「嫌々やる」ぐらいの気持ちが丁度いいのかなあと思います。全区分所有者の中で理事長をする人はそんなにいません。理事長をやってみてはじめて「こんなこともやっている」「こんなことで苦情を言ってくる人がいるのか」等々いろんなことがわかってきます。私も理事長をしなければマンション管理に無関心な一区分所有者で終わっていたと思います。くまもんさんも理事長をしたことでいろいろなことがわかってきたことによって「きちんとしなければ」という気持ちになっているに過ぎないということを頭に入れて行動したほうがいいのかなと思います。

少し注意しなければいけないと感じました。
管理改善委員会なるものはなぜ必要なのでしょうか。どういう役目をイメージしているのでしょうか。
管理改善を検討するのは理事会の役目ではないでしょうか。理事会の下で理事会の運営をとやかく言うということでしょうか。
また、多目的・多機能の委員会とはどういう立ち位置を考えてのことでしょうか。
きつい言い方に思われましたらごめんなさい。そんな意図はありません。
委員会はそれぞれの目的について立ち上げ、役目が済んだら解散するのがトラブルになりません。
目的も期間も違います。
くまモンさんの思われているような委員会は理事会から見たらどう扱えばいいのか困る存在になりませんか。
理事会があるのに、その下にオールマイティーの組織があるのは2重構造のように感じます。
必要な時に、必要な委員会だけ立ち上げて活動すればいいのではないでしょうか。
専門委員会はあくまで理事会の諮問機関だということを忘れないようにしてください。
事情が分からないので失礼をしましたらご容赦ください。

回答をありがとうございます。思ってもみなかった回答内容でしたのでどう答えたらよいのかわかりません。状況を説明しますと、現在、私は理事長をしており、この1年半、改善の努力をしてきました。役員の任期は2年で、もう残りは半年もありません。この管理組合は輪番制で役員が決まり、任期が終了してしまえば改善を続けたくてもできません。またいい加減な管理に戻ってしまいます。専門委員会を立ち上げて委員長になり理事会に参画したいと考えております。議決権の無い委員で構いませんので仕事を手伝いたいのですが。輪番の役員がちゃんと管理してくれるのならもちろん任せますが、自発的にやる人がいない場合は、ただ外野から眺めて心配しているしかないのでしょうか。それが嫌ですので何か方法がないかと探しております。理事会以外に事務局みたいなものを作る方法があればよいのですが、そういう例はありませんか?

くまモンさん。びっくりさせてすみません。
ところでなんで次の方がしっかりできないと決めているのですか?
くまモンさんは理事長として素晴らし役目をなさったと思うのですが、それは次の方にもできることかもしれませんよね。
心配しすぎです。私でなければダメはダメ!
変な管理改善委員会など立ち上げなくても、おかしなこと若しくは歯がゆい運営をされているのでしたら
一組合員として意見を言えばいいことではないでしょうか。
くまモンさんだって最初は何が何だかわからなかったのではないでしょうか。
私ははっきり言って賛成はしません。
トラブルのもとになると思います。
最初から専門知識を持って理事長になるわけではないでしょう。
要は皆さんの生活を第一に考える感性があるかどうかだと思います。
くまモンさんは組合が好きになったのだと思います。
それはほかの方も同じ機会が与えられていいのではないでしょうか。
焦らずに見守って、おかしいなと思った時に組合員として意見を言えばいいと思います。

重要なこと忘れました。
こういう場合には、次の役員に立候補します。
輪番の前に「立候補」の権利のほうが強いですから、規約に明記されていなくても立候補の意思を示してください。

がんばってね!

役員選出の規定は細則ではなく規約で定められていませんか。
立候補よりも輪番が優先なんて規定は見たことないのですが本当にそう書いてあるのですか。

それはともかく、そうなっているのでしたら規約改正をすればいいではないですか。
今期の通常総会に「役員選出は原則立候補とし、立候補による定数に満たない場合には輪番制によるものとする。」という規約を提案して、それが通った後に役員選出の議案にすれば、来期にくまモンさんも残れますよ。
その場合には役員選出の規約改正が承認された場合として、立候補者の名前を出しておけばいいことです。

くまモンさんがご自分のなさってきたことに自信があり今後も継続が必要と思われているのでしたら、委員会だ、事務局だなどとほかの人を巻き込まなくてもお一人でできる方法がありますよ。
しかも客観的に皆さんに判断してもらえる方法です。
顧問として残りたいと立候補すればいいのではないでしょうか。
皆さんがくまモンさんを必要としていれば受け入れていただけるでしょう。ただし総会で承認を得る必要があります。
いかがですか。
今までやってきたことが、これからも組合に必要だと思われたのでしたら勇気をもって提案なさってはいかがでしょうか。
皆さんにいろいろと思いを伝える機会にもなります。

もっと簡単な方法としてはオブザーバーとして理事会に出させていただく方法もあります。
たんに一組合員として理事会に出席させていただくこともできます。
外野だからと言って指をくわえて見ているだけということはないでしょう。
理事会は皆さんの意見を取り入れながら運営するものですから、組合員として理事会にどんどん意見を言えばいいと思います。

管理改善委員会などというと、上から見下して理事会に口出すような変な地位にいるように思われるのではないでしょうか。
心配なのはわかりますが、委員会や事務局などと言って他人を巻き込まなくても、協力の方法はほかにもあると思います。

最初はオブザーバーやアドバイザーや顧問などを提案したのですが、理事会で却下されました。マンション管理士の方々からのアドバイスとしては、個人がしゃしゃり出るのは得策ではなく、専門委員会などの名前で活動した方が良い(たとえ実質は個人であっても)という話でした。経費削減のためには何がなんでも理事会の会合に参加する必要があります。支出してしまってから総会で文句を言っても始まりませんので。どんな無駄も食い止めたいので。私としては参加さえできれば、やれることは沢山あるのです。その参加が認められなかったので困っているのです。役員になる人が無気力なケースは多々あると思いますが。喧嘩になる場合はどちらも意識が高いケースでしょうからそれは無用な心配です。理事がしっかりやってくれたり、監事がしっかり監査してくれるのなら、そもそも私の出番などありません。わざわざ勉強して管理業務主任者の資格を取って、輪番を代わってもらって役員になる、、、という努力をしなくてもよかったと思います。あと、管理会社を変えた際に、前の管理会社のずさんな管理ぶりが露呈しました。修繕積立金も底をついており、3倍以上まで引き上げなければならない状態だと今期になってから分かりました。長計もひどかったです。新しい管理会社の最初のフロントが仕事のできない人だったため、2ヵ月で優秀な人と交代させました。そういうことの連続でした。管理会社を変えればバラ色というわけではありません。今、真剣に指導している最中です。次の役員にはそれもできないでしょう。以前も、能無しのフロントが担当していた時に、私以外の役員は誰も声を上げませんでした。当時の理事長に交代を要望してもらうよう頼みましたがやってくれず、その結果、そのフロントに5年も居座られました。そして、その人が2年前に作成した長期修繕計画はひどいものでした。。。当時は2.4倍の増額だと言われていたものが、実際は、3.2倍だったのです。そんなこんなで管理はひどいものです。普通の会社だったらありえないことばかりです。顧問という役職も立ち上げられないし、今の規約からは専門委員会を立ち上げるしか方法はなさそうです。管理組合の中では、私を買ってくれる方々と、私のことを嫌いな人と様々です。(女のくせに、専業主婦のくせに、という意識もどこかにあるのでしょう。)どちらにしても、私が個人として動くのはマズイと思います。管理改善委員会という名前が上から目線であるのならば、もっとソフトな名前はありませんか?主目的は、経費削減、支出抑制です。10年後の大規模修繕工事までにお金を準備しなければなりません。全戸の負担増は抑えて、各種支出を抑えて、何とかバランスをとりたいのです。「経費削減委員会」とした方がマシでしょうか?(植栽委員会との繋がりが出ませんが。)そんな例はありませんか?個人がなかなか理事会に意見できないし、タイミングも難しいので、困っています。今期・前期ではどんな小さな修理(ドアのノブなど)も管理会社に業者3~4社から見積を取らせました。普通は管理会社任せで見積も取らず後で高い請求書が届きます。。。そういうところから1つ1つメスを入れてきました。そういう努力ができる人はそうはいません。何か方法がありましたら教えてください。

くまモンさんが必死に助けを求めているのはひしひしと伝わります。
だけど何か違和感があるのです。違うのではないですか。
私もただのオバサンで、こんなんじゃいけない、なんとかしなければとマンション管理の勉強をしてマンション管理士の資格を取りましたが、それがまた気に入らない人たちがいてひどい中傷も受けたこともあります。

顧問も、アドバイザーも、オブザーバーも理事会で退けられたということは、客観的な見方をすれば必要とされていないということではないでしょうか。
酷い言い方で申し訳ないのですが、2年近く一緒に理事会をやっていれば、理解されているのでしたら理事会のほうから推薦されると思うのです。
他の方々は意識が高くないからけんかになる心配はない、運営を牛耳ることができると思われているところが一番違和感を覚えるところです。
自分でなければできない、自分のやり方が正しいと思われるのでしたら、きっぱり組合運営のことを頭から追い出すことを忠告いたします。
修繕積立金も大規模修繕までに溜めなければといわれますが、いきなり3倍にされたら皆さんの暮らしのほうが成り立たなくなりませんか。皆さんの負担を大きくしなくても、工事をする方法はあります。
フロントが長計を作ったと思われていますが、普通は管理会社の部署が標準長期修繕計画に基づき出してくるのではないですか。フロントの能力とは違うと思います。

マンション管理士の方々が「個人でなく委員会で活動したほうがいい」と言われたのは一般的なご意見で、当たり障りのないようなまとめでしょう。普通の委員会はそうだと思います。
しかしくまモンさんが自分でなければ改革できないと思われている限り「普通」ではないと思います。委員会を作っても、委員会を牛耳ってしまいそうです。みんなで意見を出し合ってなんでまどろこっしくてつらいでしょう。

使命を感じるのでしたら個人で辛抱強く理事会に意見を出し続けることはできるでしょう。
くまモンさんがやってきた方法も一つ一つ教えることもできるでしょう。
自分でやらなくても他人を育てることもできるでしょう。
個人でなかなか意見が出せないというのでしたら、くまモンさんが理事長の間に「ご意見箱」などの設置ぐらいはできるでしょう。
私は個人で活動を続け、そのうちに理事会から顧問を依頼されて現在も続けています。
住民のすべてが無知ではないはずです。正しいことを訴えていれば、相手から助けを求めてくると思います。

「管理改善委員会」というネーミングが上から目線だということの前に、くまモンさんが組合員を見下しているように思えて違和感を持ってしまいます。
組合は皆さんのものです。正しいことでも自分の思い通りにしたいと思えば独裁ととられかねません。
理事会からなぜ却下されたか理由をお考えになられてはいかがでしょうか。
その答えを克服しなければ真からの改革はできないでしょう。
くまモンさんの求める回答でなくて大変申し訳ございません。

皆様からの様々なご意見ありがとうございます。現在、来週末の理事会で半数改選の制度が入れられるかどうかの最終決議がありますので、まずはそれに入魂します。役員たちの役割分担をはっきりさせないと半数の人が決まらないので。また、次の半数も輪番から選ばなければなりません。今、6グループの輪番になっており、固定された輪番ですので、6名から3名を選ばなければなりません。6人改選のままの場合でも、後期高齢者が2名入っていたりで大変です。実質役員が4名ですので。名前だけの役員では困ります。。様々な問題点があり、課題山積みです。皆様からの意見は参考にさせていただきます。理事会で決議してメンバーを決めないと進めませんが、決議できれば議案を上程できますので、総会で承認されるのは可能と見ています。半数改選で留任できれば、もう一度理事長も可能ですので、あと1年生き延びて頑張ることができるかもと思います。役員たちは1年半の改革で私の理論は正論と分かってはいるものの、ついていくのが大変とのことで、私の色が濃いことは懸念されています。ただ、2期の間にやらねばならぬことは多く、相当の勢いと相当の努力でやってきました。一人で何人分の仕事もしました。私がいなければできなかったことは役員も分かっていますが、私も役員もみんな疲れが出ている感じです。(私は一緒にやってくれた今のメンバーともうあと1年やりたいのです。彼らがいたからできたことは多いです。)ですが、半数改選と専門委員会は入れておかないと、次期以降の理事会が管理会社の言い値でお金を使ってしまうと思いますので、それだけは阻止したいです。修繕積立金を3倍も上げることは阻止したいので、支出抑制に力を入れたいのです。3倍に上がったら困るのは私も同じですから。(今私が考えているのは1.8倍です。でもそれでは全然足りない。。)このまま管理会社の言うことを聞いていたらそれこそ3倍に跳ね上がる日も近いでしょう。支出削減は管理会社と対立する場面も多いので、おとなしい人ではできませんよ。本当は気骨のある男性が出てきてほしいのですが、皆、働き盛りで日中マンションに居ません。私も主人が忙し過ぎて、それで私の方が理事をやっているわけです。毎月、理事会からお知らせを3~4ページぐらい書いて発行していますが、私が役員であった年しかそういう広報活動もできていませんでした。管理の綻びを一生懸命に訴えてきました。また、書類管理も大事な書類がきちんとファイルされていないことが露呈しました。地道な改善を続けながら頑張りたいので、そのポストを確保したいです。(以前は、植栽も私一人が有志で面倒を見始めました。私が管理員さんがあちこち掘返しているのを見て、ありがとうと言ってくれる人と、何故あの人が勝手にやっているの?という白い目の人と色々いました。2年経って今年の春、きれいに花が咲きそろった時に多くの人が私が行ったことの意味を理解してくれたと思いますが、植栽1つとっても時間がかかりました。。。)私の私利私欲ではなく、将来、みんなが困らないようにするためです。改善しても役員が交代するとリバウンドするという話はよく聞きますので、それを阻止したいです。明後日にまた、マンション管理士さんと相談します。皆様、アドバイスをありがとうございました。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

少し注意しなければいけないと感じました。
管理改善委員会なるものはなぜ必要なのでしょうか。どういう役目をイメージしているのでしょうか。
管理改善を検討するのは理事会の役目ではないでしょうか。理事会の下で理事会の運営をとやかく言うということでしょうか。
また、多目的・多機能の委員会とはどういう立ち位置を考えてのことでしょうか。
きつい言い方に思われましたらごめんなさい。そんな意図はありません。
委員会はそれぞれの目的について立ち上げ、役目が済んだら解散するのがトラブルになりません。
目的も期間も違います。
くまモンさんの思われているような委員会は理事会から見たらどう扱えばいいのか困る存在になりませんか。
理事会があるのに、その下にオールマイティーの組織があるのは2重構造のように感じます。
必要な時に、必要な委員会だけ立ち上げて活動すればいいのではないでしょうか。
専門委員会はあくまで理事会の諮問機関だということを忘れないようにしてください。
事情が分からないので失礼をしましたらご容赦ください。

回答をありがとうございます。思ってもみなかった回答内容でしたのでどう答えたらよいのかわかりません。状況を説明しますと、現在、私は理事長をしており、この1年半、改善の努力をしてきました。役員の任期は2年で、もう残りは半年もありません。この管理組合は輪番制で役員が決まり、任期が終了してしまえば改善を続けたくてもできません。またいい加減な管理に戻ってしまいます。専門委員会を立ち上げて委員長になり理事会に参画したいと考えております。議決権の無い委員で構いませんので仕事を手伝いたいのですが。輪番の役員がちゃんと管理してくれるのならもちろん任せますが、自発的にやる人がいない場合は、ただ外野から眺めて心配しているしかないのでしょうか。それが嫌ですので何か方法がないかと探しております。理事会以外に事務局みたいなものを作る方法があればよいのですが、そういう例はありませんか?

くまモンさん。びっくりさせてすみません。
ところでなんで次の方がしっかりできないと決めているのですか?
くまモンさんは理事長として素晴らし役目をなさったと思うのですが、それは次の方にもできることかもしれませんよね。
心配しすぎです。私でなければダメはダメ!
変な管理改善委員会など立ち上げなくても、おかしなこと若しくは歯がゆい運営をされているのでしたら
一組合員として意見を言えばいいことではないでしょうか。
くまモンさんだって最初は何が何だかわからなかったのではないでしょうか。
私ははっきり言って賛成はしません。
トラブルのもとになると思います。
最初から専門知識を持って理事長になるわけではないでしょう。
要は皆さんの生活を第一に考える感性があるかどうかだと思います。
くまモンさんは組合が好きになったのだと思います。
それはほかの方も同じ機会が与えられていいのではないでしょうか。
焦らずに見守って、おかしいなと思った時に組合員として意見を言えばいいと思います。

重要なこと忘れました。
こういう場合には、次の役員に立候補します。
輪番の前に「立候補」の権利のほうが強いですから、規約に明記されていなくても立候補の意思を示してください。

がんばってね!

役員選出の規定は細則ではなく規約で定められていませんか。
立候補よりも輪番が優先なんて規定は見たことないのですが本当にそう書いてあるのですか。

それはともかく、そうなっているのでしたら規約改正をすればいいではないですか。
今期の通常総会に「役員選出は原則立候補とし、立候補による定数に満たない場合には輪番制によるものとする。」という規約を提案して、それが通った後に役員選出の議案にすれば、来期にくまモンさんも残れますよ。
その場合には役員選出の規約改正が承認された場合として、立候補者の名前を出しておけばいいことです。

私は大規模修繕委員会とかなんとか委員会というものは基本的には反対というか、結局責任は理事長にくるので意味がないと思っています。理事長がほんとに必要というとき以外は必要ないと思います。そもそも役員のなり手がいないのに言葉は乱暴ですが余計な委員会を増やしても理事長がしんどいだけというのが私の理事長としての経験からくる考えです。どうしても区分所有者の意見を聞いて物事を決めたいと思うときは集会(総会ではない)を開いて話し合いを行って最終的に理事会なり理事長が決めたらいいこと(その後必要ならば総会開催)でいいかなと思います。

現在役員は2年任期で総入れ替え制です。今、半数入替えを提案している最中ですが、他の役員は多忙の方ばかりですので、暗礁に乗り上げようとしています。→一人で進めたらいいのではないですか?どちらにしろ決めるのは総会なので。

専門委員会は植栽委員会を立ち上げる話から管理改善も含めたものに拡大して考えています。役員改選の細則を変えないと立候補もできません。立候補より輪番が優先という制度です。同じ人が理事長を続けられないような変な制限がかかっています。今までに改善を試みた理事長はいません。→理事長をやってくれる人がいるのであれば皆さん喜んで細則改正に賛成すると思いますが。ちなみに私のマンションでは輪番制で細則には記述がありませんが立候補者を募集します(今までに私含め二人だけですが)。

消極的な管理組合員ばかりの管理組合は管理会社に食われてばかりです。経費削減を頑張らないと修繕積立金が来期から3倍以上になってしまいます。前期から、管理会社を変更し、各種業者を変更し、各種経費の見直しで立て直してきましたが、制度・体制を見直さないと改善活動の継続ができません。→この内容を文書にして全区分所有者に配布し「いいんですか?」と問いかけたほうが早いと思います。言葉は悪いですが無関心な方が多いほど「やりたいようにできる」と割り切って進めていかないとそれこそ時間が無くなると思います。上記でも書きましたが結局決めるのは総会なので。

理事会にたてつく委員会など、この管理組合の場合はあり得ません。そのくらいの意識の高さがあれば今こんなことにはなっていないはずだからです。→ならば余計必要ないと思うのですが。委員会>理事会という委員会が理事会みたいなものになるということでしょう。ここで聞いても皆さん同じような回答をすると思うのですが。

他の方とのやりとりを拝見しました。あくまで私の意見・考え方ですが…
理事長というのはあくまで「嫌々やる」ぐらいの気持ちが丁度いいのかなあと思います。全区分所有者の中で理事長をする人はそんなにいません。理事長をやってみてはじめて「こんなこともやっている」「こんなことで苦情を言ってくる人がいるのか」等々いろんなことがわかってきます。私も理事長をしなければマンション管理に無関心な一区分所有者で終わっていたと思います。くまもんさんも理事長をしたことでいろいろなことがわかってきたことによって「きちんとしなければ」という気持ちになっているに過ぎないということを頭に入れて行動したほうがいいのかなと思います。

くまモンさんとcocoaさんのやり取りを拝読しました。
任期が終ろうとしているのにやり残したことがあるので、最後までやりたいというのがご質問の趣旨のようですね。
cocoaさんのご提案のようにくまモンさんが立候補してもう1年やる方法の他、現在の役員さんの中であと1年任期が残っている人にしっかりと引き継いでやっていただいたり、気骨のありそうな人を推薦する方法もあります。

私自身も、理事長として管理見直しを進める最中に任期が終わってしまいました。自分で再度立候補することも考えたのですが、その期の監事さんが大変優秀な人でしたので推薦してもう一年やっていただきました。管理委託費削減が目的でしたので、私よりも会計面をしっかり見ることができる監事さんに残って頂いた方が管理見直し事業が良い結果になると思ったからでした。

委員会は目的を定めて作るもので、多目的委員会というのは聞いたことがありません。
理事会派と委員会派に管理組合が二分してしまう原因になっては良くないからだと思います。

1人1人に返信できないので、お1人に返答しますが。現在役員は2年任期で総入れ替え制です。今、半数入替えを提案している最中ですが、他の役員は多忙の方ばかりですので、暗礁に乗り上げようとしています。もうあまり時間がありません。専門委員会は植栽委員会を立ち上げる話から管理改善も含めたものに拡大して考えています。役員改選の細則を変えないと立候補もできません。立候補より輪番が優先という制度です。同じ人が理事長を続けられないような変な制限がかかっています。今までに改善を試みた理事長はいません。消極的な管理組合員ばかりの管理組合は管理会社に食われてばかりです。経費削減を頑張らないと修繕積立金が来期から3倍以上になってしまいます。前期から、管理会社を変更し、各種業者を変更し、各種経費の見直しで立て直してきましたが、制度・体制を見直さないと改善活動の継続ができません。このサイトの代表の方にここで相談してみなさい、管理改善委員会の事例はある、とお聞きし、このサイトに来ました。細則の事例がありましたら、教えてください。反対の意見の意味は判っていますが、管理組合がちゃんと機能していないマンションも多々あります。根本的に変えなければならないので、時を逸してしまうと困ります。次を託せる人は次の輪番の人の中にはいません。いれば元々問題にはなりません。理事会にたてつく委員会など、この管理組合の場合はあり得ません。そのくらいの意識の高さがあれば今こんなことにはなっていないはずだからです。… という場合の処方箋をお願いします。

背景をご説明いただきまして、ありがとうございます。
委員会とその規約・細則に関するご質問ですが、専門委員会を新設するために規約・細則は必ずしも必要ありません。委員会の予算を必要とせず、委員会の規約を制定しない場合は総会決議も不要だと思います。その場合でも理事会決議は必要です。
(当方の委員会は規約・細則を制定していません。目的・任期・委員には報酬が無いことなどの条件を広報し、通常総会で設立を宣言、異論は出されなかったので設立し活動しています。目的が完了しましたら解散します。)

くまモンさんのお話を拝読しますと、役員としてやり残した事を、引き続きご自分で実行なさりたくて、その方法を探しているように読めます。
その場合は、やはり役員になったほうが良いと思います。あと半年あるなら、役員の再任・立候補・推薦を認める規約変更を議案とする臨時総会を招集してはどうでしょうか?
くまモンさん以外適切な人材が居ないのなら、くまモンさんが万年理事長になって進めるのが最短距離なのではありませんか?
専門委員会は理事会の下部組織でしかなく、提案や具申は出来ても決定権・執行権はありませんので、委員会組織にすると却って迂遠になるように感じます。不熱心な理事長が具申を真面目に聞いてくれず、決定を先延ばしにすることもありえますから。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。