←トップへ戻る

総会の録音禁止

管理規約

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

総会に参加できないため、録音をお願いしたところ禁止しているので出来ないと理事から言われました。総会案内に禁止の旨、今年から書かれていましたが管理規約や細則ではそのような決まりは有りません。そのような決め事は有効なのでしょうか?

みんなの回答

録音して貰ってまで聞きたい議論は、参加できないとおっしゃらず、出席してケロロさんの耳で聞くべきだと思います。
当方では遠方にお住まいでも泊りがけでやって来て出席する組合員もいらっしゃいますし、私も仕事がある日に有給休暇をとって出席したことは何度もあります。
録音禁止の決めごとは有効だと思います。欠席者の便宜を図るために、出席者に録音の負担を強いるのは不公平だと思いませんか?
出席者は時間を工面してその場に赴いていることを認識して欲しいです。

有効か無効かと言われたら多分有効でしょう。
必要性がないですから。
規約や細則で決められていないから無効だとまでは言えないと思います。
録音したものをへんな風に使われて、誰が何を言ったとか、後々トラブルになることも考えられます。
総会で決議された後に聞いても結果は変えられませんし、議事録の内容ではわからないとおっしゃるのでしたら、議事録をもっと詳しく書いてほしいと要望すれば済むと思います。
総会の議事録は結果だけを記載しているところが多く、それでもこういう結果になりましたとの議事録としての目的は果たしていると思います。
誰が何を言ったとか、どんな話し合いがされたとか、知りたいのはわかりますが、総会で皆さんが決めたことを尊重すべきだと思います。

都合の良いことだけ議事録に書かれ無いように、と思いましたが録音することで自由な意見が言いづらくなるとの他の回答者さんの意見もあったのでそれらのアドバイスを考慮します。議事録作成のために理事会では録音しているのでそちらを聞かせていただけないか相談してみます。

規約で禁止されていないのにも関わらず、理事長が独自に録音を禁止するのは、公にしたくないことを話し合っている可能性が大きいですね。以下私のマンションでの実例がご参考になれば幸いです。

総会の始まる前、理事長(議長)により「闊達な意見の場にするために、録音はご遠慮ください」というまことしやかなアナウンスがありました。それを待っていたとばかり、理事のひとりが、議案には含まれていない、ある匿名投書について、罵詈雑言を浴びせ始めたのです。この匿名投書の内容は、修繕工事が規約に則って行われていないため、区分所有者に安全上の注意喚起を促す内容だったにも関わらず、内容などそっちのけで、「資産価値が下がる」とマンションの管理規約など眼中になく、「金儲け」の観点のみから、独善的な自論を大声でわめきたてていました。

さらに、その後の総会でも、「賛成」」「異議無し」の無風のシャンシャン総会に持っていくために、意見や質問をする者に、発言中にヤジや罵声を浴びせ、故意に議論させようとせず、まるで「総会屋集団」そのもの。当マンションの施工主は、談合や水増し請求で、たびたびマスコミに取り上げられるゼネコン系であり、理事長、副理事長、修繕委員長、すべてこのゼネコン系建設会社の関係者であることからすれば、最初から全員で計画していたので、あえて録音禁止とアナウンスした可能性が大きいと思います。この方たちの常識では、「闊達な意見交換」の意味は、どうやらヤジや罵声のことだったようです(笑)

しかし、規約に禁止されていないので、悪用しなければ、録音したからと言って罪に問われるわけではありません。ちなみに私は、これら理事の罵詈雑言、ヤジ、暴言、トンチンカンな受け答え、一部始終すべて録音してあります(笑)今はいろいろなディバイスがあるので、現実には録音禁止をすることなど不可能です。出席できないのなら、どなたかに録音をお願いすることも可能だと思います。総会でまともな議論が行われているのなら、あえて録音を禁止する必要などないはずです。まともで無いから隠したがると考えてよいと思います。



そのような総会もあるのですね(^^;参考になります。
おっしゃる通り録音を完全に防止する事は不可能でしょうが堂々と録音したかったです。あまり事を荒立てたくないので議事録作成のために録音している音源を聞かせてもらえないか相談してみます。

なぜ録音したいのですか?

議事録には個別の質問のやり取りまでは載らないことが一番の理由です。事前質問を送っていますがその回答を踏まえて他の参加者の意見や議論の詳細も知りたいからです。

他の方の回答にもありますが、ただ単に総会のやりとりを知りたいのであれば、議事録に質疑応答も追加してくれと頼めばいいですし、理事会等に不信感があるのであれば意地でも総会に出て自ら録音するべきです。録音を頼んでも都合の悪いところを消されたら何の意味もありませんからね。

有効か無効かと言われたら多分有効でしょう。
必要性がないですから。
規約や細則で決められていないから無効だとまでは言えないと思います。
録音したものをへんな風に使われて、誰が何を言ったとか、後々トラブルになることも考えられます。
総会で決議された後に聞いても結果は変えられませんし、議事録の内容ではわからないとおっしゃるのでしたら、議事録をもっと詳しく書いてほしいと要望すれば済むと思います。
総会の議事録は結果だけを記載しているところが多く、それでもこういう結果になりましたとの議事録としての目的は果たしていると思います。
誰が何を言ったとか、どんな話し合いがされたとか、知りたいのはわかりますが、総会で皆さんが決めたことを尊重すべきだと思います。

都合の良いことだけ議事録に書かれ無いように、と思いましたが録音することで自由な意見が言いづらくなるとの他の回答者さんの意見もあったのでそれらのアドバイスを考慮します。議事録作成のために理事会では録音しているのでそちらを聞かせていただけないか相談してみます。

規約で禁止されていないのにも関わらず、理事長が独自に録音を禁止するのは、公にしたくないことを話し合っている可能性が大きいですね。以下私のマンションでの実例がご参考になれば幸いです。

総会の始まる前、理事長(議長)により「闊達な意見の場にするために、録音はご遠慮ください」というまことしやかなアナウンスがありました。それを待っていたとばかり、理事のひとりが、議案には含まれていない、ある匿名投書について、罵詈雑言を浴びせ始めたのです。この匿名投書の内容は、修繕工事が規約に則って行われていないため、区分所有者に安全上の注意喚起を促す内容だったにも関わらず、内容などそっちのけで、「資産価値が下がる」とマンションの管理規約など眼中になく、「金儲け」の観点のみから、独善的な自論を大声でわめきたてていました。

さらに、その後の総会でも、「賛成」」「異議無し」の無風のシャンシャン総会に持っていくために、意見や質問をする者に、発言中にヤジや罵声を浴びせ、故意に議論させようとせず、まるで「総会屋集団」そのもの。当マンションの施工主は、談合や水増し請求で、たびたびマスコミに取り上げられるゼネコン系であり、理事長、副理事長、修繕委員長、すべてこのゼネコン系建設会社の関係者であることからすれば、最初から全員で計画していたので、あえて録音禁止とアナウンスした可能性が大きいと思います。この方たちの常識では、「闊達な意見交換」の意味は、どうやらヤジや罵声のことだったようです(笑)

しかし、規約に禁止されていないので、悪用しなければ、録音したからと言って罪に問われるわけではありません。ちなみに私は、これら理事の罵詈雑言、ヤジ、暴言、トンチンカンな受け答え、一部始終すべて録音してあります(笑)今はいろいろなディバイスがあるので、現実には録音禁止をすることなど不可能です。出席できないのなら、どなたかに録音をお願いすることも可能だと思います。総会でまともな議論が行われているのなら、あえて録音を禁止する必要などないはずです。まともで無いから隠したがると考えてよいと思います。



そのような総会もあるのですね(^^;参考になります。
おっしゃる通り録音を完全に防止する事は不可能でしょうが堂々と録音したかったです。あまり事を荒立てたくないので議事録作成のために録音している音源を聞かせてもらえないか相談してみます。

なぜ録音したいのですか?

議事録には個別の質問のやり取りまでは載らないことが一番の理由です。事前質問を送っていますがその回答を踏まえて他の参加者の意見や議論の詳細も知りたいからです。

他の方の回答にもありますが、ただ単に総会のやりとりを知りたいのであれば、議事録に質疑応答も追加してくれと頼めばいいですし、理事会等に不信感があるのであれば意地でも総会に出て自ら録音するべきです。録音を頼んでも都合の悪いところを消されたら何の意味もありませんからね。

録音して貰ってまで聞きたい議論は、参加できないとおっしゃらず、出席してケロロさんの耳で聞くべきだと思います。
当方では遠方にお住まいでも泊りがけでやって来て出席する組合員もいらっしゃいますし、私も仕事がある日に有給休暇をとって出席したことは何度もあります。
録音禁止の決めごとは有効だと思います。欠席者の便宜を図るために、出席者に録音の負担を強いるのは不公平だと思いませんか?
出席者は時間を工面してその場に赴いていることを認識して欲しいです。

回答がありません。