←トップへ戻る

防火管理者の選任、自治会役員との連携

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

現在、管理組合の理事長をしている者です。防火管理者は選任済みで3年目の方ですが、具体的に何をやっているのか把握していませんでした。口を出すと止めるとか言われそうです。
そこで、理事会の勉強会を兼ねて防火管理者の講習を受け、3人が資格を取りました。
そして、届出した消防計画などを確認して下記のことか分かりました。

1.防火管理者は、有資格の2名の方が数年ずつ交代で担当している。
2.居住者への消防関連の連絡、広報、指導、消火訓練、避難訓練の実務は自治会役員がやることになっている。
3.非常時の対応は自治会役員で結成して自主防災組織がやることになっている。
4.自治会役員5名で、上記の対応は無理と思われる。
5.管理組合理事会はまったく関与することがない。
6.防火管理者は名前だけになっている。
7.現状の指揮命令系統
管理権限者(管理組合理事長)

防火管理者

防災部長(自治会長)、広報担当、誘導担当、
消火担当 など自治会役員5名

管理組合理事会5名と自治会役員5名で連携して対応できるようにしたいと思いますが、他の管理組合ではどう対応されているのでしょうか?

みんなの回答

ウチのマンションは小規模マンションで、あまり参考になるか分かりませんが。
ウチのマンションは理事会主導で消防計画と訓練を実施しています。防火管理者は防災担当理事を副理事長兼務として、毎期副理事長が防火管理者資格を取得するようにしており、消防訓練の立案と管理会社との調整などは副理事長にやって頂いております。自治会は地域の自治会に加入しており、自治会担当役員も選任していますが、ウチの地域の自治会は毎月自治会の会合があったり、活発な活動をしており、負担も大きいので、消防訓練は理事会の役割にしております。小規模マンションなので、消防訓練ぐらいしか住民が揃って活動するイベントがないので、住民のみなさんの出席率は高いですね。昨年の訓練は消防署にお願いしたら、消防車と完全装備の職員の方々が来られて、子供たちはうれしそうに参加してましたね。

私のマンションは自治会を設立はしてますが、実態はなにも活動していないので管理組合で対応することになっています。今まで避難訓練もしていなかったので私が理事長になってから防火管理者とともに避難訓練等は実施していますが、消防計画書どおりにできるかどうかは不透明です。実際起こったらみんなで助け合うしかないと思っています。

クッシーさん
私のところは、20年ほど前は皆さんお子さんが小さく、自治会では運動会、ハイキング、ソフトボール大会への参加、小旅行など活発にレクレーションや地域活動をしていました。日頃からコミュニケーションを図り、顔見知りが多かったので自治会活動への参加者が多く、活発に活動できたように思います。最近は高齢者世帯が多くなり、顔を合わせる機会が少なくなり、地震・火災の時に、安否確認や助け合いがっできるのか不安です。
避難訓練でなくても、食事・健康相談会、御茶会など日頃からのコミュニティづくりが必要だなと思っていますが、自治会役員でないので行動を起こせないのが残念です。


最近は管理組合がコミュニティの事でお金を使うのはおかしいという意見が多くなってきているので避難訓練ぐらいでしかコミュニティ形成ができないのが現状ではないでしょうか。

この自治会というのは、マンションの自治会ですか。
それだと協力体制が作りやすくてむしろよかっとかもしれません。
防火・防災の総合責任者は「管理権原者」である理事長です。
組合主導で自治会にも協力していただくことが理想的です。
消防計画を作るときの、それぞれの担当を「理事会」と「自治会」から一人ずつ出すという方法をとるのがいいのではないでしょうか。
防火訓練の計画を立てるときにも、自治会会長などに理事会に出席していただいて、一緒に作ることも必要です。

知り合いのところで、やはり防火訓練は自治会が行っていたところがありますが、管理組合と協力して役割を同じように担うことに変えました。そこは管理組合と自治会の関係もよくなり、何かあるとお互いに助け合うようになりました。

メロディーさん
ご回答ありがとうございます。やはり、管理組合理事長が動かないとダメ、防火管理者もしっかり管理しないとダメですね。
自治会は、マンションの自治会です。消火訓練、起震車体験、煙部屋の避難訓練など毎年、消防署や市役所の方を呼んで、自治会が開催しています。
消防計画は、2年ほど前に防火管理者が作成して消防署に届出した控えが見つかりました。前理事長(現修繕委員)、前々自治会長(現副理事長)、前自治会長(現監事)は消防計画の内容を知りませんでした。
現自治会役員は、緊急時連絡体制、個人情報取扱いルール、防火・防災関連備品の見直しなど問題提起しても反応なく、逃げ回っています。
4月に自治会総会で問題提起して、新しい自治会役員と意見交換、連携打合せを行いたいと思います。

そうですよ。
なんといっても法的な責任は管理組合にあるのですから、遠慮することなく一緒にやりましょうと提案したほうがいいと思います。
何のための「管理権原者」「防火管理者」なのでしょうか。
住民の皆さんの安全のための活動で、懇親が目的ではないわけですし、管理組合が主導にならなければと思います。

この自治会というのは、マンションの自治会ですか。
それだと協力体制が作りやすくてむしろよかっとかもしれません。
防火・防災の総合責任者は「管理権原者」である理事長です。
組合主導で自治会にも協力していただくことが理想的です。
消防計画を作るときの、それぞれの担当を「理事会」と「自治会」から一人ずつ出すという方法をとるのがいいのではないでしょうか。
防火訓練の計画を立てるときにも、自治会会長などに理事会に出席していただいて、一緒に作ることも必要です。

知り合いのところで、やはり防火訓練は自治会が行っていたところがありますが、管理組合と協力して役割を同じように担うことに変えました。そこは管理組合と自治会の関係もよくなり、何かあるとお互いに助け合うようになりました。

メロディーさん
ご回答ありがとうございます。やはり、管理組合理事長が動かないとダメ、防火管理者もしっかり管理しないとダメですね。
自治会は、マンションの自治会です。消火訓練、起震車体験、煙部屋の避難訓練など毎年、消防署や市役所の方を呼んで、自治会が開催しています。
消防計画は、2年ほど前に防火管理者が作成して消防署に届出した控えが見つかりました。前理事長(現修繕委員)、前々自治会長(現副理事長)、前自治会長(現監事)は消防計画の内容を知りませんでした。
現自治会役員は、緊急時連絡体制、個人情報取扱いルール、防火・防災関連備品の見直しなど問題提起しても反応なく、逃げ回っています。
4月に自治会総会で問題提起して、新しい自治会役員と意見交換、連携打合せを行いたいと思います。

そうですよ。
なんといっても法的な責任は管理組合にあるのですから、遠慮することなく一緒にやりましょうと提案したほうがいいと思います。
何のための「管理権原者」「防火管理者」なのでしょうか。
住民の皆さんの安全のための活動で、懇親が目的ではないわけですし、管理組合が主導にならなければと思います。

私のマンションは自治会を設立はしてますが、実態はなにも活動していないので管理組合で対応することになっています。今まで避難訓練もしていなかったので私が理事長になってから防火管理者とともに避難訓練等は実施していますが、消防計画書どおりにできるかどうかは不透明です。実際起こったらみんなで助け合うしかないと思っています。

クッシーさん
私のところは、20年ほど前は皆さんお子さんが小さく、自治会では運動会、ハイキング、ソフトボール大会への参加、小旅行など活発にレクレーションや地域活動をしていました。日頃からコミュニケーションを図り、顔見知りが多かったので自治会活動への参加者が多く、活発に活動できたように思います。最近は高齢者世帯が多くなり、顔を合わせる機会が少なくなり、地震・火災の時に、安否確認や助け合いがっできるのか不安です。
避難訓練でなくても、食事・健康相談会、御茶会など日頃からのコミュニティづくりが必要だなと思っていますが、自治会役員でないので行動を起こせないのが残念です。


最近は管理組合がコミュニティの事でお金を使うのはおかしいという意見が多くなってきているので避難訓練ぐらいでしかコミュニティ形成ができないのが現状ではないでしょうか。

ウチのマンションは小規模マンションで、あまり参考になるか分かりませんが。
ウチのマンションは理事会主導で消防計画と訓練を実施しています。防火管理者は防災担当理事を副理事長兼務として、毎期副理事長が防火管理者資格を取得するようにしており、消防訓練の立案と管理会社との調整などは副理事長にやって頂いております。自治会は地域の自治会に加入しており、自治会担当役員も選任していますが、ウチの地域の自治会は毎月自治会の会合があったり、活発な活動をしており、負担も大きいので、消防訓練は理事会の役割にしております。小規模マンションなので、消防訓練ぐらいしか住民が揃って活動するイベントがないので、住民のみなさんの出席率は高いですね。昨年の訓練は消防署にお願いしたら、消防車と完全装備の職員の方々が来られて、子供たちはうれしそうに参加してましたね。

回答がありません。