←トップへ戻る

EV 独立系保守点検会社

大規模修繕工事

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

最近、独立系の保守点検会社に委託しているところで、メーカーからの妨害と思われる行為が続いています。
1件は、築16年でエレベーターのドアに不具合が発生し、修理完了まで8か月かかりました。
メーカーに基盤を注文しても、何の返事もなく見積もりにも答えなかったとのことです。
何回か催促してようやく基盤が入手できたのですが、その後メーカーの立ち合いが必要とのことでしたが日程が合わないと断られ続けた結果です。
もう1件は、10年ほど前にリニューアルして、途中で保守点検を独立系に変えたのですが、現在1基停止している状態です。メーカーに部品の発注をしたら手元にないから製造しなければならないと言われ、見積もりを依頼しているのですが3か月たっても返事がきません。また、部品だけを販売したこともないため、巻き上げ機全体の交換になるといわれ、それも販売したことがないので社内で検討するといわれているようです。
もう1件は、リニューアルを検討して見積もりを依頼したところ、現在独立系が保守点検をしているので、見積もりは有料になるといわれました。
3件ともメーカー、独立系会社ともに違いますが、メーカーが自分たちに保守点検を戻させるような工作に思えてしまいます。
部品を渡さないわけではないので独禁法にも違反しないとのことと独立系も嘆いています。
エレベーターは命にかかわる事故にもつながります。
住民の命を人質にされているような気になります。
対処方法はありませんか。

みんなの回答

効果があるかどうかはわからないのですが、業界団体(日本エレベーター協会)や国民生活センターにご相談するのも一案です。
業界ぐるみでこのような業務遅滞を推奨しているとしたなら業界団体に相談しても無駄かもしれません。
国民生活センター(もと消費者センター)は国が税金でやっている機関なので、1年もエレベーターが使えないような窮状を相談なされば、消費者救済のために特定の企業に対して行政指導をしてくれることも考えられます。

三毛さん ありがとうございます。
ユーザー側から国民生活センターに相談することもできますね。
独立系の委託会社と話し合いした時に、行政に相談してはどうかと聞いたのですが、首をかしげて返事はしませんでした。
彼らの立場が余計にまずくなるかもしれないことですものね。

後日談ですが、理事長がメーカーの担当者にクレームを言ったのですが埒が明かなく、上司に訴えたら「すぐ手配します。」ということになりました。
独立系に妨害していることが見え見えになりました。
いつまでこんなことしているのでしょうね。

そもそもエレベータ保守点検の契約は管理会社元請でなく、管理組合直接契約ですか?管理会社元請なら、まずは管理会社にクレームですし、もし管理組合直接契約なら管理会社元請契約に保守会社は現在の独立系のままでも構いませんが、変更を考えてもいいかもしれません。大手のマンション管理会社であればエレベータメーカーは本社担当を付けるぐらい取引は深いです。管理会社経由で依頼すると動きは全然変わったりしますので、管理会社マージン分は何かあった時の管理会社が動いてくれる為のものと思って、管理会社元請契約に変更することもひとつかもしれません。

taroさん ありがとうございます。
1件は管理会社、後の2件は組合直の契約です。
3件とも管理会社が協力してくださることになり、組合と一緒にメーカーにクレームを言うことになりました。
これでスムーズに動くことになったら、それはやはり独立系への嫌がらせの証明のようなものですよね。
こんな話、まだまだいっぱいあるのでしょう。

海さん。良かったですね。まずは問題解決に向けて進捗しそうですね。引き続き頑張ってください。

いまだにこんなことが起こっているのですね。
保守点検は別の会社がしていても、住民はそのメーカーの装置を使用していることに変わりはありません。
ユーザーは直接メーカーに苦情を言える立場です。
保守点検の会社に、メーカーの担当者を聞き、「こんな状態になっているがどういうことだ。いつ解決できるのか。」と問いただすことができます。
メーカーにはユーザーからの苦情はかなり効き目があると思います。
担当者が煮え切らない返事をするようでしたら、会社の上層部に相談することにしてはいかがでしょうか。
上層部では、妨害行為はないことを前提として運営しているはずですから、動かざるを得なくなるでしょう。
但し、ユーザー個人、住民個人として苦情を言うのではなく、管理組合として、できれば管理会社にも協力していただいて交渉してください。
理事会や総会に呼んで説明をさせることもできるでしょう。
今はネット社会ですから、悪評はあっという間に広がります。
メーカーが恐れるのは世間の評判ではないでしょうか。
くれぐれもやりすぎないよう、クレームでとどめることにも気を付けてください。

私たちが直接メーカーに苦情を言えるなんて考えてもみませんでした。
効果がありそうですね。
独立系を問い詰めてもどうにもなりませんし、かわいそうに思えてきていました。
早速試してみます。
ありがとうございました。

私のマンションはもうすぐエレベーター改修工事をします。見積もり依頼時独立系数社の話も聞きましたがやはりメンテナンスの話になるとなんとなく不安な気持ちになりました。費用は安くなるのでしょうが現状はまだメーカーのほうがそれこそ住民の命を考えた場合信用できるなあと思いました。ただメーカーの見積もり金額を下げさせるのには独立系は必要とは感じますが。

クッシーさん ありがとうございます。
こんなことがあるとメーカーのままだったらと、私ですら考えてしまいます。
そこがメーカーの狙いなのでしょうね。
ユーザーにとっては、しっかりメンテしてくれて納得のいく費用のところに依頼したいというだけのことです。
業界のグチャグチャに巻き込まれるのは、いつもエンドユーザーなんですよね。
腹立たしい限りです。

いまだにこんなことが起こっているのですね。
保守点検は別の会社がしていても、住民はそのメーカーの装置を使用していることに変わりはありません。
ユーザーは直接メーカーに苦情を言える立場です。
保守点検の会社に、メーカーの担当者を聞き、「こんな状態になっているがどういうことだ。いつ解決できるのか。」と問いただすことができます。
メーカーにはユーザーからの苦情はかなり効き目があると思います。
担当者が煮え切らない返事をするようでしたら、会社の上層部に相談することにしてはいかがでしょうか。
上層部では、妨害行為はないことを前提として運営しているはずですから、動かざるを得なくなるでしょう。
但し、ユーザー個人、住民個人として苦情を言うのではなく、管理組合として、できれば管理会社にも協力していただいて交渉してください。
理事会や総会に呼んで説明をさせることもできるでしょう。
今はネット社会ですから、悪評はあっという間に広がります。
メーカーが恐れるのは世間の評判ではないでしょうか。
くれぐれもやりすぎないよう、クレームでとどめることにも気を付けてください。

私たちが直接メーカーに苦情を言えるなんて考えてもみませんでした。
効果がありそうですね。
独立系を問い詰めてもどうにもなりませんし、かわいそうに思えてきていました。
早速試してみます。
ありがとうございました。

私のマンションはもうすぐエレベーター改修工事をします。見積もり依頼時独立系数社の話も聞きましたがやはりメンテナンスの話になるとなんとなく不安な気持ちになりました。費用は安くなるのでしょうが現状はまだメーカーのほうがそれこそ住民の命を考えた場合信用できるなあと思いました。ただメーカーの見積もり金額を下げさせるのには独立系は必要とは感じますが。

クッシーさん ありがとうございます。
こんなことがあるとメーカーのままだったらと、私ですら考えてしまいます。
そこがメーカーの狙いなのでしょうね。
ユーザーにとっては、しっかりメンテしてくれて納得のいく費用のところに依頼したいというだけのことです。
業界のグチャグチャに巻き込まれるのは、いつもエンドユーザーなんですよね。
腹立たしい限りです。

そもそもエレベータ保守点検の契約は管理会社元請でなく、管理組合直接契約ですか?管理会社元請なら、まずは管理会社にクレームですし、もし管理組合直接契約なら管理会社元請契約に保守会社は現在の独立系のままでも構いませんが、変更を考えてもいいかもしれません。大手のマンション管理会社であればエレベータメーカーは本社担当を付けるぐらい取引は深いです。管理会社経由で依頼すると動きは全然変わったりしますので、管理会社マージン分は何かあった時の管理会社が動いてくれる為のものと思って、管理会社元請契約に変更することもひとつかもしれません。

taroさん ありがとうございます。
1件は管理会社、後の2件は組合直の契約です。
3件とも管理会社が協力してくださることになり、組合と一緒にメーカーにクレームを言うことになりました。
これでスムーズに動くことになったら、それはやはり独立系への嫌がらせの証明のようなものですよね。
こんな話、まだまだいっぱいあるのでしょう。

海さん。良かったですね。まずは問題解決に向けて進捗しそうですね。引き続き頑張ってください。

効果があるかどうかはわからないのですが、業界団体(日本エレベーター協会)や国民生活センターにご相談するのも一案です。
業界ぐるみでこのような業務遅滞を推奨しているとしたなら業界団体に相談しても無駄かもしれません。
国民生活センター(もと消費者センター)は国が税金でやっている機関なので、1年もエレベーターが使えないような窮状を相談なされば、消費者救済のために特定の企業に対して行政指導をしてくれることも考えられます。

三毛さん ありがとうございます。
ユーザー側から国民生活センターに相談することもできますね。
独立系の委託会社と話し合いした時に、行政に相談してはどうかと聞いたのですが、首をかしげて返事はしませんでした。
彼らの立場が余計にまずくなるかもしれないことですものね。

後日談ですが、理事長がメーカーの担当者にクレームを言ったのですが埒が明かなく、上司に訴えたら「すぐ手配します。」ということになりました。
独立系に妨害していることが見え見えになりました。
いつまでこんなことしているのでしょうね。

回答がありません。