←トップへ戻る

管理員の直接雇用

管理業の委託

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

こんにちは、
友人の住んでいる、マンションの話ですが、
管理会社の対応が悪く、管理会社を変更したいとのことですが、
管理員さんはとても良い人なので、そのまま残ってほしいとの要望が多く、
管理員さんを管理組合で直接雇用できないかと相談を受けたのですが、
私のマンションでも管理員の直接雇用は経験がなく、直接雇用の場合の
雇用上のリスク(指導や勤怠管理)などのデメリットもあるように思えます。

どのように説明したらよいでしょうか?
宜しくお願いします。

みんなの回答

私の経験談ですが、管理人さんを新管理会社に雇用してもらうのは人手不足が叫ばれている昨今の状況を考えるとアリだと思います。
ただ、慣れというのもあり、管理会社雇用の管理人といえど、管理組合がお願いして雇用している管理人ということで、管理会社のフロントとの関係がギクシャクすることもリスクとしてあります。ウチのマンションも同じように管理会社変更時に新管理会社に継続雇用をお願いしたのですが、私が副理事長の時に住民から管理人が管理人室にばかりいて、全然清掃をしていないというクレームがありました。管理会社のフロントと共用部を見て回ったところ、クレームのとおりで、またたまたま平日休みだった時に管理人の仕事ぶりを見たら、これもまた指摘のとおりでした。
管理会社のフロントに話をすると直接そうは言っていなかったですが、やはり管理組合がお願いした管理人ということもあり、ギクシャクしている感じでしたし、前期の理事長にも話を聞いたら、管理会社変更時の理事長が一番継続雇用をお願いしたようで、こちらもあまり強く言えないと言っていました。
幸い当該管理人が定年ということで今期私が理事長の時に管理人が変わることになりましたが、新しい管理人が当該管理人の仕事ぶりをそのまま引き継がれてはマズイと思い、管理会社にお願いして、代行管理人をワンクッション置いてもらい、必要最低限引き継いでもらい、代行管理人から新管理人にしっかり管理会社の教育内容をベースに引き継ぎと教育をしてもらうようにしてもらいました。管理会社変更時に混乱を予防する効果はあると思いますので、良いと思いますが、近い関係になると言えないことも出てきてしまうので、ある一定の距離感を持った関係は保った方がいいと思います。

管理会社変更の時によく聞く話です。
管理会社によって違うところもあるかと思いますが、管理員さんは必要に応じて募集し、変な言い方ですがストックとして余計に契約していないところが多いです。
そのため、管理委託を解約されると、別のところに移動する場所のない場合は、管理員との契約を解約しているところもあります。

新しい管理会社に、今の管理員を使ってほしいと言えば、新しい管理会社も管理員の募集をする手間も省けますから了承していただけます。
その前に、管理員さん本人に残りたいかどうか確認しておき、条件を新しい管理会社と詰めておくことを忘れずに。
新しい管理会社が了承すれば、管理員さんも以前の管理会社を安心して辞めることができます。

組合直接契約だと、代行がいなかったり、責任の問題も重いものになります。
管理員さん本人の保証も弱くなるように思います。
新しい管理会社との関係も変なものになるのではないでしょうか。

管理会社変更の時によく聞く話です。
管理会社によって違うところもあるかと思いますが、管理員さんは必要に応じて募集し、変な言い方ですがストックとして余計に契約していないところが多いです。
そのため、管理委託を解約されると、別のところに移動する場所のない場合は、管理員との契約を解約しているところもあります。

新しい管理会社に、今の管理員を使ってほしいと言えば、新しい管理会社も管理員の募集をする手間も省けますから了承していただけます。
その前に、管理員さん本人に残りたいかどうか確認しておき、条件を新しい管理会社と詰めておくことを忘れずに。
新しい管理会社が了承すれば、管理員さんも以前の管理会社を安心して辞めることができます。

組合直接契約だと、代行がいなかったり、責任の問題も重いものになります。
管理員さん本人の保証も弱くなるように思います。
新しい管理会社との関係も変なものになるのではないでしょうか。

私の経験談ですが、管理人さんを新管理会社に雇用してもらうのは人手不足が叫ばれている昨今の状況を考えるとアリだと思います。
ただ、慣れというのもあり、管理会社雇用の管理人といえど、管理組合がお願いして雇用している管理人ということで、管理会社のフロントとの関係がギクシャクすることもリスクとしてあります。ウチのマンションも同じように管理会社変更時に新管理会社に継続雇用をお願いしたのですが、私が副理事長の時に住民から管理人が管理人室にばかりいて、全然清掃をしていないというクレームがありました。管理会社のフロントと共用部を見て回ったところ、クレームのとおりで、またたまたま平日休みだった時に管理人の仕事ぶりを見たら、これもまた指摘のとおりでした。
管理会社のフロントに話をすると直接そうは言っていなかったですが、やはり管理組合がお願いした管理人ということもあり、ギクシャクしている感じでしたし、前期の理事長にも話を聞いたら、管理会社変更時の理事長が一番継続雇用をお願いしたようで、こちらもあまり強く言えないと言っていました。
幸い当該管理人が定年ということで今期私が理事長の時に管理人が変わることになりましたが、新しい管理人が当該管理人の仕事ぶりをそのまま引き継がれてはマズイと思い、管理会社にお願いして、代行管理人をワンクッション置いてもらい、必要最低限引き継いでもらい、代行管理人から新管理人にしっかり管理会社の教育内容をベースに引き継ぎと教育をしてもらうようにしてもらいました。管理会社変更時に混乱を予防する効果はあると思いますので、良いと思いますが、近い関係になると言えないことも出てきてしまうので、ある一定の距離感を持った関係は保った方がいいと思います。

回答がありません。