←トップへ戻る

杜撰な管理会社フロントマン

管理業の委託

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

現在、当マンションの3階部分でリフォーム工事を行っています。
3月から工事を始めていたのですが、水回りの工事で水漏れ事故がありました。
これは、施行業者の作業の手順が間違っていたために起きたものです。
水漏れがあってから工事作業が1か月近く滞っていたようです。
工事終了予定日が4月14日(金)だったのですが、昨日延長の連絡のメールがフロントマンの方から届きました。正直びっくりしました。もっと早く連絡ができなかったものかと。工事で出るごみ等で共用部分の床の汚れも酷く管理員の方が掃除をしても落とせるレベルのものではないようです。
フロントマンの方の仕事に、リフォーム工事の進捗確認はないのでしょうか?
施行会社の対応が悪い時は、理事会のほうから直接業者の方にお話をしても
問題はないでしょうか?
管理員の方からフロントマンの方に報告をしても、理事会への報告が遅く困っております。

みんなの回答

マンションに何年も住んでいる方は昨今のフロントマンの仕事ぶりに納得いかない方が多いようです。マンション管理に興味を持つ人が増え管理会社へのクレームも増えているようです。遅くて困るなら自分たちでやるしかないと私はわりきっています。

三毛猫さんの仰るように、管理会社や工事会社ではななく、まずは区分所有者(おそらく今回は個人ではなく、販売仲介会社などの法人だと思いますが)に理事会としてクレームを言うのがスタートかと思います。
管理会社のフロントも被害者かもしれません。仲介会社も酷いところは管理人に言った=管理会社に伝えたと言ってくる仲介会社もあります。リフォーム工事後は、販売をし、内覧や見学なども同じ会社でやると思いますが、そこでのトラブル防止の意味でも、理事会として毅然とした抗議を仲介会社にした方がいいと思います。

おしゃっる通り、販売仲介会社と思います。
工事会社も元請会社ではなく下請け会社(今回は孫請け会社と思われます。)なので、工事の納期も短く納期期限を守ろうと
する思いが強く、起きているトラブルとも考えております。理事会で話し合い、今後どう対処するか検討したいと思います。
アドバイス ありがとうございました。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

フロントマンにはメールですが、直接理事長から指示をしています。が1日経過してからとレスポンスが悪いです。
今回の工事は、区分所有者が引っ越しをしてのリノベーションです。水漏れ事故も、本来は工事前に水を止めてからするものを
鍵が見つからずに、そのまま工事を進めてしまった為で起こることは業者も分かっていたと思います。
この時点で、理事会から直接苦情を言えばよかったと反省しております。
延長申請を受ける際は、共用部分の掃除代金を負担することを条件に許可をすることになりましたが
フロントマンが施行会社にきちんと伝えてもらえるか?と不安になりこちらにご相談しました。
施行会社に、直接理事会の意見を伝えたいと思います。
ありがとうございました。

フロンロトの連絡も通常でしたらメールでOKかと思います。
しかし、直接電話で生の声で指示や相談をするほうがいいのではないですか。
困ったことやわからないことなど、生の声で相談、指示するほうがお互いにいいと思います。
理事長と常に話ができる状態にしたいですね。

理事会から施工業者に直接話すべき問題と思います。

専有部分のリフォームによるトラブルは、その部屋の区分所有者に責任があります。
理事長さんから区分所有者に連絡し、工事の施主となる区分所有者から施工業者へ話すのが筋ですが、管理会社を介在させる必要はありません。
工事の期間の掲示をするのは施工業者ですが、工事が長引く場合に施主の区分所有者に報告が無いとは考えられません。
報告を受けた区分所有者が工事期間の延長を管理組合へ連絡すべきです。

その仲立ちを管理会社(管理員・フロントマン)が担っているわけですが、管理会社を通して工事を発注していないかぎり、管理会社に進捗状況を確認する責任はないと思います。
リフォームは区分所有者の意思で行われているのですから、責任もそこにあります。
施工業者の手違いで発生した漏水なので区分所有者に当事者意識が無いのかもしれませんが、その施工業者に工事を依頼したのは施主ですから、管理組合へ連絡する責任は区分所有者にあります。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

フロントマンにはメールですが、直接理事長から指示をしています。が1日経過してからとレスポンスが悪いです。
今回の工事は、区分所有者が引っ越しをしてのリノベーションです。水漏れ事故も、本来は工事前に水を止めてからするものを
鍵が見つからずに、そのまま工事を進めてしまった為で起こることは業者も分かっていたと思います。
この時点で、理事会から直接苦情を言えばよかったと反省しております。
延長申請を受ける際は、共用部分の掃除代金を負担することを条件に許可をすることになりましたが
フロントマンが施行会社にきちんと伝えてもらえるか?と不安になりこちらにご相談しました。
施行会社に、直接理事会の意見を伝えたいと思います。
ありがとうございました。

フロンロトの連絡も通常でしたらメールでOKかと思います。
しかし、直接電話で生の声で指示や相談をするほうがいいのではないですか。
困ったことやわからないことなど、生の声で相談、指示するほうがお互いにいいと思います。
理事長と常に話ができる状態にしたいですね。

理事会から施工業者に直接話すべき問題と思います。

専有部分のリフォームによるトラブルは、その部屋の区分所有者に責任があります。
理事長さんから区分所有者に連絡し、工事の施主となる区分所有者から施工業者へ話すのが筋ですが、管理会社を介在させる必要はありません。
工事の期間の掲示をするのは施工業者ですが、工事が長引く場合に施主の区分所有者に報告が無いとは考えられません。
報告を受けた区分所有者が工事期間の延長を管理組合へ連絡すべきです。

その仲立ちを管理会社(管理員・フロントマン)が担っているわけですが、管理会社を通して工事を発注していないかぎり、管理会社に進捗状況を確認する責任はないと思います。
リフォームは区分所有者の意思で行われているのですから、責任もそこにあります。
施工業者の手違いで発生した漏水なので区分所有者に当事者意識が無いのかもしれませんが、その施工業者に工事を依頼したのは施主ですから、管理組合へ連絡する責任は区分所有者にあります。

三毛猫さんの仰るように、管理会社や工事会社ではななく、まずは区分所有者(おそらく今回は個人ではなく、販売仲介会社などの法人だと思いますが)に理事会としてクレームを言うのがスタートかと思います。
管理会社のフロントも被害者かもしれません。仲介会社も酷いところは管理人に言った=管理会社に伝えたと言ってくる仲介会社もあります。リフォーム工事後は、販売をし、内覧や見学なども同じ会社でやると思いますが、そこでのトラブル防止の意味でも、理事会として毅然とした抗議を仲介会社にした方がいいと思います。

おしゃっる通り、販売仲介会社と思います。
工事会社も元請会社ではなく下請け会社(今回は孫請け会社と思われます。)なので、工事の納期も短く納期期限を守ろうと
する思いが強く、起きているトラブルとも考えております。理事会で話し合い、今後どう対処するか検討したいと思います。
アドバイス ありがとうございました。

マンションに何年も住んでいる方は昨今のフロントマンの仕事ぶりに納得いかない方が多いようです。マンション管理に興味を持つ人が増え管理会社へのクレームも増えているようです。遅くて困るなら自分たちでやるしかないと私はわりきっています。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

フロントマンにはメールですが、直接理事長から指示をしています。が1日経過してからとレスポンスが悪いです。
今回の工事は、区分所有者が引っ越しをしてのリノベーションです。水漏れ事故も、本来は工事前に水を止めてからするものを
鍵が見つからずに、そのまま工事を進めてしまった為で起こることは業者も分かっていたと思います。
この時点で、理事会から直接苦情を言えばよかったと反省しております。
延長申請を受ける際は、共用部分の掃除代金を負担することを条件に許可をすることになりましたが
フロントマンが施行会社にきちんと伝えてもらえるか?と不安になりこちらにご相談しました。
施行会社に、直接理事会の意見を伝えたいと思います。
ありがとうございました。

フロンロトの連絡も通常でしたらメールでOKかと思います。
しかし、直接電話で生の声で指示や相談をするほうがいいのではないですか。
困ったことやわからないことなど、生の声で相談、指示するほうがお互いにいいと思います。
理事長と常に話ができる状態にしたいですね。