←トップへ戻る

月の途中で区分所有者が交代した場合の会計処理について

管理組合の会計

管理組合の会計

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

32戸のマンションで監事をしております。
会計監査をしておりましたら、一般会計の口座に「所有者変更による管理費等返還」という支出の記録がありました。

月の途中でお部屋の売買があったようで、前所有者から1か月分徴収した当月分の管理費等を日割り精算して返還した模様です。
金額の根拠が不明なので返還金の明細がわかる精算書の開示を求めようと考えているところです。
2点わからないことがあります。

1.徴収される管理費等の中には修繕積立金も含まれているのですが修繕会計の口座には返還された記録がありません。修繕積立金は未経過分を返還しないものでしょうか?

2.月別収支報告書上では、これらの動きは特に顕れていません。発生主義の場合、今回のような返還があっても収入としては何も変化が無いものでしょうか?

ご教示よろしく御願いします。

みんなの回答

私のマンションでは亡くなった区分所有者から引き落としが発生して返そうとしたがどこにも返せず長い間宙ぶらりんになっていた預り金?を収入としたことはありました。

クッシーさん 参考になる体験談を有難うございます。
売却後に引き落としを止める手続きが間に合わなくて、預かったお金を返還したケースもあり得ますね。その点も考慮しつつフロントマンに確認します。そもそも誤った引き落としだったとすると精算書などの証憑が無いのも頷けます。管理組合をやっていると、いろいろなことがありますね…。有難うございました。

ほんといろいろありますね…
はやく理事長やめたいです(笑)

メロディさんの所と同じく、駐車料金は日割りの計算をして返還金が生じていますが、管理費や修繕積立金は変更がありませんし、管理組合で調整はしていないです。

ぷーさん、やはりそうですか。その後の調べで、管理費等の返還を受けた前所有者は駐車場を借りていない事が判明しました。フロントマンに事情を確認します。有難うございました。

使用料ならわかりますが、管理費等を日割計算で返還するなんて聞いたことがありませんが…
もしそういうことをするというのでしたら、それは売買の場で、売主と買主の間で調整するものではないのでしょうか。
管理組合がそれにかかわるというのでしたら、次の区分所有者に残りの日割り分を納入していただくことになります。
組合としては1か月分は全額確保できますから収入は変わらないことになりますから、月次にも現われないことになります。
「所有者変更による管理費等返還」という記録があるなら、「所有者変更による管理費等納入」とか何とかの項目で、新区分所有者からの残り分納入が記載されていなければいけないことになります。
管理費でそういう処理をするのでしたら、当然修繕積立金でもしなければいけないはずです。

通常では、区分所有者が変わるときには、双方で管理費等はいつまでどちらが払うということを決めて、いつ変わるかということと一緒に管理会社に通知していると思います。
私のところは「区分所有者変更届」に管理費等の支払いについて、出ていく方は何月分まで、入ってくる方には何月分からという欄を設けています。

返還されたのは管理費等ではなく、駐車場などの使用料かなにかなのではないですか。

メロディーさん、ご回答有難うございます。このような会計処理は珍しいのですね。
この管理組合で連続5期 監事を務めています。その間 この他にも売買で所有者の入れ替えはありましたが、今回のような処理は今回初めて見ました。

ご指摘の駐車場使用料の可能性を見ました。返還の前後ずっと満車状態の収入が続いています。契約者の氏名が途中で変わっているかを調べようと思います。
「所有者交代による管理費等納入」という記載は出てきません。ただ、管理費等は各種使用料も含んだ合計金額で集金代行会社から送金されてくるので、その中に含まれている可能性もあります。その明細も求めようと思います。

現在のフロントマンはこのマンションの担当となって2年目です。返還金の精算書の開示を求めると共に、このような処理をした事情を訊いてみたいと思います。有難うございました。

使用料ならわかりますが、管理費等を日割計算で返還するなんて聞いたことがありませんが…
もしそういうことをするというのでしたら、それは売買の場で、売主と買主の間で調整するものではないのでしょうか。
管理組合がそれにかかわるというのでしたら、次の区分所有者に残りの日割り分を納入していただくことになります。
組合としては1か月分は全額確保できますから収入は変わらないことになりますから、月次にも現われないことになります。
「所有者変更による管理費等返還」という記録があるなら、「所有者変更による管理費等納入」とか何とかの項目で、新区分所有者からの残り分納入が記載されていなければいけないことになります。
管理費でそういう処理をするのでしたら、当然修繕積立金でもしなければいけないはずです。

通常では、区分所有者が変わるときには、双方で管理費等はいつまでどちらが払うということを決めて、いつ変わるかということと一緒に管理会社に通知していると思います。
私のところは「区分所有者変更届」に管理費等の支払いについて、出ていく方は何月分まで、入ってくる方には何月分からという欄を設けています。

返還されたのは管理費等ではなく、駐車場などの使用料かなにかなのではないですか。

メロディーさん、ご回答有難うございます。このような会計処理は珍しいのですね。
この管理組合で連続5期 監事を務めています。その間 この他にも売買で所有者の入れ替えはありましたが、今回のような処理は今回初めて見ました。

ご指摘の駐車場使用料の可能性を見ました。返還の前後ずっと満車状態の収入が続いています。契約者の氏名が途中で変わっているかを調べようと思います。
「所有者交代による管理費等納入」という記載は出てきません。ただ、管理費等は各種使用料も含んだ合計金額で集金代行会社から送金されてくるので、その中に含まれている可能性もあります。その明細も求めようと思います。

現在のフロントマンはこのマンションの担当となって2年目です。返還金の精算書の開示を求めると共に、このような処理をした事情を訊いてみたいと思います。有難うございました。

メロディさんの所と同じく、駐車料金は日割りの計算をして返還金が生じていますが、管理費や修繕積立金は変更がありませんし、管理組合で調整はしていないです。

ぷーさん、やはりそうですか。その後の調べで、管理費等の返還を受けた前所有者は駐車場を借りていない事が判明しました。フロントマンに事情を確認します。有難うございました。

私のマンションでは亡くなった区分所有者から引き落としが発生して返そうとしたがどこにも返せず長い間宙ぶらりんになっていた預り金?を収入としたことはありました。

クッシーさん 参考になる体験談を有難うございます。
売却後に引き落としを止める手続きが間に合わなくて、預かったお金を返還したケースもあり得ますね。その点も考慮しつつフロントマンに確認します。そもそも誤った引き落としだったとすると精算書などの証憑が無いのも頷けます。管理組合をやっていると、いろいろなことがありますね…。有難うございました。

ほんといろいろありますね…
はやく理事長やめたいです(笑)

回答がありません。