←トップへ戻る

案内板の処分

その他

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

こんにちは。よろしくお願いします。

マンションの入り口付近に、入居者の名前がわかる鉄製の案内板があります。
サビが目立ってきたのですが、古いし、もういらないから処分しようという意見が出ました。
なお新しい案内板を作る予定はありません。

共用部分の処分となると、民法251条の共有者の全員の同意が必要なのでしょうか?
それとも区分所有法の17条か18条で判断するのでしょうか?

みんなの回答

管理者には「保全義務」があります。そうしますと、撤去は問題ではないでしょうか?みなさんのご意見をいただきたいです。

案内板は建物の共用部分の付属施設(屋外の自転車置き場やごみ置き場等と同じ)の位置づけです。
鉄製で経年劣化による朽廃でその機能が果たせなくなったのであれば無価値の物を撤去し、美観を整えるのは管理行為であり、区分所有者単独でもなしえる行為と言えます。そのために撤去費用や廃材の処分費がかかれば、組合員(管理組合)に請求できます。
総会の決議を待たずして理事会で速やかに撤去を決しても問題ありません。総会で決議すべきは同等のものを費用をかけて再調達するか否かではないでしょうか。

そのくらいの設備なら、財産的価値があるとは言えないと思いますので、総会の普通決議でいいのではないでしょうか。
むしろ防犯上の観点からも取り外したほうがいいように思います。
強いて難しく言えば、区分所有法第18条に基づく管理ということでしょうか。

そのくらいの設備なら、財産的価値があるとは言えないと思いますので、総会の普通決議でいいのではないでしょうか。
むしろ防犯上の観点からも取り外したほうがいいように思います。
強いて難しく言えば、区分所有法第18条に基づく管理ということでしょうか。

案内板は建物の共用部分の付属施設(屋外の自転車置き場やごみ置き場等と同じ)の位置づけです。
鉄製で経年劣化による朽廃でその機能が果たせなくなったのであれば無価値の物を撤去し、美観を整えるのは管理行為であり、区分所有者単独でもなしえる行為と言えます。そのために撤去費用や廃材の処分費がかかれば、組合員(管理組合)に請求できます。
総会の決議を待たずして理事会で速やかに撤去を決しても問題ありません。総会で決議すべきは同等のものを費用をかけて再調達するか否かではないでしょうか。

管理者には「保全義務」があります。そうしますと、撤去は問題ではないでしょうか?みなさんのご意見をいただきたいです。

回答がありません。