←トップへ戻る

マンション屋上かからの漏水について

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

 当マンションは築48年と古く、ここ10年に、何回もの漏水工事をしてきましたに漏水が止まりません。
 その事が原因かどうかは分かりませんが、最上階のその下の階に漏水現象が起きております。当初管理会社からの調査では上の階からの漏水と判断されましたが、実際には漏水するような事は全くなく、その後も何度も階下に漏水が起こりましたが、その後は空き家にしておりますのに、苦情となり困っています。漏水が起きるときは雨降り時のようです。
 私としましての見解は、屋上の排水が悪くあふれていて割れ目や排水管のどこかで水漏れしていて割れ目を伝っての漏水ではないかと思っています。
 そして怖いのが、その漏水が鉄筋の錆びらせてその隙間から漏水していると共に、鉄筋のアルカリ化現象により爆裂現象のほうも心配です。
ご意見ご見解をお願いします。

みんなの回答

屋上の場合は当方でも漏水原因が分からない事があったのですが、怪しい場所の防水をやり直したら止まったことがありました。
強い雨でも漏れないが、壁の高圧洗浄を行ったら漏れたこともあります。 横からもヒビを伝わる可能性があると思います。 高圧洗浄だと漏洩箇所が判明するので対処もし易くなります。
屋上だと一旦全部剥がしての防水工事を行うとか? (何度も重ねると、とても重くなりますので次回はこれを進められました)
壁もその付近の防水をやり直すなどして、内部のコンクリにヒビが入ってる場合であっても外壁の防水で止まることがあるようです。 その壁一面全部をやる費用が出せるかもありますが?

柔軟な提案が出来る防水会社に変えてはいかがですか?

鉄筋のアルカリ化現象と記載されていますが、誤りです。もともとアルカリ性のコンクリートが中性化することで、内部の鉄筋がさび、バクレツ現象が起こります。不謹慎かもしれませんが、築48年のマンションを人に例えるなら、80歳以上の高齢者のように思います。いつかは寿命を迎えることを、念頭に置いて検討したほうが良いでしょう。最先端の治療を行い延命するか、それとも、延命治療を行わないか、悩ましいですね。ちょこちょこ直しても、イタチごっこのような気がします。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

漏水個所の特定は非常に難しいことと思われます。
屋上防水の劣化が疑われるとしたのでしたら、保証期間はもう過ぎているかどうかも確認しなければいけないことと思います。
なかなか場所の特定ができない時には、ガスを使って調査すると見つかる場合があります。
一度試してみてはいかがでしょうか。
知り合いのところでは、屋上に水を溜めるなどした調査で異常がなかったのですが、何回も同じ部屋に漏水が起こり、今回ガスによる調査でやっと不具合の箇所が判明したことがありました。
ガス調査は少し高いので、やりたがらないかもしれませんが、効果はすぐに出ました。

ご回答くださいましてありがとうございます。仰せの通り難しいようです。だが管理会社の安易な調査で階上者が犯人扱いとなり延々ともめごとになっています。
ガスを使っての調査は分かりましたが、どうも大変な費用が掛かるようですね・・・管理組合にそこまでの費用をかけての調査の許可が出ない懸念するし、個人で調査へは難しいです。もっと簡単に出来る方法はないですかね・・・
近いうちに「劣化診断」の予定が有りますので、そこでの調査に出来るでしょうか?

漏水個所の特定は非常に難しいことと思われます。
屋上防水の劣化が疑われるとしたのでしたら、保証期間はもう過ぎているかどうかも確認しなければいけないことと思います。
なかなか場所の特定ができない時には、ガスを使って調査すると見つかる場合があります。
一度試してみてはいかがでしょうか。
知り合いのところでは、屋上に水を溜めるなどした調査で異常がなかったのですが、何回も同じ部屋に漏水が起こり、今回ガスによる調査でやっと不具合の箇所が判明したことがありました。
ガス調査は少し高いので、やりたがらないかもしれませんが、効果はすぐに出ました。

ご回答くださいましてありがとうございます。仰せの通り難しいようです。だが管理会社の安易な調査で階上者が犯人扱いとなり延々ともめごとになっています。
ガスを使っての調査は分かりましたが、どうも大変な費用が掛かるようですね・・・管理組合にそこまでの費用をかけての調査の許可が出ない懸念するし、個人で調査へは難しいです。もっと簡単に出来る方法はないですかね・・・
近いうちに「劣化診断」の予定が有りますので、そこでの調査に出来るでしょうか?

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

鉄筋のアルカリ化現象と記載されていますが、誤りです。もともとアルカリ性のコンクリートが中性化することで、内部の鉄筋がさび、バクレツ現象が起こります。不謹慎かもしれませんが、築48年のマンションを人に例えるなら、80歳以上の高齢者のように思います。いつかは寿命を迎えることを、念頭に置いて検討したほうが良いでしょう。最先端の治療を行い延命するか、それとも、延命治療を行わないか、悩ましいですね。ちょこちょこ直しても、イタチごっこのような気がします。

屋上の場合は当方でも漏水原因が分からない事があったのですが、怪しい場所の防水をやり直したら止まったことがありました。
強い雨でも漏れないが、壁の高圧洗浄を行ったら漏れたこともあります。 横からもヒビを伝わる可能性があると思います。 高圧洗浄だと漏洩箇所が判明するので対処もし易くなります。
屋上だと一旦全部剥がしての防水工事を行うとか? (何度も重ねると、とても重くなりますので次回はこれを進められました)
壁もその付近の防水をやり直すなどして、内部のコンクリにヒビが入ってる場合であっても外壁の防水で止まることがあるようです。 その壁一面全部をやる費用が出せるかもありますが?

柔軟な提案が出来る防水会社に変えてはいかがですか?

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。