←トップへ戻る

現在における、区分所有者の実態を知りたいです

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

2017年10月に放送の「クローズアップ現代」から、こちらにたどり着きました。それで、もしお分かりの方が居られましたら教えてください。

同番組のテーマに対する反響はどの程度でしょうか?それがわかる客観的な指標といったものはないでしょうか?

また、下記において、「管理会社と利益相反である」に類型化される区分所有者の方々は、例えば、こちらの掲示板ではどのくらいの割合でしょうか(換言すれば、専ら「純粋な生活防衛」に関心のある方々)?

「マンション管理運営おいては、まず、管理組合と管理会社との攻防があります(利益相反なので、本質的に)。管理組合においても、管理会社との利害関係から見たとき、その職業に起因して、利益相反である区分所有者とそうではない区分所有者がいます。」

みんなの回答

前半のご質問は、このサイトの運営会社にしかわからないと思います。

後半のご質問は、古参ユーザーとして印象を申し上げますと、九分九厘くらい「管理会社と利益相反」のマインドを持つ組合員が多いと感じます。
中には過去に管理会社で働いた経験があったり、現在管理関係の仕事をなさっている方もいらっしゃるようですが、特に管理会社の肩を持つこともなく、その職業を通して知りえた知識や経験を、提供してくれていると感じます。

ありがとうございます。状況,わかりました。専門知識をお持ちの方々には,おそらく不当行為の手口も色々とご存知でしょう,そういったお話を伺えますと助かります。

前半のご質問は、このサイトの運営会社にしかわからないと思います。

後半のご質問は、古参ユーザーとして印象を申し上げますと、九分九厘くらい「管理会社と利益相反」のマインドを持つ組合員が多いと感じます。
中には過去に管理会社で働いた経験があったり、現在管理関係の仕事をなさっている方もいらっしゃるようですが、特に管理会社の肩を持つこともなく、その職業を通して知りえた知識や経験を、提供してくれていると感じます。

ありがとうございます。状況,わかりました。専門知識をお持ちの方々には,おそらく不当行為の手口も色々とご存知でしょう,そういったお話を伺えますと助かります。

回答がありません。