←トップへ戻る

非常灯は誰が点検してますか?

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

お世話になります

非常灯:停電時に30分以上灯りがつく装置・廊下に設置されています

非常灯の点検をしていない事をマンション管理会社に打ち上げた所
「市に、打ち上げる報告の義務はないので自主点検です。
 (組合の自主点検って事か?)」と
よくわからない回答がありました。

非常灯は建築基準法によって設置義務があり
その点検は管理会社が行う物だと思っておりました。
点検も紐をひっぱり灯りがつくか、つかないかだけでしょ?

当然壊れていたら、修理は組合持ちですが、、、

みなさんのマンションは何処が責任で点検をやっておりますか?
管理会社が普通やるべき事だと思っております。

みんなの回答

管理責任は管理会社ではなく管理組合ですよね。 
自分の所有物件の管理は共用部も含めて区分所有者自身にあると考えています。

さて当方では管理会社経由で、消防設備点検の専門業者がやっています。
非常灯の点灯に加えバッテリー不良や消火器や火災警報が鳴るかの点検も行っています。
これらは総会にかける事業計画や予算にも入ってるので、説明が不十分な場合は質問されると良いと思います。

我がマンションでは年二回の消防設備点検の際に専門業者が確認しています。ただし、理事長の私がそれを知ったのは最近です。点検報告書に小さな字でメモが記載されているだけですから...。書類を回してきた管理会社から一言注意喚起があってもいいものと思いますが、ここ(←リプレース予定)は業者に任せきりの体質なのでしょう。

型番が分かればご自身でネットで見積を取ることをおすすめします。点検の流れで同じ業者に頼むと高く付くし、場合によってはLED式の本体に交換したほうが安いことがあります。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

私が監事を務めるマンションでは、管理会社が点検しています。
管球の玉切れや、照度の確認のほか、30分以上点灯し続けるだけのバッテリーが必要な器具なのでその点検もしています。
「バッテリーが弱っているので交換してください。」と頻繁に言われます。
「どうせ人工代はかかるので、ついでに電球も取替えましょう。」と勧められます。
「非常時に点灯しなかったら困るでしょう?」と言われると断われない感じです。
点検をするようになると、このようなセールス?も付いてくる事は覚悟しましょう。
ある意味、カレー大好きさんのマンションの管理会社は、商売っ気が無いと言えますね。

管理会社によって違います。
それこそ建物・設備点検でも報告の義務にはなっていないからでしょう。
大手の管理会社もそのような理由でやっていないところがあります。
どのみち建物や設備点検はするのですから、その時にやってくださいと要求したら、次回から行いますということになりました。
普通は管理会社がおこなって、不具合の修理やバッテリーなどの交換の提案をしてくるものなのですが。
自主点検ということなら、「ではやってください。」と言えばやってくれるのではないですか。

それから「何処が責任で」ということですが、責任は管理組合にあるのではないですか。
その業務を管理会社に委託しているだけです。

管理会社によって違います。
それこそ建物・設備点検でも報告の義務にはなっていないからでしょう。
大手の管理会社もそのような理由でやっていないところがあります。
どのみち建物や設備点検はするのですから、その時にやってくださいと要求したら、次回から行いますということになりました。
普通は管理会社がおこなって、不具合の修理やバッテリーなどの交換の提案をしてくるものなのですが。
自主点検ということなら、「ではやってください。」と言えばやってくれるのではないですか。

それから「何処が責任で」ということですが、責任は管理組合にあるのではないですか。
その業務を管理会社に委託しているだけです。

私が監事を務めるマンションでは、管理会社が点検しています。
管球の玉切れや、照度の確認のほか、30分以上点灯し続けるだけのバッテリーが必要な器具なのでその点検もしています。
「バッテリーが弱っているので交換してください。」と頻繁に言われます。
「どうせ人工代はかかるので、ついでに電球も取替えましょう。」と勧められます。
「非常時に点灯しなかったら困るでしょう?」と言われると断われない感じです。
点検をするようになると、このようなセールス?も付いてくる事は覚悟しましょう。
ある意味、カレー大好きさんのマンションの管理会社は、商売っ気が無いと言えますね。

我がマンションでは年二回の消防設備点検の際に専門業者が確認しています。ただし、理事長の私がそれを知ったのは最近です。点検報告書に小さな字でメモが記載されているだけですから...。書類を回してきた管理会社から一言注意喚起があってもいいものと思いますが、ここ(←リプレース予定)は業者に任せきりの体質なのでしょう。

型番が分かればご自身でネットで見積を取ることをおすすめします。点検の流れで同じ業者に頼むと高く付くし、場合によってはLED式の本体に交換したほうが安いことがあります。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

管理責任は管理会社ではなく管理組合ですよね。 
自分の所有物件の管理は共用部も含めて区分所有者自身にあると考えています。

さて当方では管理会社経由で、消防設備点検の専門業者がやっています。
非常灯の点灯に加えバッテリー不良や消火器や火災警報が鳴るかの点検も行っています。
これらは総会にかける事業計画や予算にも入ってるので、説明が不十分な場合は質問されると良いと思います。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。