←トップへ戻る

「工事完了祝賀会等費用」を一般会計から支出することの適否等

管理組合の会計

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

私が居住しているマンションでは、「大規模修繕工事が施工業者の高度な技術力を以て素晴らしい出来上がりとなった」として、同工事終了後管理組合側15名(役員、大規模修繕工事専門委員会委員)と施工業者6名(会長等)との間で「工事完了祝賀会」を行い、その費用21,000円(祝賀会費用71,000円のうち業者側から50,000円の寄贈あり)及び上記業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁購入代金23,000円、記念品購入代金45,000円の合計89,000円を理事会の議決により一般会計の「雑費」から支出しています。私としては、このような支出は、手続的には本来総会での当該支出の予算議決に基づくべきもので、「管理規約」上も議決権限のない理事会決議を根拠とした不適切な支出と考えています。そして、実体的には、管理組合側15名のみが参加する祝賀会費用をマンションオーナー(区分所有者)280名全員から強制徴収する管理費を充てることは適切ではなく、本来祝賀会参加費用は参加者の自己負担とすべきものと考えます。さらに、祝賀会費用71,000円の7割以上に当たる50,000円を業者から寄贈された金銭で賄われている点は、管理組合側が業者から利益供与を受けている。すなわち、管理組合側が業者側の金銭的負担により飲食をさせてもらっている部分(業者側におごってもらっている部分)があり、 これは本来契約の当事者として対等であるべき管理組合と工事業者の適正な関係を損ねるものであり、客観的には管理組合と業者との癒着が疑われるものと考えています。私の検討結果は以上のとおりですが、本来上記事案についてはどのように考えればよろしいでしょうか。また、私の考えの誤りや不相当な部分等があれば、ご教示をよろしくお願い致します。

みんなの回答

癒着だ賄賂だリベートだと不穏な言葉が出ていますが、本当にそのような状態でしたら「祝賀会」なんてみみっちぃことはしないでド~ンと現金を授受するのではないですか。
こんなことで足元をすくうようなことしなくてもいいように思えてしまいます。
せっかく大規模完了させたのにかわいそう。
理事会、委員会も、このような目で見なければならない住民の方も…
額縁や記念品はやりすぎに思えますが、理事長さんが世間のやり方を知らないだけだったかもしれません。
感謝状は多くの管理組合で差し上げています。
施工会社のHP見れば、どこでもズラーと並んでいますよ。
感謝状の文言もひな形があるくらいです。
施工会社にとって感謝状は勲章のようなものなのでしょう。
それの何が悪いのかわかりません。
感謝状差し上げても、一緒に打ち上げしてもいいじゃないですかと思うのですが。

御回答をいただき、誠にありがとうございます。他の方々からも御回答をいただいておりますが、本当に様々な意見があることを改めて認識致しました。御回答いただきました内容につきましては、参考にさせていただきます。私としては、総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

いろいろなご意見を読み、管理業界や大規模修繕工事関係で、リベートや賄賂の疑惑が絶えない理由がよくわかりました。管理組合と施工業者は、発注者と受注者の関係です。施工業者は、営利企業ですから、自社の利益がちゃんと出るように契約書を作成し、実行します。"自分達の利益のため"に"法的な契約"のもと、請け負った工事なのですから、ちゃんとやってあたりまえの世界、さもなければ契約違反で訴えられます。しかもそれなりの対価を支払っているのですから。無償で時間と労力を費やした組合側は、祝賀会に招待する必要さえないのです。

一般的な商取引では、いちいち感謝の金品授受などしません。せいぜい、盆暮れのギフト程度、それさえも、賄賂と誤解されることのないよう、禁止する企業も増えています。ところが、マンション管理組合は基本的にボランティア運営なので、ビジネス感覚が希薄になり、自分たちのフトコロから莫大な金額が支払われているのにも関わらず、「やっていただいたのだから」とか「感謝するのは当然」などという論調になるのでしょう。

度が過ぎた感謝は、癒着を疑われて当然で、10年も同じ理事ならなおさらです。施工業者や管理会社と、よく言えば懇意、悪く言えば癒着関係になることは大いにありえます。あたかも「お墨付き」を与えるような感謝状など、金品よりタチが悪いような気がします。このように、恩と義理が通用する理事長を利用して、平然と規約違反の片棒を担いでいる大手管理会社を個人的に知っています。

再度、御回答をいただき、誠にありがとうございます。御意見に同感です。なお、10年以上理事長の地位にあるということは、長いがゆえに懸念される状況が生まれる要素がありますので、より一層透明性を確保した管理組合運営が求められることになるものと考えます。

ブーリンさん こんにちは
私の住んでいるマンションでの大規模修繕工事のお話を述べさせていただきます。
私が管理組合理事長/修繕委員長として大規模修繕工事を実施してもらいました。
12月初めに完成検査を実施し、完成を確認して12月期末に理事会役員と
修繕委員とで「打ち上げご苦労さん会」を実施しました。
費用について、予備費か役員活動費を当てようと話しましたが、
一部の方より、費用は個人にて支払うとの意見が出て他の方も納得しました。
よって、管理組合の費用は一切支出しておりません。
各マンション管理組合役員さんの考え方は違います。
組合支出については否定はしません。
しかし、支出項目に疑問があります。
感謝状作成費用は仕方ないとしても、額縁購入代と記念品購入代についての
支出は疑問に感じます。
計算方法として、費用を全区分所有者数で割る方もおられますが
これは数字のマジックです。
管理会社の担当者は、この手法を多用し理事さんを丸め込もうと
する傾向が見られます。
参加者で負担費用を割ると一人当たり5900円強となります。






御回答をいただき、誠にありがとうございます。ご紹介いただきました大規模修繕工事の際の慰労会開催等の実例につきましては、大変参考になります。私としては、近々開催予定の総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

祝賀会の参加費を個人負担にすべきというのは、本当に大変な任務を果たしてくれた理事や委員に冷たいのではと感じました。
皆さんが無関心だというなら、なおさら大変だったと思います。
修繕委員会で予算をもらっていて、完了後にその費用で打ち上げをするなどの場合もあります。
無関心な割にはこういうことには厳しいのですね。
誰かにやってもらうのは当然だと思われているのかもしれませんね。

工事が滞りなく完了したら、それまでよくしてくださった監督さんなどに感謝の意を表するのは当たり前です。
現場を知らないで、どのような苦労をしてきたかも考えずに、工事を滞りなく完了するのは当たり前だというのはひどいでしょう。
大規模修繕の間は本当にいろいろなことが起こり、住民の皆さんに不便をかけないよう大変な努力もあります。
感謝して当たり前です。
工事費用だけ払えばいいというものではないでしょう。

ただ問題は額縁や記念品代だと思います。
感謝状は文房具屋さんで売っていますからパソコンなどで書き込みができます。
額に入れて渡す必要もないでしょう。しかもかなりお高い…

それはともかく「雑費」から支出しても問題ではないと思います。
とにかく「雑費」なのですから。
総会で問題として取り上げるようなことをお考えのようですが、雑費の予算内ですから何も問題はないでしょう。

大規模修繕委員会も理事会も皆さんのために一生懸命やってくださったのではないですか?

御回答をいただき、誠にありがとうございます。他の方々からも御回答をいただいておりますが、様々な意見があることを改めて認識致しました。御回答いただきました内容につきましては、参考にさせていただきます。私としては、総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

たしかに記念品や感謝状+額縁代は高すぎる印象がありますね。
有志だけで自腹を切ってやれば問題は無かったのでしょうか?
他の方とのやり取りの中で、同じ方が10年間理事長を務めていた背景があるとのことですが、他になり手がいない中で現在の理事長さんが10年間留任していたとしたなら、傾注してきた時間と労力は多大だったでしょう。
管理組合の皆さんがもっと関心を持って、特定の1人に負担がかかり過ぎない環境を作り、皆さんで慰労会が出来ていたなら、このような問題は発生しなかったのかも知れません。

大規模修繕は1回で終わりではありません。今回の件を後ろ向きに問題提起するよりも、次回はプーリンさんがリーダーシップを取って、理想と思う大規模修繕を実現し、前向きに解決する方法もあると思います。

御回答をいただき、ありがとうございます。私としては、総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

まず呆れたのは、「業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁代」。商業契約に基づいて行われたのですから、ちゃんと出来上がってあたりまえ。組合側関係者による、ねぎらい程度的な集まりだったらまだわかりますが、施工業者相手にこんなこと必要なのでしょうか。施工業者はこのような感謝状を、自社のPRに使う可能性もあるのでは。その意味では、「癒着」という理解もありだと思います。施工業者が寄付した50,000円が、理事長と業者間で密約的に、感謝状作成の交換条件であった可能性もありますね。

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。ご指摘のとおり、支出の適否以前に、そもそもこのようなことをする必要があるのかという点は全く同感です。なお、背景には、理事長の交代が10年以上ない中、当該大規模修繕工事施工業者が信頼できる業者であるという理由のみで、競争性を確保することなく、これまで小中規模修繕工事の多くを発注してきたという経緯があります。

『本来契約の当事者として対等であるべき管理組合と工事業者の適正な関係を損ねるものであり、客観的には管理組合と業者との癒着が疑われるもの』であっても、1戸あたり356円です。役員への報酬等が不明ですので何とも言えませんが、許容範囲内とも考えられます。
ブーリンさんは役員の解任を求めるのでしょうか。決算案を否決するのでしょうか。理事会の決議無効と訴訟提起をお考えでしょうか。総会出席者の過半数の賛同を得られるか疑問ですし、勝訴するには優秀な弁護士を選任する必要がありそうです。
理事長になられたらどうでしょうか。

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。私としては、この事案について総会において問題提起しようと思っています。確かにご指摘のとおり総会出席者の過半数の賛同を得られるかどうかはわかりませんが、仮に賛同を得られなくとも、総会において種々問題があると意見を提出することに意味があると思っております。なお、他にも、昨年の総会で問題提起した管理委託費の見直し(これまで一回も見直しをしたことがありません。)についても何ら進展がありませんので、役員に立候補することも考えています。

役員になられても、即改善とはなりません。
問題意識を持つ仲間を増やす事も重要です。時間がかかりますが、頑張って下さい。

ご指摘いただいたとおり、私一人では現状を変えることはできませんので、問題意識を持つ仲間を増やす事が最も重要だと思います。

私はそのようなことでお金を使いませんが、戸数が多いマンションのようですし皆さん「ん?」とは思っているがお任せ状態になっているのでわかってて黙認しているような現状もあるのではないでしょうか?

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。そもそも管理組合運営に無関心な組合員が大多数で、総会出席者もごく少数にとどまっており、ご指摘のとおり、本事案を含め上記運営については、お任せ状態になっているという現状があります。私としては、この事案について総会において問題提起しようと思っています。なお、背景には、理事長の交代が10年以上ない中、大規模修繕工事の施工業者が信頼できる業者であるという理由で、競争性を確保することなく、これまで小中規模修繕工事を一手に引き受けてきたという経緯があります。

大規模修繕工事の施工業者が信頼できる業者であるという理由で、競争性を確保することなく、これまで小中規模修繕工事を一手に引き受けてきたという経緯があります。→そのことにメスを入れるならすぐに信頼できる業者を管理組合自身で複数見つけておく必要があると思います。オリンピックに昨今の地震と豪雨災害でなかなか業者も見つからない中そういうことを自分たちでしなければならないことを皆さんが理解してくれればいいのですが。

御指摘のとおり、信頼できる業者を管理組合自身で複数見つけておく必要があると思います。しかし、競争性の確保について、過去総会で問題提起をしているのですが、特定の業者に工事を発注する形態に変化は無く特段の改善が見受けられない状況です。

御指摘のとおり、信頼できる業者を管理組合自身で複数見つけておく必要があると思います。しかし、競争性の確保について、過去総会で問題提起をしているのですが、特定の業者に工事を発注する形態に変化は無く特段の改善が見受けられない状況です。→競争させることが必ずしもいいこととは限りません。競争相手の「技術力」のレベルが低ければ意味ないですし。あと10年も理事長が交代していないことに違和感を感じているようですが私も今期で理事長7年目に入りました。裁判や管理会社変更や「やっと解放される」とおもったら地震をくらってやめるにやめられない状況が続いての7年目です。そういうマンションもあるということを理解してください。あとマンション管理というのは修繕工事だけではありません。特に居住者からのクレームというのは個人情報の観点から表に出ませんがこれがけっこうめんどくさいです。私のところでさえそう思うのですからあなたのような戸数の多いマンションはもっと大変であると思います。私はお金をもらうとあなたのようなことを言われるからもらわないだけで特に理事長は「適度ないい思い」はしてもいいのではないかと思います。「管理組合にとって得なのは何か?」を考えた場合私のマンションは貧乏なので「記念品なんかもったいない」と考えますがお金が余っているマンションは「よくやってくれたので記念品どうぞ」ということが今後管理組合にとって得になるのであればいいことではないかとそれだけのことかと思います。

打ち上げをするとしても問題ではないと思います。
特に負担の多かった委員会、理事会を慰労するのもいいのではないでしょうか。
業者さんが一緒に打ち上げをしてくださるということはいい関係だったということではないでしょうか。
裏で何かあったということではなく、本当に「お疲れ様会」だったかもしれませんね。

私のところは、工事に入る前に委員会とコンサル、施工業者でバーベキューをして
「よろしくお願いしますね会」を設けました。
終了後には、施工会社が委員会のメンバーを招いてくださって焼肉食べ放題で慰労されました。
これにより、何か裏で不穏なことがされたということはありません。
本当にいい関係が構築されたからだと思っています。

管理組合の祝賀会は、住民中心で行われるものだと思いますので、今回の祝賀会とは別に行えばいいのではないでしょうか。

ブーリンさんの言われる「上記業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁購入代金23,000円、記念品購入代金45,000円の合計89,000円」
については理解できません。
感謝状は無料で作成できるものですし、額は施工会社が自分で負担するものだと思います。
記念品については地域の差かもしれませんが、施工会社が管理組合に贈呈してくださるものだと思います。
その費用の正当性については理事会に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。私としては、ご指摘いただいた「業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁購入代金23,000円、記念品購入代金45,000円の合計89,000円」も含め、この事案について総会において問題提起しようと思っています。なお、背景には、組合員の多くが管理組合運営に無関心で、かつ理事長の交代が10年以上ない中、当該大規模修繕工事施工業者が信頼できるという理由のみで、競争性を確保することなく、上記施工業者に対し、これまで小中規模修繕工事を発注してきたという経緯があります。

打ち上げをするとしても問題ではないと思います。
特に負担の多かった委員会、理事会を慰労するのもいいのではないでしょうか。
業者さんが一緒に打ち上げをしてくださるということはいい関係だったということではないでしょうか。
裏で何かあったということではなく、本当に「お疲れ様会」だったかもしれませんね。

私のところは、工事に入る前に委員会とコンサル、施工業者でバーベキューをして
「よろしくお願いしますね会」を設けました。
終了後には、施工会社が委員会のメンバーを招いてくださって焼肉食べ放題で慰労されました。
これにより、何か裏で不穏なことがされたということはありません。
本当にいい関係が構築されたからだと思っています。

管理組合の祝賀会は、住民中心で行われるものだと思いますので、今回の祝賀会とは別に行えばいいのではないでしょうか。

ブーリンさんの言われる「上記業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁購入代金23,000円、記念品購入代金45,000円の合計89,000円」
については理解できません。
感謝状は無料で作成できるものですし、額は施工会社が自分で負担するものだと思います。
記念品については地域の差かもしれませんが、施工会社が管理組合に贈呈してくださるものだと思います。
その費用の正当性については理事会に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。私としては、ご指摘いただいた「業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁購入代金23,000円、記念品購入代金45,000円の合計89,000円」も含め、この事案について総会において問題提起しようと思っています。なお、背景には、組合員の多くが管理組合運営に無関心で、かつ理事長の交代が10年以上ない中、当該大規模修繕工事施工業者が信頼できるという理由のみで、競争性を確保することなく、上記施工業者に対し、これまで小中規模修繕工事を発注してきたという経緯があります。

癒着だ賄賂だリベートだと不穏な言葉が出ていますが、本当にそのような状態でしたら「祝賀会」なんてみみっちぃことはしないでド~ンと現金を授受するのではないですか。
こんなことで足元をすくうようなことしなくてもいいように思えてしまいます。
せっかく大規模完了させたのにかわいそう。
理事会、委員会も、このような目で見なければならない住民の方も…
額縁や記念品はやりすぎに思えますが、理事長さんが世間のやり方を知らないだけだったかもしれません。
感謝状は多くの管理組合で差し上げています。
施工会社のHP見れば、どこでもズラーと並んでいますよ。
感謝状の文言もひな形があるくらいです。
施工会社にとって感謝状は勲章のようなものなのでしょう。
それの何が悪いのかわかりません。
感謝状差し上げても、一緒に打ち上げしてもいいじゃないですかと思うのですが。

御回答をいただき、誠にありがとうございます。他の方々からも御回答をいただいておりますが、本当に様々な意見があることを改めて認識致しました。御回答いただきました内容につきましては、参考にさせていただきます。私としては、総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

祝賀会の参加費を個人負担にすべきというのは、本当に大変な任務を果たしてくれた理事や委員に冷たいのではと感じました。
皆さんが無関心だというなら、なおさら大変だったと思います。
修繕委員会で予算をもらっていて、完了後にその費用で打ち上げをするなどの場合もあります。
無関心な割にはこういうことには厳しいのですね。
誰かにやってもらうのは当然だと思われているのかもしれませんね。

工事が滞りなく完了したら、それまでよくしてくださった監督さんなどに感謝の意を表するのは当たり前です。
現場を知らないで、どのような苦労をしてきたかも考えずに、工事を滞りなく完了するのは当たり前だというのはひどいでしょう。
大規模修繕の間は本当にいろいろなことが起こり、住民の皆さんに不便をかけないよう大変な努力もあります。
感謝して当たり前です。
工事費用だけ払えばいいというものではないでしょう。

ただ問題は額縁や記念品代だと思います。
感謝状は文房具屋さんで売っていますからパソコンなどで書き込みができます。
額に入れて渡す必要もないでしょう。しかもかなりお高い…

それはともかく「雑費」から支出しても問題ではないと思います。
とにかく「雑費」なのですから。
総会で問題として取り上げるようなことをお考えのようですが、雑費の予算内ですから何も問題はないでしょう。

大規模修繕委員会も理事会も皆さんのために一生懸命やってくださったのではないですか?

御回答をいただき、誠にありがとうございます。他の方々からも御回答をいただいておりますが、様々な意見があることを改めて認識致しました。御回答いただきました内容につきましては、参考にさせていただきます。私としては、総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

私はそのようなことでお金を使いませんが、戸数が多いマンションのようですし皆さん「ん?」とは思っているがお任せ状態になっているのでわかってて黙認しているような現状もあるのではないでしょうか?

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。そもそも管理組合運営に無関心な組合員が大多数で、総会出席者もごく少数にとどまっており、ご指摘のとおり、本事案を含め上記運営については、お任せ状態になっているという現状があります。私としては、この事案について総会において問題提起しようと思っています。なお、背景には、理事長の交代が10年以上ない中、大規模修繕工事の施工業者が信頼できる業者であるという理由で、競争性を確保することなく、これまで小中規模修繕工事を一手に引き受けてきたという経緯があります。

大規模修繕工事の施工業者が信頼できる業者であるという理由で、競争性を確保することなく、これまで小中規模修繕工事を一手に引き受けてきたという経緯があります。→そのことにメスを入れるならすぐに信頼できる業者を管理組合自身で複数見つけておく必要があると思います。オリンピックに昨今の地震と豪雨災害でなかなか業者も見つからない中そういうことを自分たちでしなければならないことを皆さんが理解してくれればいいのですが。

御指摘のとおり、信頼できる業者を管理組合自身で複数見つけておく必要があると思います。しかし、競争性の確保について、過去総会で問題提起をしているのですが、特定の業者に工事を発注する形態に変化は無く特段の改善が見受けられない状況です。

御指摘のとおり、信頼できる業者を管理組合自身で複数見つけておく必要があると思います。しかし、競争性の確保について、過去総会で問題提起をしているのですが、特定の業者に工事を発注する形態に変化は無く特段の改善が見受けられない状況です。→競争させることが必ずしもいいこととは限りません。競争相手の「技術力」のレベルが低ければ意味ないですし。あと10年も理事長が交代していないことに違和感を感じているようですが私も今期で理事長7年目に入りました。裁判や管理会社変更や「やっと解放される」とおもったら地震をくらってやめるにやめられない状況が続いての7年目です。そういうマンションもあるということを理解してください。あとマンション管理というのは修繕工事だけではありません。特に居住者からのクレームというのは個人情報の観点から表に出ませんがこれがけっこうめんどくさいです。私のところでさえそう思うのですからあなたのような戸数の多いマンションはもっと大変であると思います。私はお金をもらうとあなたのようなことを言われるからもらわないだけで特に理事長は「適度ないい思い」はしてもいいのではないかと思います。「管理組合にとって得なのは何か?」を考えた場合私のマンションは貧乏なので「記念品なんかもったいない」と考えますがお金が余っているマンションは「よくやってくれたので記念品どうぞ」ということが今後管理組合にとって得になるのであればいいことではないかとそれだけのことかと思います。

ブーリンさん こんにちは
私の住んでいるマンションでの大規模修繕工事のお話を述べさせていただきます。
私が管理組合理事長/修繕委員長として大規模修繕工事を実施してもらいました。
12月初めに完成検査を実施し、完成を確認して12月期末に理事会役員と
修繕委員とで「打ち上げご苦労さん会」を実施しました。
費用について、予備費か役員活動費を当てようと話しましたが、
一部の方より、費用は個人にて支払うとの意見が出て他の方も納得しました。
よって、管理組合の費用は一切支出しておりません。
各マンション管理組合役員さんの考え方は違います。
組合支出については否定はしません。
しかし、支出項目に疑問があります。
感謝状作成費用は仕方ないとしても、額縁購入代と記念品購入代についての
支出は疑問に感じます。
計算方法として、費用を全区分所有者数で割る方もおられますが
これは数字のマジックです。
管理会社の担当者は、この手法を多用し理事さんを丸め込もうと
する傾向が見られます。
参加者で負担費用を割ると一人当たり5900円強となります。






御回答をいただき、誠にありがとうございます。ご紹介いただきました大規模修繕工事の際の慰労会開催等の実例につきましては、大変参考になります。私としては、近々開催予定の総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

たしかに記念品や感謝状+額縁代は高すぎる印象がありますね。
有志だけで自腹を切ってやれば問題は無かったのでしょうか?
他の方とのやり取りの中で、同じ方が10年間理事長を務めていた背景があるとのことですが、他になり手がいない中で現在の理事長さんが10年間留任していたとしたなら、傾注してきた時間と労力は多大だったでしょう。
管理組合の皆さんがもっと関心を持って、特定の1人に負担がかかり過ぎない環境を作り、皆さんで慰労会が出来ていたなら、このような問題は発生しなかったのかも知れません。

大規模修繕は1回で終わりではありません。今回の件を後ろ向きに問題提起するよりも、次回はプーリンさんがリーダーシップを取って、理想と思う大規模修繕を実現し、前向きに解決する方法もあると思います。

御回答をいただき、ありがとうございます。私としては、総会において問題提起を行って他の組合員と意見交換をすることにより、より良い大規模修繕工事の実現につなげていきたいと考えております。

いろいろなご意見を読み、管理業界や大規模修繕工事関係で、リベートや賄賂の疑惑が絶えない理由がよくわかりました。管理組合と施工業者は、発注者と受注者の関係です。施工業者は、営利企業ですから、自社の利益がちゃんと出るように契約書を作成し、実行します。"自分達の利益のため"に"法的な契約"のもと、請け負った工事なのですから、ちゃんとやってあたりまえの世界、さもなければ契約違反で訴えられます。しかもそれなりの対価を支払っているのですから。無償で時間と労力を費やした組合側は、祝賀会に招待する必要さえないのです。

一般的な商取引では、いちいち感謝の金品授受などしません。せいぜい、盆暮れのギフト程度、それさえも、賄賂と誤解されることのないよう、禁止する企業も増えています。ところが、マンション管理組合は基本的にボランティア運営なので、ビジネス感覚が希薄になり、自分たちのフトコロから莫大な金額が支払われているのにも関わらず、「やっていただいたのだから」とか「感謝するのは当然」などという論調になるのでしょう。

度が過ぎた感謝は、癒着を疑われて当然で、10年も同じ理事ならなおさらです。施工業者や管理会社と、よく言えば懇意、悪く言えば癒着関係になることは大いにありえます。あたかも「お墨付き」を与えるような感謝状など、金品よりタチが悪いような気がします。このように、恩と義理が通用する理事長を利用して、平然と規約違反の片棒を担いでいる大手管理会社を個人的に知っています。

再度、御回答をいただき、誠にありがとうございます。御意見に同感です。なお、10年以上理事長の地位にあるということは、長いがゆえに懸念される状況が生まれる要素がありますので、より一層透明性を確保した管理組合運営が求められることになるものと考えます。

まず呆れたのは、「業者側に贈呈した感謝状作成費用及び額縁代」。商業契約に基づいて行われたのですから、ちゃんと出来上がってあたりまえ。組合側関係者による、ねぎらい程度的な集まりだったらまだわかりますが、施工業者相手にこんなこと必要なのでしょうか。施工業者はこのような感謝状を、自社のPRに使う可能性もあるのでは。その意味では、「癒着」という理解もありだと思います。施工業者が寄付した50,000円が、理事長と業者間で密約的に、感謝状作成の交換条件であった可能性もありますね。

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。ご指摘のとおり、支出の適否以前に、そもそもこのようなことをする必要があるのかという点は全く同感です。なお、背景には、理事長の交代が10年以上ない中、当該大規模修繕工事施工業者が信頼できる業者であるという理由のみで、競争性を確保することなく、これまで小中規模修繕工事の多くを発注してきたという経緯があります。

『本来契約の当事者として対等であるべき管理組合と工事業者の適正な関係を損ねるものであり、客観的には管理組合と業者との癒着が疑われるもの』であっても、1戸あたり356円です。役員への報酬等が不明ですので何とも言えませんが、許容範囲内とも考えられます。
ブーリンさんは役員の解任を求めるのでしょうか。決算案を否決するのでしょうか。理事会の決議無効と訴訟提起をお考えでしょうか。総会出席者の過半数の賛同を得られるか疑問ですし、勝訴するには優秀な弁護士を選任する必要がありそうです。
理事長になられたらどうでしょうか。

早速ご回答をいただき、ありがとうございます。私としては、この事案について総会において問題提起しようと思っています。確かにご指摘のとおり総会出席者の過半数の賛同を得られるかどうかはわかりませんが、仮に賛同を得られなくとも、総会において種々問題があると意見を提出することに意味があると思っております。なお、他にも、昨年の総会で問題提起した管理委託費の見直し(これまで一回も見直しをしたことがありません。)についても何ら進展がありませんので、役員に立候補することも考えています。

役員になられても、即改善とはなりません。
問題意識を持つ仲間を増やす事も重要です。時間がかかりますが、頑張って下さい。

ご指摘いただいたとおり、私一人では現状を変えることはできませんので、問題意識を持つ仲間を増やす事が最も重要だと思います。

回答がありません。