←トップへ戻る

大規模修繕コンサルタント

その他

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

先日、修繕委員が理事会の許可なく管理組合名で掲示した件で質問させていただいたのですが、どうやら違っております。削除を考えましたが、いろいろ助言を頂いたので、削除できませんでした。
正確な情報は以下の通りです。

9月中:先日、建物診断報告会及び理事会にて、後日、修繕業者の公募を開始のお知らせを住民に知らせると、コンサルより報告を受け、理事会で承認。
募集要項の中身は報告なし。
10月2日:管理組合名で公募のおしらせと募集要項を掲示。
理事長含め管理組合理事は掲示板で詳細を知る事となる。
10月4日:管理人に理事長の許可なく掲示しているが、誰がどのような指示で掲示したのか、聞き取り。

コンサルタントが7か所の掲示板に掲示を依頼してきたため、管理人は理事会の許可を得たのか?確認した所、許可を得ているとの事で掲示。

つまりコンサルが理事会に中身の承諾を得ずに、許可を得ていると嘘の申告で掲示しています。コンサルは許されるのでしょうか?
理事長に報告したが、以前、口頭でお知らせを掲示する旨を建物報告診断会でコンサルが住民に伝えている内容が網羅しているので、問題なしとのことでした。

コンサルが組合名を語るのは許されるのでしょうか?

みんなの回答

【9月中:先日、建物診断報告会及び理事会にて、後日、修繕業者の公募を開始のお知らせを住民に知らせると、コンサルより報告を受け、理事会で承認。】
ここのところが原因ではないですか?
コンサルはこれでお知らせ、つまり掲示の承認も得たと思ったのだと思います。
組合名を語ったということではなく、本当に理事会で承認を得ているのですから問題ではないと思います。
普通、お知らせを住民に知らせるということは掲示をするということになるのではないでしょうか。
その承認を得ているのですから、うその申告とは言えないと思います。
募集要項も修繕委員会で検討して決めたのでしょうし、理事長も問題なしとしているのですから、いいのではないでしょうか。
悪意にとり過ぎていませんか?

回答ありがとうございます。
確かに悪意に取りすぎている部分も否めないです。
公募のお知らせが『コンサル』名や『修繕委員会』名で掲示するのであればいいのですが、管理組合からのお知らせという文面での掲示。
細かいことなのかもしれませんが、修繕委員会の独走があまりにも目につきますし、急ぐ必要のない状況でやたらと工事したがる傾向にあるので不信感をもっているのが問題なのかもしれません。

問題は他にあるということですね。
大規模修繕は総会で承認されているのでしょ。だから委員会が設置されたのではないでしょうか。
必要もないのに急ぐのには何か理由があるはずです。
そのことを理事会で追及してみてはいかがでしょうか。
友人のところでは反対に、理事会がやたらに急ぐので(多分管理会社にそそのかされている。)修繕委員会を立ち上げて、計画を白紙に戻し、一から検討をやり直しています。
本質の問題から解決しないと、小さなことで難癖付けているととらえられないか心配です。
疑問をお持ちなら、一人で追及しないで、仲間を増やして周りから取り囲むといいですよ。

もう一つ。
施工会社募集のあて先をコンサルにするのは普通です。
コンサルが比較表を作りますから、直接コンサルに送るのは変なことではないです。
通常2通いただきますので、1通は修繕委員会で保管します。
大規模修繕の資料は修繕委員会がそのまま持っているのではなく、管理組合で保管することになりますから、最終的には管理組合の資料として保管されます。
コンサルや施工会社候補の選出は修繕委員会に任せてもいいのではないでしょうか。
理事会にこのような理由で選びましたとちゃんと説明し、理事会はそれを受けて総会で皆さんのご意見をいただく。
これは通常の流れだと思います。
いまやんさんがもっと詳しく常時情報を把握していたいというのでしたら、修繕委員になることはできないのでしょうか。

お返事ありがとうございます。
今回の一件で、不信感を持つ区分所有者たちあがりましたので、共闘していくことになります。
修繕委員会に参加しても、多数に無勢だと思います。
通常、修繕委員会が収集した資料等は管理組合の倉庫に保管すると思います。
それだったら、だれが受け取りしても構わないです。
ところが、コンサルタント選定で収集した資料なんですが、総会で承認を受けるための見積書はありますが、検討時点で受け取った複数のコンサルの見積書や会社案内等の資料を一切理事会に提出されないのです。
何度も要求はしておりますが、出してもらえないので、受取先をコンサルと修繕委員長と理事長もしくは監査にしたいのです。
決まった後にくれれば文句も言えないですが。
マンションの貴重な財産(資料)だと思うのですが・・・。

お仲間が集えたということは素晴らしいことだと思います。
これが第1歩です。
これからいかにこのお仲間の声を届けていけるかですね。
理事でもなく修繕委員でもない方の声が上がったのですから
それはとっても強い意見になるでしょう。
いまやんさん 頑張ってください。

いまやんさん こんにちは
コンサルタントが独断で掲示板に掲示したとのことですか。
コンサルタントの決定は総会で、議案提出され可決されたものと
考えますが、独断行動はよろしくないですね。
外部の人間が理事会(理事長)の承認を得ず、掲示板を使用
するのは許されない行為です。
貴マンション管理組合の理事長さんも甘いですね。
(甘いというより、任せっきりで動かない・やる気がない)
今後、独断でしないようにくぎを刺されることをお勧めします。
コンサルタントの出方によれば、理事会で討議してコンサル業務を
解除する方向での対応も考慮してください。

コンサルに確認した所、修繕委員長の許可を得たので、掲示依頼を行ったそうです。
コンサルには修繕委員長は掲示物の掲示許可は出せないので、理事会あるいは理事長へ提出し、掲示してくださいと申し出を行いました。

いまやんさん こんばんは
修繕委員長もマン管を目指しているならもう少し勉強すべきですね。
あなたのおっしゃっていることは正論です。
今後ともチェック体制で臨んでください。

ありがとうございました。
私としては、修繕委員会で検討していくのはいいと思うのですが、情報の公開とプロセス毎に理事会に報告してほしいと思っております。
募集要項の中身を検討するのはいいのですが、修繕委員会はあくまで諮問機関であり理事会の責任で行う募集でありますので、仮に形式的なことになるかもしれませんが、理事会の中身の承認を得たうえで次のステップを踏む(委員会としても理事会側としても面倒かもしれませんが)事を、常に訴えてきています。
もちろん、今回は住民に告知する旨は報告がありますが、何時・どのような内容・誰がという、詳細は一切なく、掲示した今時点でも委員会から事後報告は理事長へはありません。
これでは意思疎通はむつかしいなと思っております。
住民の方からも苦情が来ています。
建物診断報告会終了後に、居住者から今回の工事内容の意見を募集中なのに、工事公募をするのはおかしいと。
修繕委員会を設立してから、今まで工事内容について住民に問いかけることが一度もなく、今回、初めての募集です。
ですので、住民の意見も一理あるので、募集期間終了まで掲示を一時中断したいとは思うのですが、理事長が問題なしとしております。
今度の理事会で、異議申し立て(募集要項の中身についての審議要請)を行いたいとは思います。

要は中身に不満があるのだと思うのですが何に不満なのですか?

応募先が修繕委員長とコンサルのみになっています。
理事長もしくは管理組合監査あての3通にしてもらいたいと思っています。
コンサル選定時に集めた資料を修繕委員会は最終決定したコンサルの見積もり(総会に上程)しか提出しませんでした。
コンサルが確定した時点で、収集した資料をファイリングにしておき、マンションの貴重な資料として管理室倉庫にて保管しておきたいと思っております。そういう意見を言う機会すらも、今回は奪われています。

たしかに見積もり送付先が修繕委員長なのは問題ですね。私なら理事長にします。この修繕委員長が委員長になったいきさつは?

一区分居住者で、修繕委員会アンケートにて、立候補されました。
不動産関係の仕事をしており、マン管士を目指している観点から、大規模修繕を勉強するために立候補したとのことです。

【9月中:先日、建物診断報告会及び理事会にて、後日、修繕業者の公募を開始のお知らせを住民に知らせると、コンサルより報告を受け、理事会で承認。】
ここのところが原因ではないですか?
コンサルはこれでお知らせ、つまり掲示の承認も得たと思ったのだと思います。
組合名を語ったということではなく、本当に理事会で承認を得ているのですから問題ではないと思います。
普通、お知らせを住民に知らせるということは掲示をするということになるのではないでしょうか。
その承認を得ているのですから、うその申告とは言えないと思います。
募集要項も修繕委員会で検討して決めたのでしょうし、理事長も問題なしとしているのですから、いいのではないでしょうか。
悪意にとり過ぎていませんか?

回答ありがとうございます。
確かに悪意に取りすぎている部分も否めないです。
公募のお知らせが『コンサル』名や『修繕委員会』名で掲示するのであればいいのですが、管理組合からのお知らせという文面での掲示。
細かいことなのかもしれませんが、修繕委員会の独走があまりにも目につきますし、急ぐ必要のない状況でやたらと工事したがる傾向にあるので不信感をもっているのが問題なのかもしれません。

問題は他にあるということですね。
大規模修繕は総会で承認されているのでしょ。だから委員会が設置されたのではないでしょうか。
必要もないのに急ぐのには何か理由があるはずです。
そのことを理事会で追及してみてはいかがでしょうか。
友人のところでは反対に、理事会がやたらに急ぐので(多分管理会社にそそのかされている。)修繕委員会を立ち上げて、計画を白紙に戻し、一から検討をやり直しています。
本質の問題から解決しないと、小さなことで難癖付けているととらえられないか心配です。
疑問をお持ちなら、一人で追及しないで、仲間を増やして周りから取り囲むといいですよ。

もう一つ。
施工会社募集のあて先をコンサルにするのは普通です。
コンサルが比較表を作りますから、直接コンサルに送るのは変なことではないです。
通常2通いただきますので、1通は修繕委員会で保管します。
大規模修繕の資料は修繕委員会がそのまま持っているのではなく、管理組合で保管することになりますから、最終的には管理組合の資料として保管されます。
コンサルや施工会社候補の選出は修繕委員会に任せてもいいのではないでしょうか。
理事会にこのような理由で選びましたとちゃんと説明し、理事会はそれを受けて総会で皆さんのご意見をいただく。
これは通常の流れだと思います。
いまやんさんがもっと詳しく常時情報を把握していたいというのでしたら、修繕委員になることはできないのでしょうか。

お返事ありがとうございます。
今回の一件で、不信感を持つ区分所有者たちあがりましたので、共闘していくことになります。
修繕委員会に参加しても、多数に無勢だと思います。
通常、修繕委員会が収集した資料等は管理組合の倉庫に保管すると思います。
それだったら、だれが受け取りしても構わないです。
ところが、コンサルタント選定で収集した資料なんですが、総会で承認を受けるための見積書はありますが、検討時点で受け取った複数のコンサルの見積書や会社案内等の資料を一切理事会に提出されないのです。
何度も要求はしておりますが、出してもらえないので、受取先をコンサルと修繕委員長と理事長もしくは監査にしたいのです。
決まった後にくれれば文句も言えないですが。
マンションの貴重な財産(資料)だと思うのですが・・・。

お仲間が集えたということは素晴らしいことだと思います。
これが第1歩です。
これからいかにこのお仲間の声を届けていけるかですね。
理事でもなく修繕委員でもない方の声が上がったのですから
それはとっても強い意見になるでしょう。
いまやんさん 頑張ってください。

いまやんさん こんにちは
コンサルタントが独断で掲示板に掲示したとのことですか。
コンサルタントの決定は総会で、議案提出され可決されたものと
考えますが、独断行動はよろしくないですね。
外部の人間が理事会(理事長)の承認を得ず、掲示板を使用
するのは許されない行為です。
貴マンション管理組合の理事長さんも甘いですね。
(甘いというより、任せっきりで動かない・やる気がない)
今後、独断でしないようにくぎを刺されることをお勧めします。
コンサルタントの出方によれば、理事会で討議してコンサル業務を
解除する方向での対応も考慮してください。

コンサルに確認した所、修繕委員長の許可を得たので、掲示依頼を行ったそうです。
コンサルには修繕委員長は掲示物の掲示許可は出せないので、理事会あるいは理事長へ提出し、掲示してくださいと申し出を行いました。

いまやんさん こんばんは
修繕委員長もマン管を目指しているならもう少し勉強すべきですね。
あなたのおっしゃっていることは正論です。
今後ともチェック体制で臨んでください。

ありがとうございました。
私としては、修繕委員会で検討していくのはいいと思うのですが、情報の公開とプロセス毎に理事会に報告してほしいと思っております。
募集要項の中身を検討するのはいいのですが、修繕委員会はあくまで諮問機関であり理事会の責任で行う募集でありますので、仮に形式的なことになるかもしれませんが、理事会の中身の承認を得たうえで次のステップを踏む(委員会としても理事会側としても面倒かもしれませんが)事を、常に訴えてきています。
もちろん、今回は住民に告知する旨は報告がありますが、何時・どのような内容・誰がという、詳細は一切なく、掲示した今時点でも委員会から事後報告は理事長へはありません。
これでは意思疎通はむつかしいなと思っております。
住民の方からも苦情が来ています。
建物診断報告会終了後に、居住者から今回の工事内容の意見を募集中なのに、工事公募をするのはおかしいと。
修繕委員会を設立してから、今まで工事内容について住民に問いかけることが一度もなく、今回、初めての募集です。
ですので、住民の意見も一理あるので、募集期間終了まで掲示を一時中断したいとは思うのですが、理事長が問題なしとしております。
今度の理事会で、異議申し立て(募集要項の中身についての審議要請)を行いたいとは思います。

要は中身に不満があるのだと思うのですが何に不満なのですか?

応募先が修繕委員長とコンサルのみになっています。
理事長もしくは管理組合監査あての3通にしてもらいたいと思っています。
コンサル選定時に集めた資料を修繕委員会は最終決定したコンサルの見積もり(総会に上程)しか提出しませんでした。
コンサルが確定した時点で、収集した資料をファイリングにしておき、マンションの貴重な資料として管理室倉庫にて保管しておきたいと思っております。そういう意見を言う機会すらも、今回は奪われています。

たしかに見積もり送付先が修繕委員長なのは問題ですね。私なら理事長にします。この修繕委員長が委員長になったいきさつは?

一区分居住者で、修繕委員会アンケートにて、立候補されました。
不動産関係の仕事をしており、マン管士を目指している観点から、大規模修繕を勉強するために立候補したとのことです。

回答がありません。